Simplicity. イラストで巡るこだわりのお部屋に我が家が掲載されました

更新日:

『 イラストで巡るこだわりのお部屋 』に我が家が掲載されました
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

ミニマリストブログ「Simplicity.」を運営する美大生のRINさんが、フルリノベーションした我が家をイラストに描いてくださいました。

この記事では、RINさんによる作品のご紹介とともに、空間デザインやインテリアにも関係する「空間認識能力」ついてまとめます。
ヨコヤム

Simplicity.「イラストで巡るこだわりのお部屋」

RINさんによる企画の趣旨は下記のとおり。

Twitterでこのシリーズを拝見し、「もし札幌にいらっしゃる機会がありましたら……」と、わたしからお声掛けしたのがきっかけでした。

「こだわりを持って生活してる方のお部屋を取材して、間取りと全体図をイラストで描くのやりたい… !!」というひょんな思いつきから初めてみたこの企画。

引用:イラストで巡るこだわりのお部屋vol.5〜中古マンションをフルリノベーション〜

イラストで再現された我が家の様子

illustration:RIN

ヨコヤム
さすが美大生。いかがでしょうか、このクオリティ。

自分の顔を描いてもらうことはあっても、自宅を絵に描いてもらう機会は無いですもんね。これは本当に嬉しいです。

RINさんのブログには、取材当日の様子やRINさんから見た我が家の印象などが詳しく書かれています。

今まで、雑誌やウェブの取材は度々経験していますが「絵に起こすための取材」というのは初めてだったため、わたしも非常に興味深い体験をさせていただきました。

住空間における空間認識能力

取材するRINさんを見ていて、ふと思ったことがあります。

それは「空間認識能力」のこと。

空間認識能力とは、物体の位置・方向・姿勢・大きさ・形状・間隔など、物体が三次元空間に占めている状態や関係を、すばやく正確に把握、認識する能力のこと。

引用:Wikipedia

美大生であり空間デザイナーとして活動するRINさんはきっと「空間認識能力」が高いはず。

設計士やインテリアデザイナーに向く人は、この空間認識能力が高ければ高いほど実務に活かせるでしょうし、絵が上手い人も同じだと思います。

目で見たものや頭の中のものを絵で表現できる能力は、空間認識能力そのものですもんね。

空間認識能力はインテリアや収納にも関係する

イラストで巡るこだわりのお部屋vol.5〜中古マンションをフルリノベーション〜

出典:Simplicity.

アスリートや芸術家は空間認識能力が長けていると言いますが、「地図が読める」「車の運転が上手い」「球技が得意」なども、この能力が高い証拠だと言われます。

また、一見関係ないように見える掃除や収納にも空間認識能力は関係しているはずです。

収納を考える際、採寸をしなくても大体の容量を考えられたり、家具を買い替える時も頭の中で配置図をイメージできるなど、空間認識能力がある人ほど整理整頓が得意だと思います。

空間認識能力は家づくりにも役立つ

家を建てるときも、引越しをするときも、模様替えをするときも「頭の中で具体的なイメージ」ができる人は、家づくりもスムーズに進められます。

それは、「どこどこに何々があると……」という絵が頭の中ででき上がるので、全体の様子や周囲との距離感が掴みやすくなり間取りや家具の配置を考えられるから。

わたしもこの作業は得意なほうなので、自宅をリノベーションする際は役に立ったと実感しています。

毎日毎日、暇さえあれば脳内シュミレーションをしていました(笑)

イラストで巡るこだわりのお部屋まとめ

RINさんのブログには、20代という若き目線で見る空間デザインをはじめ、ご自身のライフスタイルについても綴られています。

同世代の方だけでなく幅広い年齢の方が共感できるテーマもあるため、この機会にぜひブログもご覧ください。

RINさんのブログ
Simplicity.

\買ってよかったものをまとめています/

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-メディア掲載

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2022 All Rights Reserved.