<好きな映画ベスト3>フラッシュダンス プラダを着た悪魔 ブラウン・シュガー

投稿日:2019年4月12日 更新日:

ヨコヤムヤムの好きな映画ベスト3

Chromecast(クロームキャスト)でYouTubeを見たり、Netflix や dTVでひたすら映画やお笑いを見たり。

ひと昔前を思うと今ってほんと充実してますよね!我が家ではBGM代わりに動画を流しっぱ、なんてことも日常茶飯事になりました。

自宅で気楽に色んなものを観られるってほんと便利なわけですが。とはいえ映画館で観る映画というのもまた格別ですよね。ということで今回は、若かりし頃に観たわたしの好きな映画ベスト3を書いてみようと思います。

好きな映画ベスト3

1. フラッシュダンス

1983年/アメリカ映画。

かなり前の映画ですが、これは名作かと!わたしが実際に観たのは19歳の頃だったような。VHS懐かしー!

当時はわたしもストリートダンサーだったもので。主役のアレックス(ジェニファー・ビールス)に自分を重ねて観ちゃったわけですよ。ジャンルは全く違うけど。

現代版フラッシュダンスを作るとしたら⁈

小春ちゃんしかいない!と思う。小春ちゃんのほうがレベルも高いし。見たいなぁ現代版フラッシュダンス。

菅原小春

出典:ザテレビジョン

2. プラダを着た悪魔

2006年/アメリカ映画。

女性なら知らない人はいない?女性のバイブル的映画。

これを観たのは、念願叶って広告代理店への転職が決まったときだったかな。転職先もアパレルやファッションに関係する仕事だったので、これは何度も観たような。

ファッションの世界も広告業界も一見、華やかに見えるけど実際はそうでもない。いじわるな先輩が居たし、癖のあるクライアントに囲まれて毎日泣きそうだったけど、東京でしか体験できない仕事に就けてそれはそれで良き思い出!

3. ブラウン・シュガー

2002年/アメリカ映画。

なんてことないラブロマンスなんですけどね。テイ・ディグスがかっちょいいんですわ、これが。

幼馴染みで親友同士のシドニーとドレイ。彼らは子供の頃から、当時としてはまだ新しかった音楽ヒップホップに夢中になり、楽しみを共有していた。そして20年後、シドニーは音楽評論家、ドレイはレコード会社のオーナーと2人とも音楽関係の道に進み、より固い友情で結ばれていた。

とあるように、ヒップホップが絡むところにも惹かれましてん。今でも時々観ちゃいます。

おわりに

子供の頃に観たドン松五郎の大冒険や、実在するケニー・イースタディのケニーも印象的だったなぁ。レオンも好きだしかもめ食堂しあわせのパン的雰囲気の映画も嫌いじゃない。高倉健も好きだしね。

以上、ヨコヤムヤムの好きな映画ベスト3でしたん!

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(37歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

-ライフスタイル

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.