【実体験】副業ならぬ複業。パラレルワークのメリットデメリット

投稿日:

ヨコヤム
会社員を辞め、個人事業主として独立したのが2018年。その後また、ご縁に恵まれ今は正社員とフリーランス(個人事業主)を兼業しているわたし。この記事では、わたしの実体験をもとに、副業ならぬ複業(パラレルワーク)のメリットデメリットをまとめます。

副業と副業の違い

副業と副業の違い

パラレルワークとも呼ばれる「複業」は、文字通り複数の仕事を並行する働き方。

「副業」と聞こえは同じですが、意味はそれぞれで異なります。

ポイント

  • 副業:メインの仕事があり、そのサブとして仕事をすること
  • 複業:メインとサブを分けず、どれも本業として仕事すること

複業(パワレルワーク)のメリットデメリット

複業のメリット

  • 収入が増える
  • 働き方を選べる
  • リスクを分散できる
  • スキルアップの可能性が広がる

複業の一番のメリットは「収入」にあるのでは? と感じます。

これは「副業」においても同じですが、収入源を増やすことでより多くの収入を得られる可能性もあります。

また、複業は時間や働き方に融通性があればあるほど働きやすくなり、一つの仕事で離職をしても不測の事態に備えられます。

なお、違う分野の仕事であれば、そのぶんスキルアップできる可能性は広まりますし、同じ分野であれば相互で好影響を得られます。

複業のデメリット

  • 負担が増える
  • 場合によっては責任も増す
  • 自由な時間が減る
  • ストレスが増える

メリットが大きい代わりに、それなりのデメリットもあります。

本業を複数掛け持ちするわけですから、仕事によっては責任が重いものもあり、ストレスを感じることも少なくないでしょう。

多忙であれば自由な時間が減るだけでなく、身体的にも精神的にも負担が増えてしまいます。

副業に向いている人向いていない人

複業に向いている人

  • スキルアップに意欲的な人
  • 一人で動ける行動力がある人
  • チャレンジ精神がある人

複数のことを同時にこなすのが得意で、自分の考えをそのまま行動に移せる力がある人ほど、複業に向いていると感じます。

また、スキルアップや仕事への意欲が高い人であれば、複業をはじめるほうがむしろ、自分をよりレベルアップできるはずです。

複業に向かない人

  • 時間の管理が苦手な人
  • マルチタスクに慣れていない人
  • 一人で行動するのが苦手な人

副業も複業も、結局は「やる気」次第な部分もありますが、マルチタスクが苦手な人やタイムマネジメントが得意でない人には向きません。

「一人で行動する勇気がない」という人も、長続きしないと感じます。

クラウドテックならリモートや週3勤務などの仕事が見つかります

【実体験】パラレルワークを選んだ理由

【実体験】パラレルワークを選んだ理由

今は、パワレルワーカーとして複数の仕事を並行しているわたしですが、複業を選んだのには幾つかの理由があります。

  1. 東京から札幌へ移住し収入が減った
  2. 長く働きたいという会社に出会えなかった
  3. フリーランスに挑戦したかった

1. 東京から札幌に移住し収入が減った

結婚を機に、東京から札幌に移住して早数年。

結婚しても変わらず会社員として仕事を続けていましたが、東京時代と大きく変わってしまったのが「年収」です。

その額、約半分。

「東京時代と同様の年収は諦めてください、特に女性は……」。

転職エージェントにそう言われた日のことを、今でもよく覚えています。それはもう、悔しかったです(泣)

長い間、「郷に入れば郷に従え」という気持ちで自分を言い聞かせていましたが、やっぱり納得できません。

ヨコヤム
ならば働き方を変え、収入を増やしてみせる!これが大きな原動力になりました。

2. 長く働きたいと思える会社に出会えなかった

前述のように、そもそも収入面で納得できていなかったわたしは正直、仕事のモチベーションをどう保てば良いのか……と悩んでいました。

最終的には、納得いかない条件に目をつむったまま「最高のパフォーマンスを発揮するなんて無理」と開き直ったのを覚えています(笑)

「お金よりもやり甲斐」と思えたのは20代まで。

30を過ぎて以降、特に移住を経験してからは、考え方が変わりました。

3. フリーランスに挑戦したかった

「フリーランスなんて、わたしには無理」「会社員のほうが実は楽なはず」と、長年思っていたわたし。

ですが、実際にそう思って過ごして居ながら「何か違う」と感じ続けてきた違和感は、我慢や自己犠牲のせいだったのかもしれないと、今になって思います。

確かにフリーランスは社会保険などの面で、条件が不利な部分もありますが、「会社員が最良の選択」という思い込みを捨ててみようと思ったことも関係しています。

2枚の名刺を持つわたしのパラレルキャリア

2枚の名刺を持つわたしのパラレルキャリア

現在のわたしの仕事内容は下記。

波はありますが(笑)少しづつ収入は増えています。

  • 某ウェブメディアの編集長
  • ブログ運営(当ブログ)
  • 他社メディへの寄稿
  • リノベーションのコンサルティング
  • ハウススタジオとして自宅の貸し出し

数年前に「副業」としてブログをはじめたことが今、ウェブライター兼編集者として働くことに繋がり、「複業」となっています。

長年、営業職だったわたしが、今は全く異なる仕事をしているのには、自分でも驚きです(笑)

副業と複業。パラレルワークのメリットデメリットまとめ

パワレルワークをはじめて今感じるのは、「複業は最高の働き方かもしれない」ということ。

もちろん、仕事によっては複業できないこともあるとは思いますが、であればパラレルワークと相性の良いジャンルで仕事を探してみるのも良いと思います。

何かと不安な今の日本……。

それも踏まえてあらためて一度、働き方を見直してみてはいかがでしょうか。

フリーランスにマッチした仕事を探してみる

今月の人気記事TOP5

1

ヨコヤムお花のサブスクとは、定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。ここ数年で認知度が増し、「おすすめを知りたい」と気になって検索する方が増えています。 そこで今回は、安くて始めやすいサービスを厳選 ...

2

「安くておしゃれなテレビ台が欲しい」「脚付き脚なしのメリットデメリットは何?」この記事では、テレビ台の正しい選び方とともに、我が家も愛用している家具とインテリアのブランド「LOWYA(ロウヤ)」から、今おすすめのテレビ台をまとめています。

3

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

4

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 5

実際にレンタルを体験した「サブスクライフ」の特徴と競合他社5社との比較も合わせ、サブスク家具の全容をまとめています。この記事を読めばサブスク家具の全てをお分かりいただけるはず。

-ライフスタイル
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.