リノベーション済み物件のデメリットは? 購入時の注意点も解説

投稿日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルアドバイザーのヨコヤムヤムです。

中古マンションの購入を検討する際、「リノベーション済みの物件を買うのもアリ?」と考える人は少なくありません。

リノベ済み物件は資金計画が立てやすく、設計や工事の手間を省ける点も大きなメリット。

ですがデメリットを知ったうえで購入しないと、あとで後悔するかもしれません。

ヨコヤム

リノベーション済み物件のメリット

リノベーション済み物件のメリット

リノベ済みのメリットリノベ済みのデメリット
内覧してから購入できる適切に改修されていない可能性がある
すぐに入居できるマージン過多の物件がある
トータルコストが安く資金計画を立てやすい自分に合う間取りや設備でない場合もある

メリット1. 内覧してから購入できる

リノベーションをする、しないに関係なく中古マンションは実際に物件を内覧してから購入できます。

ヨコヤム
さらにリノベーション済みであれば、入居後の生活をイメージしやすいため買うかどうかの判断がしやすいです。

この点、自分でリノベーションするとなれば「壁を撤去できるか」「天井は抜けるか」などの確認が必要。

室内をただ見るだけでなく、改修工事を想定した諸々の点検が必須となります。

メリット2. すぐに入居できる

リノベーション済みであれば、購入したあと直ぐに入居できる点もメリット。

転勤や子供の転校などが関係する場合、引っ越しに時間をかけられない人にとっては魅力の一つです。
ヨコヤム

これがリノベーション前提の場合は、入居先の住宅ローンを返済しながら工事をすることになるため、コストがかかってしまいます。

メリット3. トータルコストが安く資金計画を立てやすい

トータルコストが安く資金計画を立てやすい

自分でリノベーションをする場合は、物件の購入費用+リノベーションの施工費用が必要です。

ヨコヤム
物件とリノベーション費用それぞれでローンを組むケースもあるため、諸費用がかかります。

反対にリノベーション済みの物件はローンを1本にまとめられるため、余計な費用がかからず、資金計画が立てやすいです。

手間もコストも省ける点は非常に魅力的と言えるでしょう。

リノベーション済み物件のデメリット

リノベーション済み物件のデメリット

デメリット1. 適切に改修されていない可能性がある

マンションは共用部分と専有部分に分かれます。

共用部分は個人で勝手に工事できないため、先ず注目すべきは専有部分。

給排水管は交換されているか? 断熱材はどなっているか? などが大きなポイントです。
ヨコヤム

中古住宅であれば雨漏りや白アリ対策も気になるところ。

既に工事が済んでいる以上、パッと見て確認できないため後述するホームインスペクションを使うことをおすすめします。

デメリット2. マージン過多の物件がある

リノベーション済み物件の価格は、物件価格+リノベーション費用の合算です。

ヨコヤム
リノベーション前提であれば工事の詳細を見積で確認できるものの、リノベーション済みの場合はブラックボックス……。

何の工事に幾らかかったなどの情報は開示されません。

物件価格は相場からある程度、予想できますが「そうは言っても、高い」と感じる場合はマージン過多かもしれません。

デメリット3. 自分に合う間取りや設備でない場合もある

残念ながらリノベーション済みの物件が「100%自分に合う」とは限りません。

ワンルームにするほうが実は勝手が良いというケースもあるはずですし、家族の数だけ部屋が必要という考え方も、実は思い込みかもしれません。

リノベーション済み物件となると、既存の間取りに生活そのものを合わせることになりますよね?
ヨコヤム

その間取りにうまくフィットすればいいですが、そうでない場合はストレスになってしまいます。

自分でリノベーションする場合のメリット

自分でリノベーションする場合のメリット

ここでは「自分でリノベーションする場合のメリット」を解説します。

リノベーション済みの場合と比較しながら、「自分に合うのはどちらか」を意識しながら読み進めてください。

経年劣化や設備の不具合を確認できる

物件を内覧しただけでは躯体の様子や、給排水管を見ることはできません。

しかしながらリノベーションの工事が始まれば、壁を取り壊すことで柱や梁を見れたり、床下、天井裏を見られます。

ヨコヤム
物件の状態を見られるのは大きなメリット。

劣化していれば改修できるうえ、今後起きるかもしれない問題に対処することもできます。

自分の思い通りにリノベーションできる

リノベーションには制限があるものの、内装から設備まで基本的には自分の好きなものに変更できます。
ヨコヤム

壁、床、天井から、キッチン、お風呂、トイレに至るまであなた好みに改修できる点は非常に大きなメリットです。

物件の選択肢が広がる

ヨコヤム
リノベーションを自分ですると決めれば、物件探しの幅が広がります。

室内は自分で変えればいいわけなので、立地や周辺環境など「あとから変えられない」部分を優先しながら候補を絞れるのも良い点の一つです。

リノベーション済み物件を購入するときの注意点は2つ

リノベーション済み物件を購入するときの注意点は2つ

「リノベーション済み物件を買う」と決めたらぜひ、下記の2つを実践してみてください。

どちらも先々のリスクを考慮するうえで試して損のない方法です。

1. ホームインスペクションを受ける

素人が物件の状況を確認するのは正直、困難。

そのためホームインスペクション(住宅診断)を受けることをおすすめします。
ヨコヤム

診断では「構造に不具合はないか?」などを第三者がチェックします。

費用は5〜10万円前後かかりますが、リノベーション済み物件に不安を感じる人はぜひ、前向きに検討してみましょう。

2. リノベーションした箇所を確認する

ヨコヤム
リノベーション済み物件を購入する場合、「物件のどこを改修したか」を事前に必ずチェックしてください。

可能であれば写真や図面も取り寄せます。

またマンションであれば「修繕履歴」も確認しましょう。

共用部分の工事履歴や、占有部分に関係する給排水管工事について書かれているはずです。

「リノベーション済み物件」と「物件購入+リノベーション」の両方を検討したい人はオーダーリノベがおすすめ

OrderRenove(オーダーリノベ)について

OrderRenove(オーダーリノベ)について

出典:order-renove

オーダーリノベは「リノベーション済み物件の販売」と「物件購入+リノベーション」の両方に対応しているサービス。

グループ会社には例えば下記があり、自社でリンベーションを手がけています。

  • 無垢材にこだわりを持つリノベーションブランド「ログリノベ
  • リノベーション済み物件の販売を手がける「ログマンション」

オーダーリノベを使うメリット

  1. リノベーション済み物件を検索できる
  2. リノベーション向きの物件を検索できる
  3. 希望条件を登録すると新着情報を受け取れる
ヨコヤム
通常、リノベーション会社では「物件購入+リノベーション」が主流です。

リノベーション済み物件の販売は少なく、あくまで物件探し+リノベーションが前提となっています。

そのためリノベーション済み物件を購入したい人は、さまざまある不動産から物件を探さねばなりません。

こう考えると「リノベーション済み物件を探す」「物件購入+リノベーション」の両方を検討できるオーダーリノベはメリット大。

物件購入+リノベーションを選んだ人は、同社がリノベーションプランを作成するため、他社から施工会社を探す手間もかかりません。
ヨコヤム

物件の取扱いは東京、神奈川、埼玉が中心

物件の取扱いは東京、神奈川、埼玉が中心

出典:order-renove

オーダーリノベは今のところ関東圏が対象エリア。

リノベーション済み物件の数が多いのは、東京23区です。

結婚や出産を機に都内で住宅購入を考える人、リノベーションに興味がある人は一度ぜひ、リノベーション済み物件を見てみてください。

どんな物件があるのか実際に見てみる

 

リノベーション済み物件のデメリットは?まとめ

リノベ済みのメリットリノベ済みのデメリット
内覧してから購入できる適切に改修されていない可能性がある
すぐに入居できるマージン過多の物件がある
トータルコストが安く資金計画を立てやすい自分に合う間取りや設備でない場合もある

リノベーション済みの物件と、そうでない物件にはそれぞれにメリットデメリットがあります。

どちらが合うかどうかは、あなたの価値観、予算と条件次第です。

ヨコヤム
余談ですがわたし個人としては「自分でリノベーション」するほうが面白いと感じています。

多少の手間はかかりますが、物件の購入から施工まで任せられるワンストップ型であればローンや工事の手続きもスムーズ。

ご紹介したオーダーリノべもワンストップ型なので、リノベーション済み or 自分でリノベーションするか決めきれない人はぜひ、サービス内容をチェックしてみてください。

大手ポータルサイトに載っていない物件を探す

 

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-リノベーションのデメリット
-,

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.