ライブシルクスクリーンを堪能。神山隆二 by ULTRA HEAVY

更新日:

ヨコヤム
ULTRA HEAVY (ウルトラヘビー)の一員として、シルクスクリーンやライブペイントで活躍するアーティスト神山 隆二 (RYUJI KAMIYAMA)さん。
わたしもいつか何かを描いてもらいたい……という淡い期待が、なんと先日叶いました。
ヨコヤム

デザインユニット「ULTRA HEAVY(ウルトラヘビー)」とは

オトナのオトコの遊び集団 ULTRA HEAVY(ウルトラヘビー)

出典:houyhnhnm

「ULTRA HEAVY (ウルトラヘビー)」は、神山隆二さん、ジェリー鵜飼さん、石川顕さんの御三方からなるデザインユニット。

ヨコヤム
おひとりお一人それぞれが個性的。かつ、各方面で活躍されている方々です。

今回はそんなウルトラヘビーのメンバー、神山さんによるライブシルクスクリーンの様子をご紹介します。

神山 隆二 RYUJI KAMIYAMA さんのプロフィール

神山隆二

神山隆二さん

グラフィックデザインにはじまり、そこからアパレルの世界に入ったという神山さん。

現在はアート活動を中心に活躍されています。

神山隆二 1972年、東京生まれ。

シルクスクリーンアーティスト/ペインター/イラストレーター
90年代初頭、グラフィック業界から衣服の世界へ。Tシャツの手刷り、古着のリメイク、ハンドメイドによる作品を中心としたブランド「FAMOUZ」として裏原宿での活動を10年行う。

活動後に路上から公共に至る場所にてライブペイントを中心としたARTへの活動を行い2003年、東京・中目黒での個展を皮切りに、サンフランシスコ、ロサンジェルス、北欧などエキシビジョンを開催。国内外で壁画やシルクスクリーン作品を残す。

近年は、BlANKS名義のもとB品(陶器/ガラス)の再生プロジェクトや企業のショールーム、ウィンドウ、壁画を描き続けている。また、石川顕、JERRY鵜飼と共に"ULTRA HEAVY"としての活動も行っている。
引用:https://shop-ryujikamiyama.com/

神山 隆二さんによるライブシルクスクリーンに密着

神山隆二さんがライブシルクスクリーンに使う道具

ライブシルクスクリーンに使う道具

ライブシルクスクリーンとは、その場で好きなものに直接シルクスクリーンを刷るというもの。
ヨコヤム

今回、ご紹介するのは札幌のセレクトショップ GARAGE69(ガレージ69で開催された周年イベントでの様子です。

GARAGE69はギャルソンやマルジェラ、ドリスバンノッテンにマルニ、フィリップリムなどを扱うショップ。

そんな素敵なショップの一角で、神山さんのライブシルクスクリーンがスタートしました。

次項では、わたしが実際に神山さんへお願いしたシルクスクリーンの一部始終を、4つのステップに分けてご紹介します。
ヨコヤム

手順1. 製版を選びインクを乗せる

パネルに色を乗せる神山さん

パネルに色を乗せる神山さん

ヨコヤム
わたしは「ロンT」と「アウター」の2着にシルクスクリーンを刷っていただきました。

あらかじめ用意された6種類の版(パネル)から好きなものを選び、ロンTの上に乗せた後、神山さんがインクを加えます。

どんなカラーを何色のせるかは、神山さんにお任せ。

パネルにある文字の上部にインクを乗せます

パネルにある文字の上部にインクを乗せます

手順2. インクを乗せたらスキージーで刷る

スキージーでインクを均一に広げ、パネルを外します

スキージーでインクを均一に広げ、パネルを外します

版がズレないよう、両端を押さえてスキージー(ヘラのようなもの)で刷ります。

その後、版をゆっくり持ち上げると……じゃじゃん。とても綺麗に刷られています。
ヨコヤム
ロンTにシルクスクリーン

パネルを外すとシルクスクリーンが登場

手順3. 乾燥させる

シルクスクリーンを乾かす

シルクスクリーンを乾かしているのはわたしです

ヨコヤム
版を撤去したら素早く乾燥。コットンなら数十秒で乾くため、手にも付きません。

版は使う度に手洗いしていました。

シルクスクリーンに使う製版

シルクスクリーンに使う製版(パネル)は使い終わる度に洗います

手順4. 完成

  • ジャケットにシルクスクリーンをプリント

ご覧のとおり、あっという間に刷り終わるシルクスクリーンですが、実はこの日1時間以上も並びました(笑)

その甲斐あって、二つとない自分だけのアイテムをゲットでき満足満足。
ヨコヤム

神山さんのペイントが前々から好きだったため、自分が着ているアイテムに直接描いていただけたのは本当に嬉しい限りです。

神山隆二 by ULTRA HEAVYのライブシルクスクリーンまとめ

わたしはトライしたことがないですが、シルクスクリーンは道具さえあれば初心者の方でも可能。

気になる方は、Amazonなどで専用キットを探してみてください。

なお、今回はシルクスクリーンがテーマでしたが「神山さんのペイントも見てみたい」という方は下記の記事もぜひご覧ください。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。 趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-ブログ

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.