高倉健が愛した札幌の味。すし善で味わう贅沢寿司ランチ

投稿日:2019年4月17日 更新日:

高倉健といえば北海道

今は亡き健さん。往年の大スターではあるものの、わたしと同じ30代の方にはいまいちピンとこないかもしれません。が、わたしたち夫婦は健さんが大好きなんです。友達には意外と言われますが(笑)

あれは初めて網走刑務所(網走監獄)へ行ったときのこと。

網走刑務所(網走監獄)

網走刑務所での一枚

それまでは「網走番外地」のことなんて全く知らずにいましたが、その舞台となった網走刑務所を訪れたことで、健さんへの興味が高まり・・以来、観られる限りの作品は全て観ました。デアゴスティーニも買いましたし。

東映任侠映画傑作DVDコレクション

出典:DeAGOSTINI

健さんの名作映画

それはそれはもう・・たくさんありますよね!

「南極物語」も名作「幸せの黄色いハンカチ」も名作(武田鉄矢と桃井かおりの名コンビが笑えます)「野生の証明」も良いし「鉄道員(ぽっぽや)」も好き。渋いところだと「夜叉」も良く「あなたへ」も泣ける。

北海道でのロケが多かった健さん

北海道が似合う健さん!北海道でのロケが多かったとあって、道内には健さんお気に入りのお店があちこちにあるんです。

今回はその中のひとつすし善をご紹介。

札幌・すし善本店

移転前のすし善本店

すし善本店の移転前に

札幌に移住して数年。行こう行こうと思いながら「行く行く詐欺」をしていたわたしたちでしたが「すし善移転」のニュースを知り、慌ててお邪魔したのが2018年3月。

移転と言っても場所はすぐ隣(隣の土地に店舗を新築)なので「なぁんだ」と思われがちですが、健さんが訪れた店という意味では、移転後の新築店舗じゃダメなんです(笑)

実際に健さんが目にした光景を、一度は見たいじゃないですか。

美味しくないわけがないすし善のランチ

お酒もいただきながら、ほろ酔い気分でお寿司をパクり。そりゃもう、たいへん美味しゅうございました。

すし善のお酒と握り寿司

すし善ランチ

もう一度食べたい。このウニにダイブしたい。

すし善ランチでいただいた雲丹

個室の設えも素敵

静かで落ち着きのある空間でいただくお寿司はこれまた格別。

すし善・本店の個室

高倉健つながりで

すし善ランチの少し前、2018年の冬に札幌「北海道近代美術館」で開催された追悼特別展 高倉健にも、もちろん行ってきました!

追悼特別展 高倉健の看板

健さんは雪が似合う!

追悼特別展 高倉健・パネル

これと同じデザインのクリアファイルを買っちゃったしね。

財布は泣いたが心は満たされ

夫婦ふたりでお値段は確か2.5万円くらいだった贅沢寿司ランチ。普段「ランチは1000円以内」を心掛けているわたしたちにとって、この金額はとんでもない価格(笑)

でもいいんです。スタッフの方に健さんのお話も伺えましたし。移転後の新店舗にも行きたいところですが・・しばらくはまた「行く行く詐欺」になりそうです。

注目記事

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー兼フリーライターのヨコヤムヤムです。2012年ファッション系広告代理店を経て東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベの体験をもとに住まいやインテリアに関するお役立ち情報を発信しています。

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.