インテリア

ハッシュタグを有効活用。お気に入りの器(うつわ)探しはインスタが使えて便利!

投稿日:2019年3月10日 更新日:

うつわブームなんて関係ない⁈

料理嫌いだと言うのに「器」には興味ありありのわたし(笑)独身時代は、ほとんど自炊をしなかったせいか、器への興味もこだわりも無かった自分が、結婚してからは一変!

料理ができない夫に代わって

料理が全くできない夫。こうなると私が作りたくなくても作らねばならず…。

でも、そのおかげか、料理をしているうちに器の大切さに気が付いたんです。

  • 盛り付けたときの美しさ
  • 食欲をそそる器とそうでない器
  • おもてなしに相応しい器

以降、少しづつですがお気に入りの器を集めだし・・今ではすっかり虜に!

使いやすい&合わせやすい和食器

洋食器も和食器も、それぞれに良さがありますが、わたしは断然「和食器派」。

洋食器に合う料理を作れないという理由もありますが(笑)日本人ですもの、ご飯やお味噌汁中心の食生活なら、やっぱり和食器がいちばんかと!

同じ顔して実は違う手作りの良さ

同じ型でも大きさや厚さが微妙に違うのは、手作りだからこそ。量産されるものとは違って、ここがまた魅力のひとつなのかも。

沖縄の焼きもの「やちむん」

↑これぞ沖縄!が器にも宿る「やちむん」。何だかほっこりする、そんな器がやちむんには多い気がします。

ハッシュタグ(インスタ)で作家さんを検索

インスタが火付け役と言われる昨今の器ブーム。私も度々、ハッシュタグで好きな作家さんの作品を探しています。

#cogu
#イイホシユミコ
#菅原謙
#林さとみ
#ソロソロ窯
#馬渡新平
#牧野潤
#石川裕信

ハッシュタグって超便利!

好みの器から、新たに作家さんを知ることも多々。器に限りませんが、情報収集に今やインスタは欠かせない気が。

定番の小鹿田焼からHEATH CERAIMCSまで

ここで少し、ヨコヤムヤムお気に入りの器をちらり。

民藝の器=小鹿田焼(おんたやき)

↑こちらは 民藝の器=小鹿田焼(おんたやき)。

小鹿田焼と言えば飛び鉋(とびかんな)の印象が強いですが、他にも刷毛目、指描き、櫛描き、打ち掛け、流し掛けなど伝統的な技法がたくさん。

櫛描きや刷毛目の大きな大きなお皿もそのうち欲しいなぁ!

HEATH CERAIMCS(ヒースセラミックス)・cogu(小具)・石川裕信・林さとみさんの作品
続いてこちら。手前に写るブラックの小鉢が HEATH CERAIMCS(ヒースセラミックス)のアイテム。サンフランシスコ発祥のブランドです。

日本ではビームス以外に、ほとんど取り扱いがないと思うので、もっと身近で買えるようになると嬉しい。

右手に写る木製のお皿は cogu(小具)。札幌に工房があり、地元では大人気の作家さんです。器のほかに “cogu no mori(こぐのもり)という小さなツリーも根強い人気。

その奥に見えるのは、石川裕信さんの小皿と、林さとみ さんの湯のみ。どれもこれも超お気に入りの器たちです!

家具やインテリアと同様に

家を買って以来、家具やインテリアへのこだわりは増すばかりですが(笑)これは器にも言える、と感じています。

お気に入りのアイテムを、ひとつひとつ集めていくシアワセ・・!みなさんも是非、お気に入りの作家さんを探してみてください。

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨコヤムヤム

ファッション系広告代理店を経て、2012年東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベの体験をもとに、住まいやインテリアに関するお役立ち情報を発信中。フリーライター兼ライフスタイルリフォームアドバイザーとして、2018年10月フリーへ転身しました!

RECOMMEND

1

無印良品が考える家づくりのカタチ・暮らしの提案とは何か。そして、無印良品のリノベーション「MUJI INFILL 0(ムジ インフィル ゼロ)」に込められた無印良品イズムとは?を、ヨコヤムヤムがショールームに伺い直接取材させていただきました。

2

簡単リメイクで、初心者の方にもオススメのDIY。こうすればニトリだとは気付かれまい!

3

バーチカルブラインドの最大のメリットは『デザイン性』。カーテンにはカーテンの良さがありますが、わたしたちは何と言ってもバーチカル。

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.