コスパと出会いが魅力!日本最大のソーシャルレジデンス「オークハウス」

投稿日:2019年8月27日 更新日:

ヨコヤム
「ソーシャルレジデンス」と聞いて、それが何なのか、すぐに答えられますか?今回は「ソーシャルレジデンス」を提唱する日本最大のシェアハウス会社「オークハウス」と、ソーシャルレジデンスの魅力について掘り下げます。

シェアハウス業界大手オークハウスとは

出典:OAKHOUSE

オークハウス」は日本最大のシェアハウス運営会社。1998年の設立以来、述べ4万人が利用し、管理棟数は200棟以上あります。

また、「シェアハウス事業」の他に「ホテル・ホステル事業」「スマート賃貸事業」と、合わせて3つの事業を展開している会社です。

ソーシャルレジデンスに関しては、これまでも度々「マツコ会議(日テレ)」で取材・放送されているため、「あぁ、あの会社ね!」とお気付きの方は多いかもしれません。ちなみに、ソーシャルレジデンス®はオークハウスの登録商標です。

シェアハウスとソーシャルレジデンスの違い

ヨコヤム
似て非なるこの二つ。いちばんの違いは、住まいの規模とコミュニティにあります!
  • シェアハウス:一軒家やマンション・アパートの一室
  • ソーシャルレジデンス:50部屋以上の建物(水回りだけを共有するマンションというイメージ)

シェアハウスもソーシャルレジデンスも、そこに住めば自然とコミュニティは形成されます。ですが、シャアハウスの場合は、せいぜい数人。それに対しソーシャルレジデンスは、建物の規模が大きいため100人を超えることも珍しくありません。

また、ソーシャルレジデンスでは様々なイベントやパーティーが住人の間で開かれます。
住まいを単にシェアするだけでなく、そのコミュニティに入ることができる、または大きなコミュニティを作ることが出来る点は、シェアハウスとの大きな違い。

さらに、ソーシャルレジデンスには「住戸以外に共有できる施設」があるのも特徴です。例えば、ジムやプール。音楽スタジオにオフィススペースなどがそれに当たります。

個人では所有できないハード面(施設)と、イベントやパーティーなどのソフト面の両方を持ち合わせた住まい、というのがソーシャルレジデンスの定義!

シェアハウスとルームシェアは何が違う?

ヨコヤム
では、これもよく聞く「ルームシェア」とシェアハウスとでは、一体何が違うのでしょうか? それは共有する範囲にあります!
  • シェアハウス:リビングやキッチンのみを共有
  • ルームシェア:自分の部屋も数人で共有。そのためプライベート空間がない

ソーシャルレジデンスに住むメリット

ソーシャルレジデンスはとってもリーズナブル

ポイント

敷金・礼金・仲介手数料¥0(契約料は初回のみ)
連帯保証人が不要
家具・家電付き
インターネット使用料¥0
物件間の移動もOK
最短1ヶ月から契約可能

都心部で家を借りる場合は、少なくとも20〜30万円のコストが掛かりますよね? 保証人も必要です。

ソーシャルレジデンスなら「敷金・礼金・仲介・手数料がゼロ」。これって凄くないですか?(初回のみ契約料は必要ですが数万円です)

連帯保証人も不要で、家具や家電付き。インターネットも使用料無料で、オークハウスが管理する物件間での移動もOKです。2年契約のような縛りもなく、更新料も必要ありません。

ヨコヤム
初期投資がこんなに少ないなら……短期間だけでも住んでみたい!

収入源にもできるソーシャルアプリ

収入源にもできるソーシャルアプリ

ソーシャルレジデンス独自の「ソーシャルアプリ」があるのも、オークハウスの魅力です。

これは住民の方が使えるサービスの総称で、物件内の各設備を使いたいときや、イベントを開催したい時に使うことができます。

このアプリを使って有料のサービスやイベントを提供することも可能!つまり、参加費などを徴収して、収入を得てもOKというわけです。

ヨコヤム
自分のスキルを活かして、サービスやイベントを企画できるなんて面白そう!

ソーシャルレジデンスに住むデメリット

プライバシーの確保と生活音

ポイント

  • 物件の規模や部屋によっては生活音が気になる
  • 物件の規模が小さい場合はプライバシーを保ちにくいこともある
  • 人間関係で気まずくなることもある

生活音のレベルは、その建物のどの部屋に住むかにもよりますが、共有スペースのすぐ側が自分の部屋の場合は当然、騒音が聞こえやすくなります。

また、物件の規模が小さい場合は「どんな人が住んでいるのか」が分りやすいため、匿名性は保ちにくくなります。

ヨコヤム
「プライバシーを確保したい」「コミュニティには興味がない」という人は、50人以上の大きなソーシャルレジデンスを選びましょう。

まとめ

ソーシャルレジデンスに住む人は日本人に限りません。
国籍も職業も年齢も性別もバラバラな人たちと、コミュニティを作って楽しみながら暮らせるなんて、まるで留学(笑)

ヨコヤム
ソーシャルレジデンスは、ただ住むだけではない付加価値があり、さまざまなコミュニティがあるのが最大の魅力!それでいてコスパも最強です。

無駄なコストを削減しながら、暮らしを豊かにするコンテンツが満載のソーシャルレジデンス。わたしも一度は住んでみたいなぁ!

\ 物件探しはこちらから /
コスパと出会いが魅力のシェアハウス日本最大手オークハウスが入居者募集中

リノベーションの資料請求ならこの3社!

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションに定評がある一方、リノベーション済の物件も検索可能。年間300件以上の実績があります。

【第2位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュース。物件探し・設計・施工のすべてを一社で完結しているため、相場の2割程度コストを削減できるのがリノデュースの強み!「不動産購入の際の仲介手数料が無料」「引渡しのあとも最大10年間の保証付き」など、サービスも充実しています。

【第3位】タウンライフリフォーム

タウンライフリフォームは、希望する増改築やリノベーションの見積りを一括請求できる便利な専門サイト。全国300社以上の優良リフォーム会社から、お好みの会社を選ぶことが可能です。厳格な国家基準をクリアした信頼あるリフォーム会社のみ掲載されているため、安心してお使いいただけます。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(37歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

「住宅購入は買い物ではなく人生のプロジェクト!」リノベーションも同様です。その第一歩となる情報収集はその後を左右する非常に大切なステップと言えます。そこで今回は、無料で資料請求できるおすすめのリノベーション会社をご紹介したいと思います。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

4

63平米・築31年の中古マンションをスケルトンリフォーム(フルリノベーション)した我が家。その工事の一部始終を一挙大公開。

独身女性 5

独身女性が住宅購入を考える主な理由は、老後の不安解消&家賃orローンの総額を考えた結果、だと思います。「独身女性は家を買うべきではない」というおかしな見方はどうかと思う、と強く言いたい。

-ライフスタイル

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.