ワークマン女子必見。ワークマンプラスで見つけたコスパ最強シューズ3選

更新日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

「ワークマンといえば作業服」というイメージでしたが、新業態「ワークマンプラス」が誕生したことで、実は年々ワークマン女子が増えています。

この記事では、わたしも愛用中のワークマンプラスから今期おすすめのシューズ3選をご紹介します。
ヨコヤム

ワークマンとワークマンプラスの違い

出典:workman

2018年9月、東京立川市「ららぽーと立川立飛」にオープンして以来、じわじわと人気上昇中のWORKMAN Plus(ワークマンプラス)。

ヨコヤム
ここ数年でワークマン女子という言葉も浸透し、その名の通り女性客が増えています。

では、ワークマンとワークマンプラスとでは一体何が違うのか? 先ずはこの点をまとめます。

ワークマンとワークマンプラスの違い

  • 作業服や安全靴など、職人向けの商品展開が中心のワークマンに対し、ワークマンプラスでは作業用品の取り扱いがなく、アウトドアウェアや高機能ウェアの販売が中心
  • ワークマンプラスでは3つのPB商品のみを展開。反対に、ワークマンでは全ての商品を取り扱う
  • ワークマンは在庫重視、ワークマンプラスは「見せる」を重視

ワークマンは職人のためのコンビニ。ワークマンプラスはアウトドアの専門ショップ

ワークマンプラスはアウトドアの専門ショップ

一言で言えば、ワークマンは職人のためのコンビニ、ワークマンプラスは誰でも立ち寄れるアウトドアショップです。
ヨコヤム

土木現場などで働く方を除き、「ワークマンとは無縁」と思わがちな女性も、ワークマンプラスとなれば話は別。

ワークマンプラスには実際、多くの女性客が買い物を楽しんでいます。わたしもその一人。

WORKMAN Plus+(ワークマンプラス)はアウトドア、スポーツ、レインウエアの専門店です。
「働くプロの過酷な使用環境に耐える品質と高機能をもつ製品を、値札を見ないでお買い上げいただける安心の低価格で届けたい」
引用:WORKMAN Plus

2019年札幌にもワークマンプラスがオープン

2019年9月、北海道にもワークマンプラスが上陸しました。それも、札幌・江別・旭川に3店舗が同時オープン。

ヨコヤム
毎回驚きますが、店舗には小さなお子さん連れのママからご夫婦まで客層が幅広いです。

「入りにくい雰囲気だったらどうしよう……」という不安は何のその、女性ひとりでも気軽にお店に入ることができます。

WORKMAN Plus 札幌新川店

北海道札幌市北区新川4条17-1-28
7:00 - 20:00
011-763-7722

ワークマンプラスのPB商品

ワークマンプラスでの展開ブランド

ワークマンプラスでは3つのPB商品(オリジナルブランド)のみが展開されており、展開ブランドによって、その用途が分かれています。

ワークマンプラスで見つけたおすすめシューズ3選

レインウェアで売れ筋の「R006 透湿レインスーツSTRETCH」や、焚き火ウェアとして人気の「アノラックパーカー」など、ウェア類にも定評のあるワークマンプラスですが、わたしは「靴」に注目。
ヨコヤム

ここからは店頭に並ぶシューズ類の中から、おすすめアイテムを厳選し、ご紹介します。

1. ニットシンクロシューズ(サノシュー ニットキャンバスシューズ)

ヨコヤム
ニットシンクロシューズは、その名の通りアッパーがニットタイプの靴。

世に数多あるスリッポンですが、ワークマンプラスのこのアイテムは、足首部分まで覆われているのが個人的にはツボでした。

これなら、浅履きの靴下でなくても平気ですよね?

足元が見えるボトムスを穿くときも使い勝手が良いと判断。今は、わたしの夫がヘビロテしています。

2. レディース防水サファリシューズ

こちらはオールシーズンで使える防水シューズ。レディース限定です。
ヨコヤム

雨の日はもちろん、キャンプやフェスへ行く時にも便利。軽いので疲れず、履きやすいです。

3. 防寒ブーツ ラークス

ヨコヤム
某アウトドアブランドを彷彿とさせるデザインですが、冬におすすめのブーツがこちら。

裏フリースで暖かく、5cm防水なので雨の日も安心。ラバーも柔らかいため屈曲しやすいです。

番外編. 2019年に購入したNES101 ネオイズムソックスシューズ サノシュー

NES101 ネオイズムソックスシューズ サノシュー

「トレンドのソックスシューズがワークマンにある」と知り、昨年購入したのがこのサノシュー。
ヨコヤム

方足で154gという軽さでありながら、ソールに程よい厚みがあるため思っていたより歩きやすいです。

ヨコヤム
残念ながら今年は販売されていない様子……。

再販されればまた、即売り切れになるシューズだと思います。

高機能で低価格なのがワークマンプラスの良さ

数年前までは正直、「ワークマンなんて……」と斜めに見ていましたが、今はまるで違います。

ワークマンはもともと、「職人のための製品づくり」が基本理念ですもんね。

使って良かった、着て良かったを追求している企業努力が、ワークマンプラスの商品に表れていると感じます。

個人的には、雪道専用 or 北海道仕様な格安シューズが今後誕生しないかなぁ……と、密かに期待しています。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-コラム
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.