沖縄限定!やちむん通りのおすすめ「ヤッチとムーン」の可愛い熊たち

更新日:

ヨコヤム
沖縄といえばやちむん。うつわ好きなら知らない人はいない伝統的な民芸品の一つですよね(やちむんは沖縄の方言で焼物のこと)。沖縄旅行ともなれば、このやちむんを無視できるはずがありません!ということで今回は、那覇市にある壺屋やちむん通りの有名店『ヤッチとムーン』をご紹介したいと思います。

壺屋やちむん通りにある「Craft・Gift ヤッチとムーン」

壺屋やちむん通りにある「Craft・Gift ヤッチとムーン」

国際通りから程近い場所にある壺屋やちむん通りは「ザ・繁華街の国際通り」とは打って変わってのんびりとした雰囲気。

400メートルほど続く石畳の道の両脇には、約50店舗の窯元やショップが軒を連ねています。また、壺屋(つぼや)は地名であり陶器を指す言葉でもあります。

ヤッチとムーンは可愛い熊の木彫りを目印に

ヤッチとムーンは可愛い熊の木彫りを目印に

古民家を改装したヤッチとムーン

やちむん通りの入口を進んで数分。通りのちょうど真ん中くらいでしょうか、グリーンの引き戸が目を引く古民家がヤッチとムーンです。

目印は熊の木彫り!本来であれば画像・右側の木枠にぶら下がっているはずなのですが、残念ながらこの日は雨。

熊の木彫りが目印のヤッチとムーン

天気の良い日はこの木に熊がぶら下がっています

あの子には会えないのか……と諦めかけたところ店内で発見!

本来、店内は撮影禁止ですが見兼ねたスタッフの方が特別にOKをくださいました(笑)床に立つこの姿もまた可愛いなぁ。

ヤッチとムーンの看板熊

ヤッチとムーンの看板熊

女性に人気のつぼっクマ

ヤッチとムーンのつぼっクマ

人気のつぼっクマ/出典:TIDA yacchi&moon

やちむんと聞くと昔ながらの伝統的なうつわをイメージしますが、ヤッチとムーンに行くとその印象がガラリと変わるはず!

それがこのお店の魅力であり人気の理由です。ヤッチとムーンにある器たちは、古典的なものから現代的なものまで、形もデザインも実にさまざま。

伝統的なやちむんも魅力的ですが、動物をモチーフにした器や、ゆる〜いイラストが描かれたやちむんは、他ではあまり見掛けません。

お店の名前でもある熊の「ヤッチ」と「ムーン」

お店の名前でもある熊の「ヤッチ」と「ムーン」

「ぼくたちクマ」のお皿

ヤッチとムーンには、先程ご紹介した木彫りの熊ちゃんの他に、店内でひょっこり顔を覗かせるもう一匹の熊ちゃんが居ます。

どっちが「ヤッチ」でどっちが「ムーン」なのかを聞き忘れてしまいましたが、このヤッチとムーンがモチーフとなった『ぼくたちクマ』というシリーズが最高にキュート!

前々から欲しいと思っていただけに、現地で買えなかったらどうしようとドキドキしましたが、ご覧の通り我が家に嫁入りしてくれました。

ぼくたちクマのカップ

お皿とお揃いのカップ

ぼくたちクマのお皿とカップ

通販も可能。気になる方はオンラインをチェック

ぼくたちクマ5寸皿

ぼくたちクマ5寸皿/出典:公式オンライン

ヤッチとムーンの器たちはオンラインでも購入可能!

ざっと見る限り、オンラインには実店舗ほどのアイテム数は揃っていないように感じますが、ご紹介した『ぼくたちクマ』シリーズも販売されています。

送料は全国一律1,500円

ぼくたちクマゆのみ

ぼくたちクマゆのみ/出典:公式オンライン

送料は全国一律1,500円。30,000円以上購入で無料とのこと。
また、この記事ではうつわをメインにご紹介しましたが、ヤッチとムーンにはオリジナル石鹸も豊富にあります。

ヤッチとムーンへのアクセス

壺屋やちむん通りは国際通り(那覇市の中心街)から近いため、国際通りとセットで散策するのがおすすめです。周辺観光ポイントからは徒歩で5〜10分程。

  • 牧志公設市場から徒歩約5分
  • 国際通り「むつみ橋」から徒歩約10分

各アクセス方法は下記を参考にしてください。

車(レンタカー)でのアクセス

壺屋やちむん通りの専用駐車場はないため、車で行かれる場合は周辺のコインパーキングに駐車ください。

  • 那覇空港から約20分
  • 沖縄自動車道 那覇ICから約20分

ゆいレール(沖縄都市モノレール)でのアクセス

  • 安里駅下車徒歩8分
  • 牧志駅下車徒歩15分

バスでのアクセス

  • 「壺屋」バス停下車 徒歩約1分(17番石嶺開南線/30番泡瀬東線/31番泡瀬西線/55番牧港線/112番国体道路線)

ヤッチとムーンには『UTSUWA チャタロウ』という姉妹店もあります(ヤッチとムーンから徒歩約2分)

Craft・Gift ヤッチとムーン
住所:沖縄県那覇市壺屋1-21-9
電話:098-988-9639
営業時間:10:00 ~ 19:00

UTSUWA チャタロウ(姉妹店)
住所:沖縄県那覇市壺屋1-8-12
電話:098-862-8890
営業時間:10:00 ~ 19:00

ヤッチとムーンの熊まとめ

洋よりも和の食器が好きなわたし。ぽってりとして丸みのあるやちむんは、普段使いしやすく何故だか妙に愛着がわきます。

「自分好みのやちむん」は一通り買い揃えてしまったため、新しいやちむんとの出会いを求めていたところ見つけたのが、今回ご紹介した『ぼくたちクマ』でした。

実物を手に取りながら同じものが二枚とないその違いを確かめる作業は、なんとも楽しい時間!これだから、やちむんはヤメられない(笑)

ヨコヤム
熊つながりで本場・八雲(北海道)の木彫り熊についても書いています!
柴崎重行の木彫り熊
熊の木彫り発祥の地へ行こう!八雲「すーさん焼き」とおすすめ3選

北海道のお土産として定着してはいるものの、手彫りされる熊は今や絶滅寸前の状態。ですがその一方でここ数年は再評価の動きもあり、熊ブーム再来となるか⁈ とも言われています。バラエティ豊かな木彫り熊とともに八雲でおすすめの熊スポットをご紹介。

続きを見る

こちらの記事も合わせてどうぞ

貰って嬉しい沖縄限定!定番に飽きた人へおすすめのお土産3選

お土産を買うなら「人とかぶらないNEWな土産を探したい」と思いません? 沖縄へ初めて行くという方はともかく、リピーターであれば尚更そう感じると思うんです。そこで今回は、先日4回目の沖縄旅行に行ったヨコヤムヤムが2019年おすすめのお土産3選をご紹介したいと思います。

続きを見る

港川ステイツサイドタウン(外人住宅街)の映えスポット
沖縄限定のカヌレと平屋。可愛いリノベが魅力の港川外人住宅街

もとは米軍用住宅だった平屋を、リノベーションによってカフェやアパレルなどのショップに変化させた外人住宅街『港川ステイツサイドタウン』をご存知でしょうか。沖縄本島の旅行といえば那覇市(国際通り周辺)や北部(美ら海水族館周辺)が有名ですが、この住宅街がある浦添市もおすすめです。今回は、沖縄ならではの平屋住宅と沖縄でしか食べられない『ほうき星』をご紹介します。

続きを見る

沖縄生まれの建築資材。県外からも注目される花ブロックとは?
沖縄生まれの建築資材。県外からも注目される花ブロックとは?

『花ブロック』という言葉は知らずとも、実物を見れば「ああ、あれね」とご理解いただけるであろう、あのブロック。沖縄の人にとっては馴染み深いものですが、本州の方にとっては新鮮なものに映ると思います。今回は、そんな花ブロックにフィーチャーし、その歴史や花ブロックを使った有名な建築物をご紹介します。

続きを見る

今月の人気記事TOP3

1

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

【おしゃ家ソムリエおしゃ子】絶妙な突っ込みが癖になるインテリア漫画 2

2017年4月にこのブログでご紹介した「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」に関する記事を、2年以上が経った今、リライトを加えて再び公開します。何度読んでも飽きないおしゃ子の絶妙な突っ込みを、ぜひ皆さんにもお読みいただきたいです!

ベストバイ 3

ファンヒーターや加湿器の製造販売で有名なダイニチ工業から、2019年9月新しいハイブリッド式加湿器「LXシリーズ」が発売されました。ハイエンドモデルのため決して安くはないお値段ですが、「今年は本気で加湿する」というわたしの願いを見事叶えてくれた優秀アイテムをご紹介します。

-買ってよかったもの

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.