山善の平台車スマートフロア。家じゅうどこでも使えて超便利

更新日:

ヨコヤム
生活雑貨メーカー「山善」の第2期アンバサダーにご指名いただいたヨコヤムヤム。今回はスマートフロア(平台車)のご紹介です。
この記事では、見た目は地味ながらも(笑)家にあると必ず役立つスマートフロアについて、活用法やメリットデメリットを詳しくまとめています。
ヨコヤム

アンバサダーとは?

山善のアイテムが「どのように暮らしに役立つのか」を一緒に考え、そのアイテムを山善と一緒に広げていくのが基本的なミッション。

発売前のアイテムを使ってみたり、商品開発の担当者やショップの担当者と意見交換するなど、さまざまな活動をしていきます。

参考:山善×RoomClipのおうちすっきりプロジェクト

山善の平台車スマートフロアとは

台車と平台車の違い

山善の平台車スマートフロア

出典:楽天くらしのeショップ

スマートフロアは、楽天ランキング市場「物流・運搬器具」部門で1位を獲得した、家庭用の平台車。

ヨコヤム
タイトルに「平台車」と書いていますが、台車に「平」が付くのは何故? と思い調べてみたところ……

その違いはハンドル(持ち手)の有無ということを理解したわたし。

ハンドルがあれば移動は楽ですが、屋内で使う機会はほとんど無いですよね?

その点、屋内であればスマートフロアのような平台車で事足ります。
ヨコヤム

荷台面より大きいものを乗せられるのも平台車のメリット。

特に意識していませんでしたが、こういう違いがあったのかと今更ながら勉強になりました(笑)

スマートフロアのサイズ


サイズはご覧のとおり。

ヨコヤム
最大4台までスタッキング可能なので、使わないときも場所を取りません。

キャスターが見えにくいところも嬉しいですよね。

楽天で見る

 

スマートフロアのメリット

出典:楽天くらしのeショップ

スマートフロアのメリット

  • 軽くて持ち運びが楽
  • 耐荷重50kgという安心感
  • 360度回転の自在キャスター
  • 縦にも横にも連結可能
  • スタッキングできるため収納しやすい
スマートフロアは2個セットで ¥3,490 という価格。
ヨコヤム

メリットは上記のとおりですが、いちばん良いと思った点は連結可能なところです。しかも向きを問いません

縦にも横にも繋げられるため、使う場所に合わせてセットできます。

また、軽くてお手頃価格ゆえ滑りが悪いのでは……?と疑ってしまいましたが(笑)実はその真逆でスイスイ動いてくれます。

ヨコヤム
360度自由自在なので移動時のストレスがありません。ここ、大事ですよね。

さらに、床が傷つかない点も優秀。

我が家は無垢フローリングですが今のところ全く傷はついていません。

スマートフロアのデメリット

スマートフロアのデメリット

製品シールを上手く剥がせませんでした

一つだけあるスマートフロアの残念ポイント。それは、製品シールを剥がしにくいこと。

なるべく慎重に剥がしたつもりですが、途中で諦めた結果が上記です(苦笑)
ヨコヤム

「シール剥がしに失敗した面を、見えないように配置すれば良い」とわたしは思いますが、気になる方は最後まで綺麗に剥がしてください(笑)

ですがこの点は今後、改善いただけるかもしれません。

楽天で見る

 

スマートフロアの活用方法

1. 植物を乗せて使う

山善 平台車 スマートフロアをリビングで

普段はテレビボードの前に植物を置いています

普段、植物を床に直置きしている我が家。

朝、起きたときに植物を窓際へ移し、日が暮れたら元に戻すという作業を繰り返しています。

ヨコヤム
ですが、この作業が地味に面倒くさい……。

と、常々思っていた矢先に出会ったのがスマートフロア。

この平台車のおかげで今は、植物たちの移動がかなり楽になりました。

キャスターがどの方向にも滑らかに動いてくれるため、一瞬で窓際へアクセスできます。

山善の平台車スマートフロアに乗せた植物

平台車に乗せて日の当たる窓際へ移動

素材はポリプロピレン。水やりで濡れても平気です

2. クローゼットで使う

ウォークインクローゼットの中

これまでは、ウォークインクローゼットの床に置きっ放しだった収納ボックスを、スマートフロアに乗せてみました。
ヨコヤム

我が家のクローゼットは狭いため、このボックスが邪魔でイライラすることが度々ありましたが、平台車のおかげで動かせるようになり、ストレス軽減。

掃除機を掛けやすくなった点もポイント高しです。

クローゼットに置いたスマートフロア

サイズもぴったり

3. 押入れ収納に使う

出典:くらしのeショップ

ヨコヤム
おそらく、いちばん多い使い方がこの方法ではないでしょうか。

押入れは奥行きがあるため、物によっては出し入れが大変ですもんね。

布団や子供のおもちゃなど、使わないときは仕舞っておきたい物にも便利。

ストーブの収納や掃除機を乗せておくのにも役立ちます。

4. ソファやベットの下で使う

ソファの下にもぴったりのスマートフロア

デッドスペースになりがちなソファの下やベットの下も、スマートフロアがあれば便利。
ヨコヤム

縦に連結すれば奥行きを確保できますし、横に連結すれば取り出しもよりスムーズです。

ソファの下なら雑誌や本、ブランケットなどの収納、ベットの下であれば洋服の収納に役立ちます。

ヨコヤム
埃が溜まりやすい場所ですが、一瞬で出し入れできるため、掃除もしやすいです。

サーキュレーターを乗せたり、空気清浄機を乗せて使うのもおすすめ。

楽天で見る

 

RoomClipで活用事例を見てみよう

我が家は主にリビングとクローゼットで使っていますが、スマートフロアはキッチンや脱衣所、バルコニーでも使えるアイテム。

アイデア満載の活用事例をもっと見てみたいという方はぜひ、「RoomClip」もご覧ください。ダウンロードは無料。

インストール後「スマートフロア」と検索してみてくださいね。

RoomClip 部屋のインテリア・家具・DIYの写真を共有

RoomClip 部屋のインテリア・家具・DIYの写真を共有
無料
posted withアプリーチ

タグ

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー「ヨコヤムヤム」です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで全て公開しています。趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーと二輪免許を取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-おすすめ収納 
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.