yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム

マンションの寿命はどれくらい?築30年以上でも大丈夫⁈ わたしたちが決めた3つのこと

この記事をシェアする

気になる耐久性・耐震性 


RC造(鉄筋コンクリート構造)・SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート構造)住宅の寿命には諸説ありますが(68年だとか100年だとか)、実際にどれくらい保つかは管理状況にも左右されます。

仮に「100年大丈夫」と言われるコンクリートであっても、
耐用年数の限度まで使える(使われる)かは誰にも分かりません。

建替えの話が出るかもしれない

わたしたちが買った中古マンションは築31年。
30年の住宅ローンを組んだので、
繰上げ返済をしなければ、払い終わるときマンションは築61年。
その前後、もしくはもっと早い段階で建替えの話が出るかもしれません。

ただ、そう簡単に建替えできないのが現実。
区分所有法(区分所有者の4/5以上の賛成が必要)や、
建替費用の捻出などを考えると、住人の「Yes」を集めるまでにはかなりの時間がかかるはず。

マンションイメージ画像

最悪、自分たちのマンションが建替えることになり、
諸々の条件や事情で建替え後のマンションに住めなくなるかもしれません。
そうなったときは「賃貸生活に戻ろう」と思ってます。

「それじゃあ、何のために家を買ったの?」と言われそうですが
「出来ればずっと住み続けたいけれど、集合住宅、それも築31年の中古。そういうことは無きにしもあらず」だと思うんです。

が、わたしの予想では・・
今のところ管理状況もよく、マンションの経済事情にも大きな不安はないのであと50年はイケると思ってます。

わたしたちが決めた3つの条件

  1. 新耐震基準(1981年以降に建てられた物件)
  2. RC造よりもSRC造を優先
  3. ピロティ構造(1階部分が柱だけの空間で駐車場などになっている建物)は避ける

新耐震基準

旧耐震の物件の方が当然築年数が古いため、その分価格も割安。
リノベーション前提の物件探しをしていたわたしたちにとって、物件価格という点では魅力的でしたが、最終的には新耐震のみに。

旧耐震だからと言って全ての物件がダメというわけではなく、
新耐震だからと言って大丈夫なわけでもありませんが「自分たちが少しでも安心できるほう」を選択しました。

SRC造を優先

「RC造よりも強度や耐震性の面で優れている」のが、SRCを優先した理由。
今時の新築マンションであればRC・SRCはあまり気にしなくても良さそうですが、
わたしたちは「10階建て以下のマンションで、出来ればSRC」と決めていました。
ピロティ構造を避けた理由も強度・耐震性が気になるからです。

どうする⁈ 事故物件


これは賛否ありますよね。
わたしたちも一軒だけ内覧しましたがヤメにしました。

内覧を希望する物件が事故物件かどうか気になる場合は『大島てる』で調べてみるといいかもしれません。(わたしたちは事前に調べて内覧しました)
大島てる CAVEAT EMPTOR: 事故物件公示サイト

専門家の意見


耐久性や耐震性については、ネットにあれこれ書かれてますが、素人にはなかなか分かりにくいもの。
なので、専門家の意見を聞いてみるのも一つの手です。

実際にわたしたちも、
マンションの修繕履歴や、長期修繕計画、過去の総会議事録などの資料をマンション管理士に見てもらい、どういう判断基準でこのマンションを選んだのか&その時に気を付けたことを一通り説明し、アドバイスをもらいました。

決めるのはあくまで自分ですが、
自分の判断基準や見てるポイントがズレていないか、
それが分かっただけでも少し安心できたのを覚えています。

中古となると築年数や寿命が気になりがちですが「マンションは管理が大事!」なので、事前にしっかりチェックすることもお忘れなく!

RECOMMENDこちらの記事も人気です