マンションリノベを選んだ理由とリノベーションに向いている人向かない人

投稿日:

ヨコヤム
マンションリノベーション向きの物件とそうでない物件があるように、人(施主)にもリノベーションに向いている人とそうでない人が居ます。今、「リノベーションしようか悩む」とお考えの方に是非一度お読みいただきたい内容です。

マンションリノベーションを選んだ理由

マンションリノベーションを選んだ理由

リノベーション前の我が家

1. 分譲マンションを手に入れてもそれが理想の家とは限らない

「賃貸生活をヤメにしマンションを購入しよう」と思いはじめた頃、実はリノベーションまで考えていなかったわたしたち夫婦。

「手頃な価格の中古マンションを購入し、住居費を節約したい」というのがマンション購入のきっかけでしたが、実際に何軒か内覧するうちに、「ちょっと待った……!」と感じることがありました。

それは「思っていたより賃貸物件と変わらない」ということ。
当然、分譲マンションは賃貸物件に比べセキュリティ面や住戸内の設備も充実しており、物件としてのスペックは高いですが、内装に関しては正直「それほどでもない……」というのがわたしの感想でした。

高級マンションであれば話はまた別ですが、そうであったとしても内装(デザイン性)に関しては好みが分かれます。

マンション選びの要となる「立地・間取り・広さ・価格」において、希望条件とマッチする物件は幾つかありましたが、気に入らない内装、そして決められた間取りに住宅ローンを支払うのか……と思うと、中古マンションを買うメリットや賃貸に勝るメリットが、わたしたちには見つかりませんでした。

2. 人が家に合わせるのは……もう終わりにしたい

家を買うと決めたときから、戸建ではなくマンション一択だったわたしたち。

前述のとおり「決められた間取りと内装の家」に住むくらいなら、「自分たちが好きになれる家にカスタムしよう」と考えたのが、リノベーションを選んだ理由です。

ただし、家づくりに100満点はありません。
マンションリノベーションに限らず注文住宅にも言えますが、なにもかもを好きに出来るわけではないため、理想ばかりを追い求めるのは危険です(笑)

3. マンションはインフィル勝負

「マンションは管理を買え」とも言われますが、実際に住む住戸すなわち「インフィル」については、住み手によってその価値が左右されます。

中古マンションであっても、中身(インフィル)がしっかり手入れされていれば、将来的に売却する際にも有利です。

また、マンションはコンクリート造のため、木造住宅に比べ躯体の寿命は長いですよね?
ならば自分たちの手で一度、中身を一新してみるのも悪くない……むしろ面白そう!と感じたことを覚えています。

マンションリノベーションに向いている人向いてない人

マンションリノベーションに向いている人向いてない人

リノベーション後のリビング

実際にフルリノベーションを体験し、思うことは「リノベーションに向かない人」も居るということ。
これは、中古マンションを選ぶかどうかにも関係します。

物件の築年数にもよりますが、中古は中古。
どこにどんなリスクが潜んでいるか……表面上では分からないこともあります。

新築はお金で不安を払拭できますが、中古はリスクを受け入れる覚悟が必要です。

向いている人

新築よりもお得に「自分たち仕様」な家を手に入れたい人
購入する物件に長く住もうと思っている人
ある程度、割り切った考え方ができる人
制限を楽しめる人(制限が生む面白さ・創造性を楽しめる人)

向いてない人

新築にこだわりたい人
中古住宅に抵抗がある人
マンションに住んだことがない人
売却の可能性(転勤など)がある人(中身が生まれ変わっても躯体は古いままです。古い条件で査定されるのでリノベにかかった費用までカバーできないかもしれません)

マンションリノベーションは諦めも必要

マンションリノベーションは諦めも必要

中古マンションを購入するにあたり「抵抗は無かった」と言えば嘘になりますが、それを乗り越えられるか否かは以下の2つが重要です。

  • 何に抵抗を感じ、どうであれば納得できるのか?
  • 気を付けるべきポイントは何でどこに注意すれば条件をクリアできるのか?

不安や心配なことはひとつひとつ潰していきながら、希望や条件を整理していくことが大切です。

また、躯体の構造や管理規約の制限などで施工が難しい工事があったり、リノベーションの工事が始まったあとに問題が起こることもあるため、柔軟に対応する心構えも必要です。

リノベーションは今後も確実に増える

リノベーションは今後も確実に増える

SUUMOスーモマガジンに我が家が掲載されました

「新築至上主義」という言葉が今の時代にマッチしないのと同様に、これからはより多様性のある家づくりが求められるはずです。
マンションリノベーションが浸透しつつある理由もここにあるのではないかと。

少子高齢化が進むなか、郊外に大きな一軒家を建てられる世帯は減るでしょうし、定年後に戸建からマンションへ住み替えできるほど経済的に余裕のある人も少なくなる一方だと思います。

中古マンションやリノベーションに対し、不安に思う方はまだまだ少なくないと感じるものの、一方で「魅力に感じる」という人も増えています。

わたしはリノベーションを選びましたが、後悔は一切ありません!
向き不向きはあるものの、フィットする人には最高に面白い住まいの選択だと思っています。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

いま一番読まれてます!

1

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

2

自分の住むマンションの給水方式を「知っています」という方は、意外と少ないように感じます。

【洗面台DIY】ダサいミラーキャビネットをインダストリアルにリメイク 3

新品に交換されたユニット洗面台でしたが日に日に嫌だという気持ちが強くなり…ならば自力でやるっきゃない!とプチリフォームを決意。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.