インテリアコーディネーターの合格点は7割以上が本当だった。わたしの実体験

更新日:

【実体験】インテリアコーディネーターの合格点は7割以上が本当だった
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

民間資格にも関わらず、毎年人気のインテリアコーディネーター。

「正解率7〜8割以上で合格」と言われるインテリアコーディネーターの一次試験に、ヨコヤムヤムも2018年初挑戦しました。
ヨコヤム
ヨコヤム
残念ながら結果は不合格。やはり、正解率6割ではダメでした。

この記事ではその実体験をもとに、受験までの流れや自己採点結果をまとめています。

インテリアコーディネーター試験は年に一度だけ

インテリアコーディネーター試験は年に一度だけ

こんな方におすすめ

  • 建築やデザインが好き。または興味がある
  • インテリア業界への就・転職に活かしたい
  • 部屋の模様替えやリフォームに活かしたい
ヨコヤム
インテリアコーディネーターの試験を受験しよう、と決めたのは2018年の4月。この年の一次試験は10/7(日)でした。

人気資格のため、せめて年に数回、試験が受けられれば良いものの(笑)一次、二次ともに試験は年に1回のみ。

インテリアコーディネーターに関する実務経験は無いわたしですが、「リノベーションブログ」を書いている以上、取っておいて損はないと考えたのが受験の理由です。

資格取得が有利になる職業とは

「インテリアコーディネーター資格があれば、必ず就・転職できる」という訳ではないですが、下記のような分野で就・転職をする場合は、非常に有利な資格。

活躍の場は幅広く、リノベーションの需要が増える昨今では特に、注目の集まる資格と言えます。

資格取得が役立つ職業

  • 住宅設備などのショールーム
  • 工務店
  • デザイン事務所
  • リフォーム or リノベーション会社

2018年インテリアコーディネーター試験の自己採点結果

2018年インテリアコーディネーター試験の自己採点結果

転職と重なり準備不足で受験に挑戦

ヨコヤム
2018年4月に教材をゲットしたものの、5月の転職により、思うように勉強時間を確保できなかったわたし。

完全に言い訳ですが……勉強どころでは無かったのが正直なところです(笑)

受験を控えたラスト1ヶ月間は、テキストを開く日が1日も無かったというダメっぷり。

実際に受験して感じましたが、しっかり対策しないと確実に落ちます。わたしのように実務経験が無い人ほど特にです。
ヨコヤム

自己採点はユーキャンの自動採点サービスが使えて便利

自己採点にはユーキャンの自動採点サービスが使えて便利

自動で採点してくれるユーキャンの自己採点システム。これはとても便利です。

6割の正解率では不合格

わたしの自己採点結果は、400点中240点。正解率は6割です。

正解率7〜8割以上で合格」と言われているため、最低でも280点以上正解しないと不合格のはず……。

「絶対、落ちる」と思っていましたが、やはりその通りの結果になりました(泣)

ヨコヤム
ちなみに、合格基準点は公表されません。また、合格基準は他の受験生との「相対評価」によって決まります。

受験勉強用に選んだのはユーキャンの通信講座



ヤフオクで中古教材を買うこともできますが、状態が良く、全ての教材が揃っているものは大体3〜4万円前後の価格。
ヨコヤム

ならば、「最新版を購入するほうが良いのでは?」と思い、申し込んだのがユーキャンのインテリアコーディネーター講座でした。

添削を受けられるため、モチベーションを維持しやすいのがユーキャンのメリット。

教材購入と受験にかかった費用

教材購入と受験に掛かった費用

  • 教材費用:59,000円(税込一括払い|送料はユーキャンが負担)
  • 受験料:14,400円(一次試験と二次試験の両方を受験する場合)

受験に掛かった費用は、教材と受験料を合わせて計73,400円でした。

公式サイトで詳しく見る

実際に受験してみた感想

1. 出題範囲がとにかく広い

受験勉強をしていて感じましたが、インテリアコーディネーターの試験は、出題範囲がとにかく広く……覚えられません(笑)
ヨコヤム

実際の試験も、出題範囲は広いです。

実務経験に関係あるのは、ほんの一部でしょうし、覚えても結局忘れると思うのですが……。

「それが資格」と言われれば、返す言葉はないですが、もう少し範囲を絞ってくれたら……と思ってしまいます。

2. 苦手分野を徹底的に勉強すべき

わたしは初めての受験でしたが、試験では「こんな問題あっただろうか……」と感じる単語や問題もありました。

ヨコヤム
実際に受験して思うのは、苦手分野を徹底的にマスターすることが大切だということ。

案の定、「これを問われると弱い」という問題は、普段自分が苦手に感じていた分野でした。

暗記も大切ですが、基本を理解していないと躓く……ということを痛感します。

インテリアコーディネーターの自己採点と合格点まとめ

資格を持っているに越したことはないですが、果たして本当に役立つのだろうか……と疑問を抱く自分も居ます。

「もう勉強したくない」のが本音ではあるものの、試験に落ちたことはやはり悔しい(笑)

再び受験するかは考え中ですが……この試験に合格できれば、大きな自信にも繋がるはず。

難易度も高めの資格に分類されますが、興味のある方は7割以上の合格点を目指して勉強を進めてください。

 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座を詳しく見る


  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-インテリアのこと

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2022 All Rights Reserved.