yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





2LDKのマンションリノベーション実例&インテリア「アイアンメッシュのラック」編

この記事をシェアする

アイアンメッシュの棚がポイント

f:id:yokoyumyum:20181006202813j:plain

板状よりも網目状

  • 板状だとカウンターの上が暗くなる
  • 機能面よりもインテリア性を重視

リビングとの境界線を兼ねる造作のカウンターキッチン。その上の空間=アイアンラックも同様です。部屋の中央を走る梁の高さに合わせて設置しているので、邪魔に感じることもなく、メッシュなので光も遮りません。

使い方は自由自在


棚の上に食材などを置くのはもちろん、フックを使っていろんな物を掛けられるので、とっても便利。大量のドライフラワーをハンギングしていた時期もありました。「収納にもインテリアにもなるメッシュラック」。これ、おすすめです。

 

お手頃価格のクリナップ・ラクエラ

「キッチンを造作」なんて予算はナイ・ナイ・ナイ!はじめは「微妙」と感じていたラクエラでしたが、使ってみると意外にイイです。さすがクリナップ、さすがステンレス。
\ アイアンラックと古材がポイント『クリナップ・ラクエラ』で「見せる」壁付けキッチン /

システムキッチンは扉のカラーと素材選び

が、ポイントかと!設備によって、金額に差が出るキッチンですが「扉」も大きく関係します。これが造作となるとそりゃお高い。高級な素材を使うのも同様です。

面材を造作

扉の面材のみ「造作」するという手もあります。これはこれでコストが掛かりますが、既存のシステムキッチンを使いながら、見た目はオリジナルのキッチンを作ることが出来ちゃいます。フルオーダーが無理でも、これなら理想に近付けられるかも!わたしもそのうち、ラクエラのキッチンをカスタムしようと思ってます。

\ Instagram( @yokoyumyum )毎日更新中 /

あわせて読みたい

RECOMMENDこちらの記事も人気です