yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





リノベーションブログ・実例紹介『ながめのいいワンルーム』kuraさん編

この記事をシェアする

気になるみんなのリノベ事情


「インテリアから見る暮らしのカタチ。暮らしかたに学ぶリノベ術」をヨコヤムヤムが紐解いていくインタビュー企画。今回は『ながめのいいワンルーム』を運営する東京在住の ' kura ' さんにお話を伺いました!

リノベーションの実例インタビュー

Q1. 「ながめのいいワンルーム」kuraさんの自己紹介


kuraさん:kuraと申します。一人暮らしを満喫中です。2006年に東京都内の中古マンションを購入し、2015年にリノベーションしました。

Q2. リノベを決めた理由


kuraさん:前オーナーさんが2002年に水まわり以外、間取り変更など、大胆なリフォームをされていて、内装は綺麗だったのでそのまま住みました。(物件を購入した2006年当時「リノベーション」という言葉はまだ浸透していませんでした。)

最初から自分にフィットしていない箇所や、日々の生活で不便を感じる箇所、水まわりの老朽化等が引き金となりリフォームを検討しましたが、せっかくなら「より自分にフィットした家にしたい」と思うようになり「リフォーム」ではなく、自由な組立てが可能な「リノベーション」が自分らしいなと思いました。

明るく開放的なリノベーション後のリビング

ヨコヤムヤム:マンション購入と同時にリノベーションする方も多いですが、実際に住んでからのリノベーションであれば、生活動線や改修ポイントが分かりやすいぶん、プランニングもスムーズに進みそうです!

Q3. リノベーションのテーマ


kuraさん:プランナーさんへ最初に提出したメモより→「明るさ、広さを感じられる空間。かっこよさよりもリラックスできることや、機能美優先。シンプル、北欧テイスト、ナチュラルだけど少しPOP、行き過ぎていないインダストリアル感」。

Q4. 施工はどちらに?


kuraさん:空間社さんにお願いしました。第一印象で一目惚れでした。

Q5. 間取りのビフォーアフター

kuraさん: 既存の間取りを活かした箇所が非常に多いため、図面だと変化が分かりにくいかも知れません。

間取りのビフォーアフター

kuraさん:左から時計回りに4ヶ所(リビング→玄関→ダイニング→キッチン)それぞれのビフォーアフターがこちら。

リノベーション前
リノベーション後

Before → After

kuraさん:ちなみに、現在はこんな感じです↓

リノベーション後の室内の様子

Q6. 広さとリノベーション予算

55平米・約500万円

kuraさん: 窓の工事を別会社にお願いした合計です。

Q7. リノベした家のココが好き

[1]キッチン

kuraさん:もともとは壁付け一列&石膏ボードの壁で覆われていたキッチン。壁を取り払い、二列にレイアウト変更し、明るく開放的に。

リノベーション後のキッチン・ダイニング

kuraさん:来客時も孤立せず、部屋のほうを向いて作業ができて快適です。タイルをたくさん使い、自分好みのテイストにしました。

ヨコヤムヤム:キッチンカウンター × カーペット × ラグのグレートーンが可愛いですよね!ダイニングの折り上げ天井も素敵。

キッチンのニッチ

ヨコヤムヤム:ニッチの奥までタイル張り!梁の幅に合わせたサイズ感にもしっくり来ます。

[2]玄関

kuraさん:自転車をストレスなく停められるよう、土間を拡張しています。お気に入りの床タイルは、面積に合わせて柄のピッチを指定しました。

玄関のタイルと有孔ボード

kuraさん:壁には有孔ボードを設けて、外出時に必要なものを収納したり、気分で好きなものを飾ったりしています。

Q8. リノベした家のココが嫌い

スイッチプレートのレイアウト

インターホンは変更不可でしたがレイアウトの工夫はできたのではと。プラン中は多くのことで頭がパンパン・・。ここまで考えが至りませんでした。

インターホンとスイッチプレート

ヨコヤムヤム:分かります、すっごく分かります!我が家もインターホンはそのままです。ニッチを造ればよかったと、あとになって後悔(笑)

おわりに

ヨコヤムヤム:三面採光&二ヶ所にバルコニーがあるkuraさん邸。燦々と注ぐ光が、なんとも気持ち良さそうなリビングです。でもって、遊び心のある建具の色使い!

リノベーション後のリビング
ベットまわりのインテリア

ヨコヤムヤム:テーブルやベットの木の質感と、小物や雑貨のさり気ないアクセントカラーも空間に映えていますよね。

二ヶ所に設けられたニッチや、玄関の有孔ボード、そして窓際のハンギングバーといい「かゆいところに手が届く」的工夫も、リノベのアイデアとして参考になると思います。

見ているだけで深呼吸したくなるようなkuraさん邸の様子は、こちらのブログまで!

あわせて読みたい

RECOMMENDこちらの記事も人気です