【PR開示】当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事内にプロモーションを含む場合があります。

男前インテリアは嫌い!インダストリアルとは似て非なるもの

ヨコヤム
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションをした我が家の内装は「インダストリアル」を意識しましたが、後述する「男前インテリア」ではありません……。

インダストリアルと男前インテリアは似て非なるものであり、一緒にして欲しくはないのです!この微妙なニュアンス、伝わるでしょうか?

インダストリアルとは「工業的」「産業的」という意味

インダストリアルな店舗デザイン

今や住宅だけでなく、カフェなどの店舗などでも見かける「インダストリアル」というスタイルは、本来「工業的」「産業的」という意味です。

「カフェ風」「ブルックリン風」「男前風」ともいわれますが、定義はそれぞれで異なります。

インテリアにおけるインダストリアルの特徴

ポイント

  • 見た目の美しさを重視するデザインとは異なる
  • 機能性や実用性を重視するスタイル
  • スタイルの中に表れる無機質さや荒々しさが魅力

インダストリアルは「計算された美しさ」というよりも、素材が生み出す風合いや経年変化によって表れる味が持ち味です。

インダストリアルと男前インテリアは似て非なるもの

我が家のリビング

 

「男前インテリア」という言葉は、RoomClip(ルームクリップ)から生まれました。

世にいうインダストリアルなスタイルと一緒にされがちなのが残念ですが、決して同じではありません。
ヨコヤム
ヨコヤム

中古マンションを購入し、フルリノベーションをした我が家はインダストリアルを意識しましたが、男前インテリアではありません。

男前インテリアと一括りにされてしまうのは、正直イヤです!

男前インテリアは一歩間違えると安見えしがち

出典:CAMPANELLA

男前インテリアは一歩間違えると、安見えしがちです。例えば、100均アイテムが多い、アルファベットのリメイクシートを多用しているなどがこれにあたります。

安見えするインテリアの特徴

特徴

  • 100均を多用したリメイクが多い
  • アルファベットを乱用している
  • リメイクシートやフェイクが多い

これらの特徴は、男前インテリアに限らず「北欧風インテリア」や「韓国インテリア」についても同様です。

安いものを使うのが直接の原因ということもありますが、素材が持つ質感や本物にしかない風合いを無視することも「安見え」する理由だと思います。

安見えする男前インテリアに共通すること

男前インテリアの例

安見えしてしまう部屋には、「一様にごちゃごちゃしている」という共通点もあります。前述した100均アイテムがNGといいたいのではなく、やり過ぎや多用がチープ感の原因だということ!

DIYとの相性が良いのもインダストリアルインテリアの特徴ですが、作り込み過ぎるのは、やはり不自然です。

フェイクが多過ぎる

フェイクグリーン

家具や小物に「フェイク」を採用するのはともかく、部屋の内装となると事情は違います。

ヨコヤム
ヨコヤム
レンガ風、タイル風などをクロスで楽しむのも方法の一つですが、使う場所や面積には注意が必要だからです。

このバランスを間違えると、安っぽい部屋に見えてしまいます。

ダサいのはインダストリアルではなく男前インテリア

「作為的でないのにスタイルを感じる」というのがインダストリアルの良さです。

しかしながら、それをいわゆる日本的解釈の「男前インテリア」と同じにされたくはありません。

「言い方の違い」でしかないのかもしれないですが、この違いを分かってくださる方がいらっしゃるはず……!

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!LSリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年東京から札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションしました。リノベと暮らしとインテリアに役立つ情報を更新中。専門誌やWeb媒体への寄稿・監修もしています。

-インテリアのこと