棚板それともメッシュ? スケルトン天井に合う吊り下げアイアンラック

投稿日:2019年5月24日 更新日:

ヨコヤム
家具だけでなく階段の手すりや飾り棚にも多く使われるアイアン。異素材ミックスにこだわった我が家にも要所要所にアイアンを採用しています。今回は、その中でもいちばんこだわった吊り下げ式のアイアンラックについてまとめます。

アイアンフレーム × 棚板の吊り下げシェルフ

アイアン製の家具や飾り棚にいちばん多い組み合わせといえばこれ。軽いとは言えないアイアンなので吊り下げ式ともなれば、重た過ぎるのは危険ですもんね。

アイアンの重量問題以外に、棚板がないと不便というのもこのパターンが多く採用される理由かと。

  • 出典:楽天

  • 出典:楽天

フレーム単体 × メッシュのアイアンラック

天井吊り下げ式アイアンラック

我が家が採用したアイアンラックがこちら↑棚板は置かずアイアンのみのスタイルです。でもって一段だけ。

ちなみにわたしの身長では手が届きません(笑)※もちろんそれを承知の上で設置しています!

棚板を使わない理由

  • 棚板を使うとカウンターまわりが暗くなる
  • 機能面よりもインテリア性を優先

使い勝手を優先する場合このスタイルは不向き(笑)細々したものが置けない&そもそも手が届かないのはNGですもんね。

収納よりもハンギングに便利

我が家の場合、収納の面では劣りますがハンギングには便利!というメリットもあります。

観葉植物やドライフラワーを好きにハンギング出来るだけでも楽しいですし!空間のアクセントに一役買ってくれること間違いなしかと。

アイアン製のメッシュシェルフを実用的に

例えばこちらのお宅。我が家と同じメッシュタイプですが、これならきっと実用的なはず!サイズ違いで二段使えば収納力もアップします。

出典:SUVACO

棚板を使うなら足場板がおすすめ

我が家の飾り棚は全て足場板。画像はCDの収納用に造作したラックです。つるつるぴかぴかの合板にはない独特の風合いが足場板の良さ!

吊り下げラックに棚板を使うなら、そのときも足場板がいいなぁと思ってます。

アイアンフレームと足場板

アイアン × 足場板 × スケルトン天井

ヨコヤム
スケルトン天井(現し天井)って何? 足場板についてもっと知りたいという方は下記へ

素材感が活きる!スケルトン天井コンクリート現しのメリット・デメリット

コンクリートの表し天井にした我が家。壁や床と同じく天井も部屋を印象付ける大事な要素なんです!

続きを見る

飾り棚には足場板がおすすめ!使い込まれた古材ゆえの魅力とは

読んで字のごとく「足場に使われていた板=足場板」。我が家では、家中に設置した飾り棚を全て「足場板」にしています。その魅力とおすすめの活用法をご紹介!

続きを見る

ヨコヤム
「フルリノベーションした我が家の様子をもっと手軽に見たい」という方はインスタグラムをご覧ください。自宅インテリアをほぼ毎日投稿しています!

\ Instagram( @yokoyumyum )毎日更新中 /

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(37歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

「住宅購入は買い物ではなく人生のプロジェクト!」リノベーションも同様です。その第一歩となる情報収集はその後を左右する非常に大切なステップと言えます。そこで今回は、無料で資料請求できるおすすめのリノベーション会社をご紹介したいと思います。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

4

63平米・築31年の中古マンションをスケルトンリフォーム(フルリノベーション)した我が家。その工事の一部始終を一挙大公開。

独身女性 5

独身女性が住宅購入を考える主な理由は、老後の不安解消&家賃orローンの総額を考えた結果、だと思います。「独身女性は家を買うべきではない」というおかしな見方はどうかと思う、と強く言いたい。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.