yokoyumyumのリノベブログ

マンション買ってリノベーション!ヨコヤムヤムの体験談と自宅の全てを公開中

北欧インテリアにも合う!熊の木彫り発祥の地 八雲で触れるアートな熊たちの魅力

投稿日:2019年5月11日 更新日:

ヨコヤム
「鮭をくわえた熊の木彫り」を皆さんも一度は見たことがあるはず。北海道のお土産として定着してはいるものの、手彫りされる熊は今や絶滅寸前の状態。ですがその一方でここ数年は再評価の動きもあり、熊ブーム再来となるか⁈ とも言われています。そこで今回は、バラエティ豊かな木彫り熊とともに八雲でおすすめの熊スポットをご紹介。

熊の木彫り発祥の地・八雲町

「昔はどの家にも熊の木彫りがあった」そう話す北海道民は多いですが、その発祥の地が八雲だということを知る人はそれほど多くない様子。

また、熊の木彫りに興味があるとわたしが話すと、みんな決まって「?」な反応(笑)北海道で生まれ育った人にとって、木彫り熊は昔から身近にあるもの&見慣れたものですもんね。世代の違いもあると思いますが「特に気に留めたことはない」と話す人は少なくない(笑)

先ずはここで熊の木彫り誕生の背景をおさらい↓

農民の副収入として制作を奨励したのがはじまり

八雲で熊の木彫りが誕生したのは大正13年頃のこと。

北海道の観光土産品として知られる木彫り熊は、八雲町の旧徳川農場主・徳川義親公が大正10年に欧州旅行の際、スイスで購入したペザントアート(民芸品)をもとに八雲の農民に制作を奨励したことからはじまります。

大正13年、第1回農村美術工芸品評会が八雲町において開催され、スイスの木彫り熊をモデルとした伊藤政雄作の北海道第1号の木彫り熊が出品されました。

当時から道外に向けて販売されていたそうですが、第二次世界大戦のはじまりとともに衰退するものの、戦後の高度経済成長とともに再び復活。

また、大正15年から旭川においても松井梅太郎によって木彫り熊が制作されはじめます。八雲の影響を受けつつ、アイヌが彫った木彫り熊として有名になります。

昭和30〜40年代の北海道の観光ブームで木彫り熊が爆発的に売れると、全道的に生産されるようになり、この頃「鮭をくわえた木彫り熊」のイメージが定着していきます。観光ブームが終わると木彫り熊もあまり売れなくなり、現在は全道的にみても彫っている人は少なくなりました。

旭川のアイヌ民族によって生まれた木彫り熊

八雲は大正13年頃、旭川は大正15年に始まったと言われる木彫り熊。

アイヌ民族は昔から生活の中に彫刻がありますもんね。八雲は農民の生活を支える手仕事、旭川は熊への敬意(アイヌ民族にとって熊は山の神様)として彫られていたという訳か!

鮭をくわえた熊が多いのは旭川(by アイヌ民族)鮭はくわえず個性的な熊が多いのが八雲、というのがわたしの中の勝手な印象。鮭をくわえた熊は果たして、どこでどんなふうに誕生したんだろう。今でもはっきり分からないそうです。

八雲の木彫り熊は毛彫り・面彫りがポイント

八雲の木彫り熊は大きく分けて2種類。

毛彫りは毛が細かく立つように彫られ、面彫りは毛彫りのような細かさがなく手斧などでカットした「面」で表現をする技法。他に「擬人化」と分類される熊もあります。

毛彫り
面彫り

わたしがいちばん好きなのは面彫り。柴崎彫りとも言われます。

柴崎重行の木彫り熊

柴崎重行さんの木彫り熊

「鮭をくわえた熊の木彫り」しか見たことのない人にとってはおそらく、この木彫り熊は衝撃的?なんじゃないかと。

ここは見るべき!八雲の木彫り熊スポット3選

1. 八雲町木彫り熊資料館

熊の木彫りを見るなら先ずはここ。資料館は欠かせません!貴重な作品をたくさん見ることができるにもかかわらず、入場料はなんと無料。驚きです。

八雲町木彫り熊資料館

八雲町郷土資料館(この中に八雲町木彫り熊資料館があります)

資料館にはとにかくたくさんの熊がずらり※撮影禁止の作品もあるため全てお伝えできないのが残念

柴崎さんの熊もいっぱい!

柴崎重行の這い熊

根本勲と柴崎重行の木彫り熊

根本勲と柴崎重行の木彫り熊

↓この座熊もたまりません。タイトル通り「北欧インテリアにも合う」という理由がお分かりいただけるかと。

最後に藤戸さんの作品↓作風は全く違いますが、藤戸さんだからこその技術がいっぱい詰まった木彫りです。

藤戸竹喜さんの木彫り熊

藤戸竹喜さんの木彫り熊

藤戸さんに関する記事も書いてます↓
木彫り活動70年のアイヌ民族彫刻家。故・藤戸竹喜の世界

八雲町郷土資料館&八雲町木彫り熊資料館
北海道二海郡八雲町末広町154

2. すーさん焼きの店コパン

2019年4月にオープンしたすーさん焼きの店コパン。鈴木吉次さんという彫り師のお孫さん(平野さん)が営む人形焼のお店です。

八雲のすーさん焼き

鈴木吉次さんの熊をモチーフにした人形焼/ソフトクリームすーさんのっけ300円

鈴木吉次さんは70歳を過ぎてから独学で木彫りを始めた方。鈴木さんが初めて作った木彫りや熊以外の作品も数点、店内で見ることができます。

鈴木吉次さんの木彫り熊

お爺さんが彫った熊をお孫さんが人形焼として再現、というなんとも素敵なストーリー。この型はもちろんオリジナル。埼玉まで足を延ばし、その道のプロに制作をお願いされたそう。これぞ八雲の新名物!

「いつか人形焼を作ってみたかったの!お爺さんは74歳を過ぎて木彫りをはじめたけど、わたしはまだ71歳。新しいことにチャレンジできて嬉しい!」楽しそうに色々なお話をしてくださった平野さん。パワフルでエネルギッシュなお人柄と可愛い熊の人形焼に、心もお腹も満たされました。

すーさん焼き

すーさん焼きはプレーン・カスタード・あんこの3種類(3個で250円)

すーさん焼きはテイクアウトも可能。袋に貼られたシールは人気のイラストレーター・shapreさんが描いたもの。

画像にはないですがメニューに書かれた文字が全て手書きなところにも、なんだかほっこりするんです。コーヒー(100円)もありますよ!

すーさん焼きの店コパン
北海道二海群八雲町相生町10

3. 喫茶ホーラク

八雲駅前にある喫茶ホーラクさん。パッと見は昔ながらの喫茶店という外観ながら、一歩お店に入るとそこには熊・熊・熊!

喫茶ホーラクの店内

お店の棚にはお酒のボトルと一緒に熊もずらり(笑)

ここは第二の資料館?と思うほど貴重な作品をじっくり拝見。お店のマスターやママが丁寧に説明くださり、これまた理解が深まりました。

熊を手に説明を聞くわたしを友達が撮ってくれました(´o`

ホーラクさんでは小熊さんという方が彫る小さな木彫り熊を買うことも出来ます。ひとつひとつ手作業なので、在庫がお店に無いこともあると思いますが、気になる方はマスターまで!

小熊さんの木彫り熊

喫茶ホーラク
北海道二海郡八雲町本町145

おわりに

木彫り熊にもいろいろあるんだ!ということをお分かりいただけたでしょうか。お土産として機械で量産されるものも多いですが、手作りされた本物の木彫りたちはもはや芸術品。

柳宗悦が提唱した日用品の中の美や、イギリスのアーツアンドクラフツ運動同様、熊の木彫りも美術工芸品の一つと言えるはず。

お土産という役割とアートな視点。木彫り熊を見掛けたときは皆さんもぜひ手に取って、その魅力に触れてみてください!

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加

タグから記事を探す

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベの実体験をもとに住まいと暮らし・インテリア・北海道のローカル情報を発信中!現在はフリーライターとしても活動しています。詳しいプロフィールは↓おうちマークをクリック

-インテリア
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.