yokoyumyumのリノベブログ

リノベーション・住まいと暮らし・人・モノ・アート発信中 by ヨコヤムヤム

アクセントウォールには壁紙(クロス)よりもタイルの方が効果的!質感を楽しめるブリックタイルの魅力まとめ

スポンサーリンク

アクセントウォールに『ブリックタイル』


ブリックタイルは、セメントやモルタルにレンガを混ぜたもの。
一枚一枚違うテクスチャーが、このタイルの魅力!

 

空間に変化とインパクトを


キッチンとリビングの間に造作した、足場板のカウンターと間仕切り壁。
あえて造ったこの壁に、ブリックタイルを使っています。

ブリックタイルを使ったキッチンとリビングの間仕切り壁

壁紙じゃ出せない質感と立体感


クロスで変化を付けるのも、もちろんアリです。が、 立体感を出せるタイルに比べると、
どうしても「のっぺり感」は否めません。

取り入れやすいのはキッチンなどの水まわり


全く違う表情のタイルを、組み合わせて使うのも雰囲気◎
DIYで挑戦してみたい!という方は、
貼る面積が比較的少ないところから、トライする方がいいかもしれないですね。

f:id:yokoyumyum:20170515234340j:plain
出典:https://jp.pinterest.com/pin/95560823325817630/


こちらはダイニング。
壁の白さと、茶褐色のコントラストが映えて、明るい雰囲気。

f:id:yokoyumyum:20170515234936j:plain
出典:https://jp.pinterest.com/pin/95560823325817645/

タイルを貼って塗り替える


タイルを貼ったあと、それを「塗る」という方法もあります。
手間は掛かりますが、これもオススメ!
そのままの状態を楽しむのはもちろん、塗り替えて印象を変えてしまうのも効果的。

f:id:yokoyumyum:20170516001824j:plain
出典:https://jp.pinterest.com/pin/95560823325817653/


タイルの質感を活かしながら、色で遊べますよね。
目地の部分だけ、色を変えてみるのも面白そう。
ラフに仕上げるか、カッチリ塗るかで、見た目の印象も違ってきます。

f:id:yokoyumyum:20170516000108j:plain
出典:https://jp.pinterest.com/pin/95560823325817640/

ベタ塗り&ツヤの無いマット感もいい!

f:id:yokoyumyum:20170516000722j:plain
出典:https://jp.pinterest.com/pin/95560823325817647/

床やカウンターに合わせて、シャビーな風合い。
トーン低めの色味の方が、クールに仕上がります。

f:id:yokoyumyum:20170516001218j:plain
出典:https://jp.pinterest.com/pin/95560823325817635/

f:id:yokoyumyum:20170516090312j:plain
出典:https://jp.pinterest.com/pin/95560823325817660/

単調になりがちな空間に 


「何か物足りない・・」「変化を付けたい」そんな風に思うときは、
そこに無い「質感」を加えることで、雰囲気を大きく変えられます。

タイル以外に、ニッチを造ったり、ガラスを埋めてみるという方法もありかと。
オススメですよ、異素材MIX!

RECOMMENDこちらの記事も人気です