yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月、築31年の中古マンションを購入&フルリノベ。管理人ヨコヤムヤムが書く住まいと暮らしのキュレーションブログです。

小さくて大きな収納問題|モデムやルーターは隠したい!LANコンセントの移動場所

スポンサーリンク

普段は見えない場所。でも、確認しやすい場所に


置いておくだけのモデムやルーターが、見える場所にあるのって嫌じゃないですか?
(配線もごちゃつきますし)
リノベーション前の我が家は、LANパネルがリビングの入口にあり、そのまま使うとモデム&ルーターは丸見え状態。これは何としても避けねばと、リノベーションを機に、LANパネルは別の場所に移動しました。
ポイントは「普段は見えない場所、でも、確認しやすいところ」に移設すること。

隠したいモデムやルーター

リノベーションでWICに


新設したWICの天井に、LANパネルを移動。
棚板があるので、そこにモデム類を置いてます。

WICに移動させたLANパネル

↓ネットケーブルはこの配管を通ってWICに。

インダストリアルな電気とネット回線の配管

デッドスペースを活かす


我が家のWICは、寝室の隣に造ってます。
隣と言っても完全セパレートではなく、寝室とWICの間を壁で一部、間仕切りつつ、入り口は同じでドアもひとつ。

リノベーション後の間取り

この間取りであれば、ドアは通常外開きだと思いますが、普段、寝室&WICのドアは開けっ放しにするだろう・・ということを想定して、わたしたちは内開きに(図面は外開き)。

内開きにするとドア裏は隠れて見えなくなりますよね?(下記画像)
このデッドスペース的場所に、先程の画像のLANパネルがあり、そこにモデム&ルーターを置いています。

ドアのおかげで全く見えません。
確認したいときはドアを閉めればOK。特に不便なことはありません。
通信も問題なく、この配置は大正解でした!

リノベーションで新設したWIC

ついでに、

コンセントの数&TVの配線も


コンセントは多い方がやっぱり便利。
我が家もコンセントは増やしてます(リビングにDJブースを置きたかったので結構増やした気が)。
使わないコンセントもありますが、予備として余るくらいがちょうどいいと思ってます。

  • PCは何台?どこに置く?
  • スマホは?充電場所は幾つ必要?

などなど、新しい家のどの部屋でどんなことをするか、よくよくイメージしてみてください。

あとはTVの配線

模様替えしたときのことも考えて、我が家はリビングに2箇所、アンテナ端子を設けました。
ひとつだと配置によってはケーブルの延長が必要なこともありますもんね。それを隠すのも大変ですし。


スポンサーリンク

 

おわりに

電気やネット回線に関しては「専門業者でないと分からない」という工務店もあると思います。
壁や天井に配線すことを考えると、後からの工事は難しい・・って場合もあるので、
間取りを考えると同時に、コンセントの数やTV配線も決めちゃいましょう(家具や家電の配置をシュミレーションすると決めやすいです)。
配線問題、地味ですが、かなり大事だと思います!

RECOMMENDこちらの記事も人気です