60cm以上がポイント。失敗しないソファの選び方と座面の奥行問題

更新日:

ヨコヤム
リビングの主役となりうるソファ。購入するときはデザインもさることながら「座面の奥行」も大切です。
今回は、失敗しないソファの選び方、そして座面問題を見事クリアしたメンズライクな我が家の無垢ソファをご紹介します。
ヨコヤム

失敗しないソファの選び方

大人が寝られる大きなソファ

ソファの選び方

  • 座面の奥行が最低でも50cm以上あるソファ
  • 座面の硬さは普段の過ごし方に合わせる
  • 脚あり脚なしはメリットデメリットを確認したうえで決める

中古マンションを購入し、フルリノベーションしたのを機にソファを新調した我が家。

ソファ選びは「座面、デザイン、価格」という優先順位でした。

好みのデザインを満たすソファは多かったものの、座面問題をクリアするものは案外少なく……非常に苦労した思い出があります(笑)

ソファ選びに失敗しない方法は上記の3点。次項で詳しく解説します。

選び方1. 座面の奥行が最低でも50cm以上あるソファ

先ず、一番大切なのが座面の奥行です。

ヨコヤム
最低でも50cm、理想は60cm以上。理由は人の肩幅に関係します。

ソファは座るだけでなく寝転がることもあるはず。

となると、座面の奥行が肩幅同様では身動きが取れず、ソファから落ちてしまいますよね?

日本人の平均的な肩幅

  • 男性:約40cm
  • 女性:約35cm

また、男性が昼寝がする場合、幅は2メートル以上あると便利。

なお、座面の奥行が60cm以上あるとリラックス感が違います。
ヨコヤム

一般的なソファの座面の奥行は40〜50cmが平均的。60cm以上あれば、

  • 深く腰掛けられる(このほうがリラックスできます)
  • クッションなどを使えば奥行を狭くすることも可能

です。

選び方2. 座面の硬さは普段の過ごし方に合わせる

ヨコヤム
座面の奥行に続いて大切なのが「硬さ」。

ソファの座面には、硬いものと柔らかいものがありますが、どちらが良いのかは家での過ごし方によって異なります。

座面の硬さを選ぶポイント

  • 硬め:ソファに横になってテレビを見たり雑誌を読む人
  • 柔らかめ:ソファで昼寝や仮眠することが多い人

座面が柔らかいソファは体の重みで沈みやすいため、寝るときにはぴったりですが、本を読んだりテレビを見る際は不向きです。

選び方3. 脚あり脚なしはメリットデメリットを確認したうえで決める

3つ目のポイントは「脚あり」「脚なし」について。

わたしのおすすめは「脚あり」です。
ヨコヤム

脚ありソファは圧迫感がなく掃除もしやすいため、脚なしに比べ使いやすいのがメリット。

ですがその反面、脚なしソファはクッションに厚みが取れるため「座り心地は脚なしがベスト」とも感じます。

脚なしソファのメリットデメリット

フロアソファ

出典:Pinterest

脚なしのメリットデメリット

  • 重厚感がある(見た目の安定感)
  • 荷重が分散される
  • 床を傷付けにくい
  • 部屋の広さや雰囲気にマッチしないと重たい雰囲気になる
  • 通気性が悪い
  • 移動しにくい

脚ありソファのメリットデメリット

脚ありのメリットデメリット

  • スッキリとした印象
  • 衛生的で掃除がしやすい
  • 床が見えるぶん空間が広く見える
  • ソファ下を収納に使える

最終的には好みの問題ですが、脚なしにはデメリットがある反面、脚ありには特にデメリットが見当たりません。

強いて言うなら、床がクッションフロアの場合、跡が残りやすいという点でしょうか。

しかしながら、脚なしであっても多少の跡は付いてしまいます。

座面問題をクリアした無垢木の脚ありソファを購入

ナラ無垢材の脚ありソファ

出典:SabiSabi

前述した「座面の奥行問題」を見事クリアした我が家のソファがこちらです。

とてもシンプルなデザインですが、無垢材ならではの質感と安心感があり、とても気に入っています。

札幌の家具ブランド「SabiSabi(サビサビ)」でオーダー

我が家が購入したのは、札幌発の家具ブランド「SabiSabi(サビサビ)」のソファ。

サビサビは、天然木を使ったシンプルでナチュラルな家具が中心ですが、木材や生地の素材、色を変えれば、我が家のような部屋の雰囲気にもハマります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

失敗しないソファの選び方まとめ

ソファの選び方は前述のとおりですが、「設置する場所」と「パーツの買替えが可能かどうか」も大切です。

  • 座面の奥行が最低でも50cm以上あるソファ
  • 座面の硬さは普段の過ごし方に合わせる
  • 脚あり脚なしはメリットデメリットを確認したうえで決める

ソファの置き方と生活動線によっては、奥行が制限されることも中にはあります。

また、生地の張り替えや、クッションの交換が可能かどうかも大きなポイント。

デザイン重視だと機能が劣ってしまったり、価格重視にすることで「安かろう悪かろうな」商品もあります。

「デザイン良し」「機能良し」「価格良し」なソファを探すのは大変ですが、リビングの主役級となる家具のため、妥協することなく満足のいくものを選んでくださいね。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。 趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-おすすめ家具

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.