【PR開示】当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事内にプロモーションを含む場合があります。

クローゼットの奥行きは60cmがベスト!WICの奥行きも紹介

クローゼット 奥行き
ヨコヤム
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

マンション・戸建てを問わず、クローゼットで気になるのが「奥行き」ですよね。

そこでこの記事では、一般的なクローゼットとWIC(ウォークインクローゼット)のベストな奥行きをご紹介します。

くわえて「正直、使いづらい」と感じる我が家のクローゼットについても触れていますので、奥行きについて気になる方は、ぜひ参考にしてください。

ヨコヤム
ヨコヤム

結論!クローゼットの奥行きは60cmがベスト

一般的なクローゼット

クローゼットの奥行きに明確な定義はないものの、一般的には高さが180~230cm、奥行きは45cmと60cmの2タイプが多いです。

ヨコヤム
ヨコヤム
そして、結論からお伝えすると、クローゼットの奥行きは60cmがベストといえます。

大人の肩幅の平均は約45cmなので、奥行きが仮に45cmの場合は、ハンガーに掛けた衣服と扉が干渉してしまうかもしれません

その点、奥行きが60cmあれば、冬物のダウンなどを吊しても扉を開け閉めしやすいです。
ヨコヤム
ヨコヤム

奥行きが60cmあると衣装ケースを置きやすい

ヨコヤム
ヨコヤム
扉のあるクローゼットの場合、奥行きが60cmあれば、中に衣装ケースを置くこともできます

例えば「無印良品」では、サイズ違いで数種類の衣装ケースがありますが、奥行きは最小で「44.5cm」です。

この場合、クローゼットの中には置けない可能性があります。

また、「ニトリ」の場合は、衣装ケースの奥行きが最小で55cm(※)となっています。

※衣装ケースではなく「チェストタイプ」であれば奥行きが40cm以下の商品もあります

クローゼットに布団を収納する場合は75〜80cmの奥行きが必要

一般的なサイズの布団を三つ折りにすると、奥行きはおおよそ75~80cmになります。

ヨコヤム
ヨコヤム
そのため、布団を押入れではなく「クローゼットに収納したい」という場合は、奥行きが75~80cm必要です。

しかしながら、奥行きが深くなると布団を収納しやすい半面、それ以外のスペースがデッドスペースになりがちです。

さらに、奥に入れたものを取り出しにくいというデメリットもあります。
ヨコヤム
ヨコヤム

クローゼットの奥行きは80cmを超えると使いづらい!

一般的な押入れ

押入れの特徴

  • 一般的な押入れの奥行きは75cm
  • 中段が設置されている
ヨコヤム
ヨコヤム
そもそも押入れは、敷布団や掛布団を収納しやすい奥行きに設計されています。

ウォークインクローゼットなどの例外はあるものの、基本的には押入れのほうが収納力が高いです。

押入れにはハンガーパイプがない

押入れとの使い分けがおすすめ

  • クローゼットは衣類
  • 押入れは布団やあまり使わない大きなもの(扇風機、ストーブ、キャリーケースなど)

押入れは奥行きが深いうえに、ハンガーパイプがありません。

そのため、上記のように収納するものにあわせて、押入れとクローゼットを使い分けることをおすすめします。

ウォークインクローゼットであれば奥行きは40cm以上あれば問題ない

ウォークインクローゼットの通路幅

ウォークインクローゼットの場合は、衣服と扉の干渉を気にする必要がないため、奥行きは40cm以上あれば問題ありません。

しかし、画像のように両側にハンガーパイプを設ける場合は「通路幅」に注意が必要です。
ヨコヤム
ヨコヤム

ウォークインクローゼットは奥行きよりも通路幅に注意が必要

通路幅の目安

  • 衣服を一人で出し入れするなら60cm〜70cmあればOK
  • 通路で着替えをするなら100cm〜120cmが必要

ウォークインクローゼットは、文字どおり「人が歩ける(入れる)クローゼット」のことです。

ヨコヤム
ヨコヤム
そのため、衣服を収納するスペースに加えて、人が通れる動線の確保も必要となります。

衣服を一人で取り出すだけであれば、通路幅は60cm〜70cmで問題ありません。

一方、通路で着替えをしたり、二人が行き来する余裕を持たせる場合は、100cm〜120cmの通路幅を確保する必要があります。
ヨコヤム
ヨコヤム

【我が家の例】クローゼットの奥行きは40cm

リンベーションで新設したウォークインクローゼット

我が家のウォークインクローゼットです

こちらは、我が家のクローゼットです。

狭いながらも一応「ウォークインクローゼット」ですが、両側のパイプハンガーの奥行きは、ともに40cmとなっています。
ヨコヤム
ヨコヤム

通路幅が50cmだとクローゼットには一人しか入れない

通路幅が狭い我が家のクローゼット

繰り返しになりますが、ウォークインクローゼットは奥行きに加えて、人が通れる動線の確保が必要です。

ヨコヤム
ヨコヤム
しかし、我が家のウォークインクローゼットは、通路幅が50cmしかないため、中には一人しか入れません。
そのため「衣服の出し入れがスムーズにできるか?」と聞かれると、少々使いづらい部分があります。
ヨコヤム
ヨコヤム

クローゼットの奥行きは60cmがベスト!まとめ

まとめ

  • クローゼットの奥行きは60cmがベスト
  • 奥行きが60cmあると衣装ケースを置きやすい
  • ウォークインクローゼットの場合は奥行きは40cm以上あれば問題ない(ただし、ウォークインクローゼットは通路幅に注意が必要)

クローゼットを効率よく使いこなすには、奥行きを知ることが重要です。

たとえ奥行きが狭いクローゼットであっても、

  • 収納方法(高さを生かす、ラックを置くなど)
  • 押入れと使い分ける

の2つを実践すれば、それほど困ることはありません。

また、リフォームやリノベーション、あるいは注文住宅などでこれからクローゼットをつくる方は、奥行きだけでなく幅にも注目してみてください。

奥行きを深くするのではなく「幅を広げる」ほうが、居室スペースを圧迫することなく、より効率的で使い勝手のよいクローゼットになることもあります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!LSリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年東京から札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションしました。リノベと暮らしとインテリアに役立つ情報を更新中。専門誌やWeb媒体への寄稿・監修もしています。

-リノベーションの注意点
-