【PR開示】当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事内にプロモーションを含む場合があります。

寝室に吊り戸棚を!我が家の例と寝室の収納アイデア3選

吊り戸棚 寝室
ヨコヤム
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションをした我が家では、寝室に吊り戸棚を設けています。

寝室の様子や、吊り戸棚を設置した理由などについてまとめていますので、設置例を見たい方や具体的な使い方を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。
ヨコヤム
ヨコヤム

寝室に吊り戸棚を設置した我が家の例

寝室に吊り戸棚を設置した我が家の例

我が家の寝室です

ヨコヤム
ヨコヤム
では早速、我が家の寝室に設けた吊り戸棚について、ご紹介します!

寝室に吊り戸棚を設置した理由

寝室に吊り戸棚を設置した理由

寝室に吊り戸棚を設置した理由

  • 寝室が狭い
  • 収納スペースの確保

我が家の間取りは2LDK、広さは63㎡です。

夫婦ふたり暮らしなので、居住スペースとしてはちょうど良いものの、収納面では少々物足りないのが実情でした。

そのため、「少しでも多く収納をできるように」と考えたのが、吊り戸棚を採用した理由です。
ヨコヤム
ヨコヤム
ヨコヤム
ヨコヤム
また、我が家の寝室は狭く、ベッド以外の家具を置く場所も限られてしまうため「ならば天井を使えばいい」と思ったことも理由の一つです。

WIC(ウォークインクロゼット)との併用で収納力をアップ!

寝室に併設したWIC(ウォークインクロゼット)

リビング側から見た寝室(手前がWICです)

ご覧のとおり、我が家は寝室の横にWIC(ウォークインクロゼット)を併設しています。

WICは、衣類や季節家電で空きがないため、寝室側に吊り戸棚を設置し、収納力を高めています。

吊り戸棚のおかげで、マットレスカバーや毛布・タオルケットなどを収納でき、とても便利です。
ヨコヤム
ヨコヤム

洋室にあった吊り戸棚をリメイクして再利用

  • 吊り戸棚
  • 塗り替える前の吊り戸棚

寝室に設置した吊り戸棚は、もともと洋室にあったものを再利用しています。

丈夫な造りで「捨てるのはもったいない」と感じたため、「リメイクして再利用しよう」と思ったことも設置した理由の一つです。

ヨコヤム
ヨコヤム
チョークペイントで黒に塗り替えるとともに、吊り戸棚がきれいに収まるよう、寝室の広さもきっちり設計してもらい、天井に移設しました。

リノベーションの情報収集に

おすすめ



全国展開が心強い「リノべる。」

「リノべる。」の資料は、クオリティが高いと評判です。もちろん無料!

多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているので参考になります。リノベーションについて情報収集している方は、ぜひ無料の資料請求を活用してみてください。

リノベーションのことがよく分かる資料「RENOVERU FILE.」

寝室は「収納の使い分け」を考慮してリノベーションするのがおすすめ

  • 我が家の押入れ
  • リノベーション後の押入れ

マンションリノベーションでは、和室にある押入れをクローゼットに変更する方が少なくありません。

理由として「和室を洋室にするから」「押入れは見た目に古いから」などありますが、そもそも押入れには、クローゼットにはない利点があります。

ヨコヤム
ヨコヤム
一般的に、押入れは上下2段、または上中下の3段を使い分けられるため、衣装ケースや敷き布団など「奥行き」のあるものを置くスペースとして重宝します。

衣装ケースや布団は押し入れ、衣類はクローゼットに収納するのがベスト

押入れとクローゼットの違い

押入れとクローゼットの違いは、目的にあります。

押入れは、寝具や日用品などを収納する場所であり、クローゼットは衣類や靴を収納する場所です。

戸建てと違ってマンションは、収納スペースが限定されてしまうため、

  • 奥行きのあるものは押入れ
  • 吊り下げ収納する衣類はクローゼット

という使い分けができるとベストです。

我が家もリノベーションの際、「押入れをクローゼットにしたい」と考えましたが、今となっては「残しておいてよかった」と強く感じています。
ヨコヤム
ヨコヤム

リノベーションをお考えの方は、押入れとクローゼットの併用をぜひ、検討してみてください。

寝室収納のアイデア3選

寝室収納のアイデア3選

ポイント

  • ベッド下を生かす
  • 伸縮クローゼットを置く
  • 棚を設ける
ヨコヤム
ヨコヤム
寝室は、「ベッドを置く」もしくは「布団を敷く」場所が必要なため、収納家具を置きたくても置けないという方がいらっしゃると思います。

そこでここでは、寝室収納に役立つアイデア3つをご紹介します。

収納アイデア1. ベッド下を生かす

山善スマートフロア

山善スマートフロア

脚付きのベッドをお使いの方であれば、ベッド下を生かさない手はありません。
ヨコヤム
ヨコヤム

ベッド下専用の衣装ケースを使ったり、画像にあるような「スマートフロア」を使ったりして、空いたスペースを有効活用できます。

収納アイデア2. 伸縮クローゼットを置く

ヨコヤム
ヨコヤム
衣類が多い方や、クローゼットの広さが十分でない場合は、伸縮クローゼットを設置するのも一つの方法です。

「家に押入れしかない」という方も、伸縮クローゼットがあれば衣類を収納しやすいですよね!

収納アイデア3. 棚を設ける

寝室に置いた棚

楽天ROOMにも載せています

「寝室に本棚を置きたい」「書斎がない」という方は、棚を設ける手もあります。

我が家では、薄型のラックをベッドの近くに置いて本などを収納しています。
ヨコヤム
ヨコヤム

奥行きを浅くすることで圧迫感を軽減できるほか、背が低い棚であれば地震で倒れる心配もありません。

寝室に吊り戸棚を!我が家の例と寝室の収納アイデアまとめ

吊り戸棚といえば「キッチン」を想像する方が多いかもしれません。

しかしながら、家具を置くスペースが限られる寝室こそ、実は活用しやすいアイデアだと感じます。

ヨコヤム
ヨコヤム
天井であれば、床面積を減らすことなくスペースを確保できるため、限られた空間に収納場所を増やしたい時はもってこいです!

リノベーションの情報収集に

おすすめ



全国展開が心強い「リノべる。」

寝室に限らず、マンションリノベーションについて広く知りたい方は、無料の資料請求を活用してみてください。

リノベーションを成功させるにはまず、多くの事例を見ることが大切です!

人気の資料「RENOVERU FILE.」を見てみる

  • この記事を書いた人
yokoyumyum

ヨコヤムヤム

こんにちは!LSリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年東京から札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションしました。リノベと暮らしとインテリアに役立つ情報を更新中。専門誌やWeb媒体への寄稿・監修もしています。

-リノベーションの実例
-,