【PR開示】当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事内にプロモーションを含む場合があります。

マンションの収納が少ない!工夫ポイントと増やす方法を紹介

収納 少ない マンション
ヨコヤム
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

この記事では「収納が少ないマンションで工夫できること」「マンションで収納を増やす2つの方法」をご紹介します。

加えて、狭いマンションに住む我が家の収納方法もまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

収納問題は工夫次第で、必ず解消できます!

ヨコヤム
ヨコヤム

マンションの収納率は8%が目安

収納率とは

収納率とは、住宅の総床面積に対する収納スペース(クローゼットや押し入れ)の面積の比率のこと。

  • 一戸建て :13%以上
  • マンション:8%以上
ヨコヤム
ヨコヤム
皆さんは「収納率」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

収納率とは、住宅の総床面積に対する収納スペースの面積の比率のことを指します。

100㎡(平米)のマンションの場合は約4.5帖が目安になる

例えば

100㎡ ×0.08=8㎡(8㎡は約4.5帖)

例えば、100㎡(平米)のマンションの場合「床面積が100㎡なら8㎡以上は計画しましょう」ということになります。
ヨコヤム
ヨコヤム

8㎡は、約4.5帖くらいの広さです。

ただし、8%はあくまでも目安!

ヨコヤム
ヨコヤム
そのため、この数字をベースに収納計画を立てるほうが良いといえます。

我が家の例!収納が少ないマンションで実践したこと

我が家の収納率

63㎡ 2LDKのうち5.4㎡が収納スペース(全体の約8%)

  • 押入れ:約1畳(1.8㎡)
  • クローゼット:約2畳(3.6㎡)

我が家は、63㎡ 2LDKに夫婦ふたりで暮らしています。

「マンションの収納率は8%が目安」と前述しましたが、我が家は目安ギリギリの収納率となっています。
ヨコヤム
ヨコヤム

正直、「十分なスペース」とは感じませんが、なんとか工夫しながら収納しています。

【キッチン】ステンレスワゴンを使って収納スペースを増やした

キッチン 2550か2700

リノベーションを機に、壁付けにしたキッチンは「カップボードを置かない」「吊り戸棚もつけない」と決めていました。

そのため、収納スペースが非常に限定されています。

ヨコヤム
ヨコヤム
そこで工夫したのが、キッチンカウンター内の収納でした。

ステンレスワゴンを使って細々したものを収納しつつ、家電を置くスペースや作業台も確保しています。

ディノスで購入した家具がたいへん便利で、重宝しています。

【リビング】テレビボードではなくキャビネットを使った

テレビを置く場合、多くの方はテレビボードを使いますが、我が家はあえてキャビネットを選びました。

理由は、キャビネットのほうがテレビボードに比べて、収納スペースが多いからです。

キャビネットのおかげで、音響機器だけでなく、いろいろなものをしまえて非常に便利です。
ヨコヤム
ヨコヤム

【寝室】脚付きのすのこベッドを使ってベッド下を有効利用

商品が入った化粧箱を収納ボックスとして使える

我が家では、長年すのこベッドを愛用しています。

通気性を重視していることもありますが、ベッド下を収納スペースとして使える点も、すのこベッドを選んだ理由の一つです。

ベッドと引き出しが一体型になった家具もありますが、その場合はやはり通気性が気になります。

ヨコヤム
ヨコヤム
その点、すのこベッドであれば通気性を保ちながら収納もできるため、とても便利です。

収納が少ないマンションで工夫できること

ヨコヤム
ヨコヤム
ここからは、収納が少ないマンションで工夫できることについて、3つご紹介します。

1. 必要ないものを手放す

ポイント

  • 半年以上使わなかったものは捨てる
  • リビングなら雑貨類、水まわりは日用品など、カテゴリーを分けて手放す
  • 後悔しそうで不安な場合は「1ヶ月後にあらためて判断する」と決めて、一定の場所に保管しておく

まずは、家にあるものの中から「必要ないもの」を整理して、手放すことから始めてみてください。

「いつか使うかもしれない」ではなく「しばらく使っていないものは必要ないもの」と疑ってみるのがポイントです。
ヨコヤム
ヨコヤム

2. クローゼットと押入れを使い分ける

押入れとクローゼットの違い

押入れは、寝具や日用品などを収納する場所、クローゼットは衣類や靴を収納する場所です。

ヨコヤム
ヨコヤム
もし、押入れとクローゼットの両方がある場合は、それぞれを正しく使い分けましょう。

押入れとクローゼットの違いは「目的」にあります。

押入れには腰の高さくらいの「中段」があるため、寝具などを「置く」のに向いています。

一方、クローゼットには「バー」があるので、物を「掛ける」のが主な使い方となります。

3. 収納家具を使う

手っ取り早く、収納スペースを増やしたいときは収納家具が役立ちます。
ヨコヤム
ヨコヤム

例えば、「衣装ケースを使う」「突っ張り棒を使う」などです。

狭いマンションに役立つ収納家具4選

【押入れ】圧縮ボックス


圧縮袋と収納ボックスが、一体型になっているタイプであれば、持ち運びもしやすく便利です。

寝具はもちろん、衣類やぬいぐるみなどを収納するのに向いています。

【クローゼット】収納ワゴン


クローゼットの足下を有効活用したいときは、キャスター付きのワゴンがおすすめです。

バッグやトラベルグッズなどを入れておくのに、ちょうど良い大きさではないでしょうか。

【クローゼット】クローゼット下ハンガーラック


「掛ける」スペースを増やしたいときは、高さの低いハンガーラックが役立ちます。

上段にはジャケットやコート類を掛け、ハンガーラックにボトムスやスカート類を掛ければ、洋服をより収納できます。

【リビング】カウンター下収納庫


キッチンカウンターの下のスペースを使う手もあります。

扉があるため、書類や文具など、ごちゃごちゃしがちな物を収納するのにおすすめです。

コンテナを借りるのも一つの手

収納スペースを家の中だけに限定させず、レンタルボックスやトランクルームにしまう方法もあります。

家電や趣味の道具など、使う時期が限定されるものを、上記のように収納する人も少なくありません。

ヨコヤム
ヨコヤム
ちなみに我が家は、バイクガレージをレンタルしつつ、そこに普段使わないものを収納しています。

レンタルボックスやトランクルームを貸りるなら「加瀬倉庫」が便利

バイクガレージをレンタルしながら、自宅に置けないものを収納しています

マンションの収納スペースが少なく、今以上ものを減らせない方は、レンタルボックスやトランクルームを検討してみてください。
ヨコヤム
ヨコヤム

実際に我が家では、マンションに置ききれない荷物を、レンタルしているバイクガレージに収納しています。

バイクがメインではあるものの、キャンプ道具などを置いておけるのは、非常に便利です。

加瀬のレンタルボックスの特徴

ポイント

  • レンタルボックス、トランクルーム、ガレージ倉庫、バイクヤードと種類が多い
  • キャンペーンが格安
  • 契約がネットで完結する

加瀬のレンタルボックスは、全国展開しているとあって、口コミも多数あります。

キャンペーンに魅力を感じて契約した人や、ネットで手軽に契約できる点を評価している人が多いです。

一方、解約に関する不満の声も少なくないため、検討している方は解約条件を事前にしっかりチェックしてください。

低評価の口コミ

借りるのは簡単でも解約には不手際がある印象です。

解約届をFAXで送っても電話での対応に不信感がありました。

解約の連絡し、解約手続き完了したにもかかわらず、賃料が引かれる。

加瀬倉庫は借りないで違う所で借りることをオススメします。

引用:みん評

高評価の口コミ

安くて使いやすい。出し入れを頻繁にするわけではないので不便は感じません。
キャンペーンがすごい。もともとも安いんですよここは。

さらに半額とか無料のキャンペーンがかなりあります。即日使えることも大きいメリットになってますね。

自宅の荷物をスッキリさせる!

 

マンションの収納が少ない!工夫ポイントと増やす方法まとめ

まとめ

  • マンションの収納率は8%が目安
  • 必要ないものは手放す
  • クローゼットと押入れを正しく使い分ける
  • レンタルボックスやトランクルームを活用する

マンションの収納不足を解決するためには、その原因を考え、そのうえで適切な収納アイテムを取り入れることが大切です。

「いらないもの」を手放すと、心にゆとりができリラックスできる環境が整います。

また、「気持ちをリセットさせる」効果もあるため、ものを増やさないよう無駄なお金を使わずに済むかもしれません。

ご紹介した工夫点を参考に、快適なマンションライフを送りましょう!

YouTube動画


リショップナビ【公式】にて我が家のリノベーション事例が公開されています

\買ってよかったものをまとめています/

  • この記事を書いた人
yokoyumyum

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入し、フルリノベーションしました。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。住まいに関する記事の寄稿、監修もしています。最近はメキシコに興味津々!旅に関する記事も更新中です。

-リノベーションのアイデア
-