アクセントウォールにはタイルが効果的!我が家の施工事例とおすすめの活用法

投稿日:

ヨコヤム
アクセントウォールの素材には、壁紙(クロス)以外に木材やレンガ、タイルなどがあります。その最大の魅力はクロスには出せない立体感や存在感!この記事では、我が家が実際に取り入れたブリックタイルの施工事例と、アクセントウォールの活用法をご紹介します。

アクセントウォールとは

アクセントウォールは、読んで字のごとく部屋のなかでアクセントとなる壁を指します。

面積の大きい壁は、一部の壁の色や柄を変えるだけでも雰囲気が変わるため、最近では賃貸の物件にもよく見られますよね。

壁紙(クロス)であれば工事は簡単。その手軽さも魅力の一つです。

また、アクセントウォールを取り入れることで空間にフォーカルポイントを作ることもできます。

アクセントウォールで得られる効果

アクセントウォールで得られる最大の効果は、部屋の雰囲気を一気に変えられる点にあります。

白やベージュが多い住宅の壁紙に、アクセントウォールを加えるだけで空間にメリハリや生まれ、壁の存在感が増すだけでなく、その周りに置く家具などのアイテムも引き立ちます。

「空間にフォーカルポイントを取り入れたい」ときは、アクセントウォールを採用するが一番手軽な方法です。

アクセントウォールの素材

アクセントウォールの素材には様々あります。

もっとも取り入れやすいのはクロスですが、木材やレンガ、石などの素材もおすすめです。

  • 壁紙
  • 木材
  • レンガ
  • タイル

なかには調湿効果のある素材もあり、採用することによってデザイン性だけでなく機能面でも効果を得られる場合があります。

ただし、素材によって工事内容や金額は異なるため、好みと予算に合わせて素材選ぶすることをおすすめします。

アクセントウォールにかかる費用

価格が一番安いのはクロス。そのほかの素材はクロスの倍以上かかることも珍しくありません。

参考

クロス:6帖で約5〜10万円
タイル:6条一間の一面あたり約20万円

【我が家の施工事例】アクセントウォールにブリックタイルを採用

中古マンションを購入し、フルリノベーションした我が家では、リビングの一角にアクセントウォールとして「ブリックタイル」を採用しました。

ブリックタイルは、セメントやモルタルにレンガを混ぜたもの。一枚一枚違うテクスチャーがこのタイルの魅力です。

ブリックタイルを採用した理由

我が家ではLDKの全てと玄関をゼオライトの塗り壁にしています。

そのため、アクセントウォールにクロスを使うのは不釣り合い。

また、立体感と同時にインパクトのある素材は何だろう? と考えたとき、設計士さんから提案されたのがブリックタイルでした。

ヨコヤム
壁紙(クロス)では出せない質感と立体感がブリックタイルの魅力だと感じています。

アクセントウォール活用法

【おすすめ1】取り入れやすいのはキッチンなどの水まわり

タイルのあるキッチン

出典:Pinterest

全く違う表情のタイルを組み合わせて使うのも雰囲気がありおすすめです。タイルであればDIYで取り付けることもできます。

下記はダイニングの事例。壁の白さと茶褐色のコントラストが空間に映え、明るい雰囲気になっています。

ダイニングに使われたブリックタイル

出典:Pinterest

【おすすめ2】タイルを貼って塗り替える

  • タイルの上から塗装

タイルを貼ったあと、それを「塗る」という方法もあります。手間は掛かりますがこれもおすすめです。

タイルそのままの状態を楽しむのはもちろん、塗り替えて印象を変えてしまうのも効果的。

また、目地の部分だけ色を変えてみるのも面白そうです。ラフに仕上げるかカッチリ塗るかで見た目の印象も違います。

下記のように、ツヤの無いマットな塗料でべた塗りするのも素敵ですよね!

床やカウンターに合わせてシャビーな風合いにしたり、トーン低めの色味を採用すると全体的にクールな雰囲気に仕上がります。

  • f:id:yokoyumyum:20170516001218j:plain
  • f:id:yokoyumyum:20170516090312j:plain

アクセントウォールまとめ

「部屋に何かが足りない……。」「空間に変化を付けたい」と思うときは、そこに無い「質感」を加えることで雰囲気を大きく変えられます。

アクセントウォールにプラスして、ニッチを造ったりガラスを埋め込むと空間により立体感を持たせられます。

おすすめですよ、異素材MIX!

今月の人気記事TOP5

1

「安くておしゃれなテレビ台が欲しい」「脚付き脚なしのメリットデメリットは何?」この記事では、テレビ台の正しい選び方とともに、我が家も愛用している家具とインテリアのブランド「LOWYA(ロウヤ)」から、今おすすめのテレビ台をまとめています。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

3

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 4

実際にレンタルを体験した「サブスクライフ」の特徴と競合他社5社との比較も合わせ、サブスク家具の全容をまとめています。この記事を読めばサブスク家具の全てをお分かりいただけるはず。

5

「テレワークを猫に理解させるのは不可能に近い」です(苦笑)であれば、猫も楽しめるテレワーク環境を作ってみてはいかがでしょうか? と思い今回は、ロウヤの猫家具おすすめ6選をご紹介。LOWYA(ロウヤ)の猫家具は実に秀逸です。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.