レインズは一般公開されている? 住宅購入者必見の不動産情報サイトまとめ

更新日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

レインズとは不動産業者のみが利用できるウェブサイトのこと。

一般公開はされておらず、不動産を売買したいエンドユーザーが個別に閲覧するのは不可です。

そこでこの記事では、レインズを直接見られない理由、レインズに代わる不動産情報サイトをご紹介します。

ヨコヤム

知っておきたいレインズの基礎知識

知っておきたいレインズの基礎知識

「指定流通機構」と呼ばれるレインズは、前述のとおり不動産業者のみが利用できる不動産情報サイトのこと 。

1988年にスタートし、国土交通大臣から指定を受けた東日本、中部圏、近畿圏、西日本の4つの「指定流通機構」が運営しています。

ヨコヤム
マンションを購入する際「どこの不動産会社に行っても同じ物件を見せられる……」こういう場面に遭遇することがあります。

これはレインズを使って、不動産会社同士が情報交換しているから。

レインズは不動産情報をサイトに登録することで、買主(または売主)を見つけやすくするのが目的です。

その仕組みを次項で詳しくご紹介します。

レインズを利用できるのは誰?

レインズを利用できるのは、指定流通機構に会員登録をしている不動産会社だけ。
ヨコヤム

そのためエンドユーザー(個人)が不動産情報を登録したり、直接見ることはできません

情報を検索したい場合は、不動産会社を通じて閲覧します。

レインズの仕組み

レインズの仕組み

出典:reins

  • 売主:レインズ登録済の不動産会社に物件の売却を依頼→不動産会社がレインズに情報を登録
  • 買主:レインズ登録済の不動産会社に物件の検索を依頼→不動産会社がレインズで情報を検索

レインズは売主買主それぞれから依頼を受けた不動産会社の間で、物件情報の提供と物件検索をリアルタイムに行っています。

レインズに登録される物件とは

レインズは売りに出された物件全てが掲載されるわけではありません。

ヨコヤム
と言うのもレインズに登録されるのは「専任専属媒介契約」の物件のみだからです。

専任専属媒介契約とは、物件の売却を1社の不動産会社とのみ契約すること。

一方、売主が何社でも売却の仲介を依頼できる「一般媒介契約」の場合は、レインズに物件を登録する義務はありません(依頼すれば登録可能)

専任契約した不動産会社の能力によっては、物件が売れないこともあり得るため、買い手を見つけやすくするために誕生したのがレインズです。
ヨコヤム

レインズのメリット

  • 売却の場合:レインズを通じて複数の不動産会社に買い手を探してもらうことができる
  • 購入の場合:レインズを通じて多くの物件情報を見られる

不動産会社を通じてしか閲覧できないレインズですが、売り手買い手それぞれのメリットは上記。

レインズのデメリット

ヨコヤム
一方デメリットは「両手仲介のために情報が開示されない」点にあると、わたしは思います。

次項で詳しく見ていきましょう。

片手・両手と言われる仲介手数料の罠

不動産会社は「仲介手数料」によって利益を得ます。

上記は2パターンある仲介の仕組みを説明したもの。

二種類ある仲介手数料

両手仲介

  • 売り手と買い手の両方から、報酬(仲介手数料)を受け取ること

片手仲介

  • 売り手または買い手のどちらかから報酬(仲介手数料)を受け取ること

レインズに登録されるのは、物件の売却を1社の不動産会社とのみ契約する「専任専属媒介契約」のみ。

となると売却を依頼された会社は、なるべく自社で売却契約を成立させたいですよね?
ヨコヤム

なぜなら自社で売却を完結できれば、売主と買主の両方から仲介手数料を得られるからです。

反対に他の不動産会社を挟む場合は、売主からの仲介料しか得られず、買主からの仲介料は他の不動産会社に入ってしまいます。

ヨコヤム
実際にわたしもレインズを使って物件検索をしましたが、希望する物件をまともに内覧できたのは、なんとゼロ。

「他者と交渉中のため」などを理由に断られますが、実際のところは両手報酬を受け取るために、意図的に情報を隠すからだと思います。

両手仲介が生む「囲い込み」

両手仲介が生む「囲い込み」

売主と専任専属媒介契約を交わした不動産会社が、他社からの紹介依頼に応じなかったり、情報を開示しないことがあります。

これがいわゆる「囲い込み」です。

レインズによくあるパターンとわたしの体験談

step
1
不動産屋(仲介業社)でレインズを見る

step
2
物件の紹介を登録元に依頼する

step
3
「現在、商談中です」と断られる

本当に商談中のこともあるとは思いますが、このパターンが実に多い……。

もはや中古マンション市場に蔓延しているのでは? とさえ感じます。

全ては「両手仲介」のせいではないかと。

レインズが一般公開されない理由は、不動産会社の利益を守るためだと考えられます。

ヨコヤム
「これでは当てにならない」そう感じたわたしたちは、物件探しの途中でレインズを見るのはヤメにしました。

レインズに代わる情報サイト

レインズは前述のとおり不動産を通じてのみ閲覧、検索できるサイトですが、現在は個人も閲覧できる情報サイトがあります。

これにより個人も実質、レインズ同様の情報を見られるようになりました。

1. 不動産ジャパン

出典:不動産ジャパン

不動産ジャパンは、ほぼ全国の不動産仲介業者が今まで個別に運営していた物件情報を、一元的に検索できるようになっています。

「不動産会社に行くのは手間」「レインズと併用して物件探しをしたい」という方は、不動産ジャパンで物件検索してみてください。

 

2. レインズマーケットインフォメーション

出典:レインズマーケットインフォメーション

不動産ジャパンの他に、レインズに登録している不動産会社で実際に行われた不動産取引の価格情報が検索できるサイトもあります。

「不動産売買の料金相場を知りたい」という時は、「レインズマーケットインフォメーション」でリサーチしてみましょう。

 

3. マンションナビ

マンションナビ

出典:マンションナビ

マンションナビは、全国47都道府県の中古マンション相場を知ることができるサイト。

マンション名を入力するだけで「売却」と「賃貸」の両面から査定価格を知ることが可能です。

  • 売却編:マンションの売却が得意な不動産会社に出会える
  • 購入編:マンションの売却額は購入時の相場目安にもなる

これにより賢く売却できるだけでなく、中古マンションを購入する際の相場チェックにも役立ちます。

 

レインズまとめ

レインズまとめ不動産業者しか直接扱えないレインズですが、ご紹介のとおり現在はレインズ同様の情報が一般公開されるようになりました。

不動産売買は、取引価格相場などの情報収集が大切。

そのため、不動産売買をお考えの方はぜひ活用してみてください。

また、レインズに見る「囲い込み」の悪しき慣習は、今後もきっと変わらないとは思いますが……マンション購入は人生の中の一大イベント。

こういった業界事情も頭に入れつつ、賢く、良い物件を手に入れられるようにしてください。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-中古マンションの注意点
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.