レインズって知ってます⁈ なぜ一般公開されないの?不動産業界のカラクリとは

投稿日:2019年2月8日 更新日:

ヨコヤム
「不動産情報が登録され、不動産業者のみが利用できるWEBサイト」。これがレインズと呼ばれるものです。一般公開はされておらず、マンションを買いたいエンドユーザーは、直接見ることができません……。これは何故なのか? その理由についてまとめます。

レインズとは

レインズとは

レインズを簡単に説明すると、「不動産情報が登録され、不動産業者のみが利用できるWEBサイト」というろころでしょうか (正確には「指定流通機構」と言います)。

ヨコヤム
分譲マンションを探す際、「どこの不動産屋に行っても同じ物件を見せられる……。」こういう場面に遭遇することがありますが、これはレインズを使って、不動産会社同士が情報交換しているから。

物件情報を交換することで、買い手を見つけやすくするのが目的です。

レインズに登録されるのは「専任媒介契約」の売却物件のみ

レインズに登録されるのは「専任媒介契約」の売却物件のみ

レインズには、売りに出された物件全てが掲載されるわけではありません。

レインズは本来、売却の契約を1社としか結ばない売主のリスクヘッジのためのもので(専任契約した不動産会社の能力によっては、売れないこともあり得るので、買い手を見つけやすくするためのもの)、一般媒介の場合は(複数の不動産業者に売却を依頼すること)登録義務はありません(依頼すれば登録可能)。

片手・両手と言われる仲介手数料

両手仲介の仕組み

「売り手と買い手の両方から、報酬(仲介手数料)を受け取ることを両手」、「売り手 or 買い手のどちらかから報酬を受け取ることを片手」と言います。

仲介業者は、これで儲けている訳ですが……。
片手だけならまだしも両手というのが厄介!

ヨコヤム
その理由は……両手報酬を受け取るために、意図的に情報を隠するからです。

日本の不動産業界はエンドユーザー軽視

日本の不動産業界はエンドユーザー軽視

レインズが一般公開され、エンドユーザーも見ることができれば、多くの物件を知ることができるだけでなく、仲介業者を通さなくても済みますよね?

が、しかし、これができない理由は「仲介業者の利益を守るため」だから……!

両手仲介が生む囲い込み

専任媒介契約をされた不動産会社が、自社で買い手を見つけることができれば、売り手と買い手の両方から報酬を得られます。

レインズへの登録義務があっても、他社からの紹介依頼に応じなかったり、情報を開示しないことがありますが、これを「囲い込み」と言います。

レインズによくあるパターン

不動産屋(仲介業社)でレインズを見る→物件の紹介を登録元に依頼する→「現在、商談中です」と断られる。

本当に商談中のこともあるとは思いますが、このパターンが実に多い……。

中古マンション市場に蔓延しているのでは? と感じてしまいます。
全ては「両手仲介」のせいかと。

ヨコヤム
わたしも中古マンションを購入する際、物件探しには苦労しましたが、それでも途中でレインズを見るのはヤメました。

きっと今後も変わらない……悪しき商慣習

レインズに見る悪しき慣習は、今後もきっと変わらないとは思いますが……マンション購入は、人生の中の一大イベントのため、こういった業界事情も頭に入れつつ、賢く&良い物件を手に入れられるようにしてくださいね!

「両手仲介」という、悪しき商慣習なんて無くなればいいのに……!笑

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-マンション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.