VERYやLEEに並ぶ部数!辛口評価のテスト雑誌「LDK」人気の秘密

更新日:

ヨコヤム
「雑誌が売れない時代」と言われる昨今。にも関わらず……創刊3年で部数が倍増したという生活雑誌「LDK」。正直、これまで興味のなかった雑誌ですが(笑)なぜ売れるのか? その理由を徹底検証してみます。

この時代に20万部売れる雑誌「LDK」

女性目線、そして主婦目線な雑誌「LDK」。
タイトルにある「VERY」や「LEE」同様、ターゲットは30代〜40代の主婦層です。

※「VERY」や「LEE」はファッション誌、「LDK」は生活雑誌のためジャンルは異なります

ヨコヤム
「なぜ VERYやLEEと比較するのか?」。その理由は、この2誌が人気の雑誌だからです!by 日本雑誌協会によるデータ

趣味嗜好・ライフスタイルによって明確に細分化される雑誌とあって、人気誌それぞれのターゲット像や違いを先ずは説明します。

主婦向け雑誌の棲み分け

リッチママ系雑誌

  • VERY
  • STORY
  • Mart

この3誌に共通するのは、「経済的に余裕があり、結婚&出産をしたあとも都会暮らしを楽しみたい女性」という点。比較的、時間や経済力に余裕のある方がターゲットです。

カジュアルママ系雑誌

  • LEE
  • saita

リッチママ系とは反対に、「無理をせず、等身大で(またはリーズナブルに)ファッションを楽しみたい女性」というのが、この2誌のテーマ。

生活雑誌「LDK」はカジュアルママ向け

「LDK」は、ファッション誌ではなく生活雑誌ですが、どちらかというと上記でいう「カジュアルママ系」の読者層と重なると思います。リッチママ系層には、あまり支持されない気が……。

また、創刊3年で部数が倍増したということは、それだけ読者が増えたということですよね?

カジュアルママに分類される主婦層を中心に、もしかすると一人暮らしの女性や、その他の年代の読者が増えたのかもしれません。

広告に左右されない記事作りが「LDK」の売り?!

雑誌なのに広告収入が無い

雑誌LDK

出典:fujisan

雑誌なら必ずあるはずの「広告」が、LDKにはありません。

純広告と呼ばれるページや編集タイアップ記事が見当たらないのです……。これには正直、驚きました。

広告で成り立っていると言っても過言ではない今の雑誌。広告収入が無いとなると、雑誌が売れない限り売上は立ちません。

これが編集タイアップ記事(自社の商品やサービスを特定の媒体に記事として取り上げて(書いて)もらうこと)であれば、好きに書くことは不可能(広告主も原稿に目を通すので「悪い評価」にOKは出しません)。

広告収入が無いということは、広告主に左右されないということ。つまり、好きなことを書けるということ! 雑誌の世界において、これはかなり大きな違いのはずです。

テストに割く時間が多い

特集毎に取り上げるアイテム数の多さにも驚きます。毎回、かなりの数を検証している様子。

ひとつひとつ実際に使ってテストする手間と労力が誌面に反映されているため、読者にウケるのも納得です。

歯に衣着せぬ辛口評価

誌面では「え?ホントに?」な辛口評価が多く見られます。

広告に左右されず良い悪いをハッキリ書くことが消費者目線につながり、結果、それがファンを増やしている要因に繋がっているのかもしれません。まとめると、

広告に左右されない編集部(消費者)目線の記事
ストレートな評価
テストアイテム数の多さ

が、LDK人気の理由と言えそうです。

憧れより共感を求める雑誌の読者

ひと昔前とは違い、読者が雑誌に求めるものが憧れから共感に変わっているような気がします。

ただでさえ、雑誌が売れない時代。実用的で有益な情報を得られないなら、わざわざ雑誌を買う読者は減る一方です。

そんな時代に創刊3年程で部数倍増は、そうそうないこと!
どんなジャンルにも言えますが、女性を味方につけると強い……ですよね(笑)ネタ切れが気になるところ……ですが今後もときどきチェックしてみようと思います。

今月の人気記事TOP3

1

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

【おしゃ家ソムリエおしゃ子】絶妙な突っ込みが癖になるインテリア漫画 2

2017年4月にこのブログでご紹介した「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」に関する記事を、2年以上が経った今、リライトを加えて再び公開します。何度読んでも飽きないおしゃ子の絶妙な突っ込みを、ぜひ皆さんにもお読みいただきたいです!

ベストバイ 3

ファンヒーターや加湿器の製造販売で有名なダイニチ工業から、2019年9月新しいハイブリッド式加湿器「LXシリーズ」が発売されました。ハイエンドモデルのため決して安くはないお値段ですが、「今年は本気で加湿する」というわたしの願いを見事叶えてくれた優秀アイテムをご紹介します。

-ライフスタイル

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.