インテリアはカラースキームで決まる。色彩計画の基本と使い方のコツ

更新日:

ヨコヤム
インテリアというと家具や雑貨をイメージしがちですが、表現したいスタイルにとって一番重要なのは「カラースキーム(色彩計画)」です。
戸建もマンションも、内装の基本はここにあり。そこで今回は、カラースキームの基本と我が家の導入例をご紹介します。
ヨコヤム

カラースキーム(色彩計画)とは

カラースキーム(色彩計画)とは

イラストに描いていただいた我が家のリビングダイニング

ヨコヤム
カラースキーム(色彩計画)は、インテリアの色彩を計画的にコーディネートすることを指します。

インテリアを決める大事な要素となる壁、床、天井は、このカラースキームをもとに考えましょう。

カラースキーム(色彩計画)の基本

カラースキームは、「ベースカラー」「テーマカラー」「アクセントカラー」の3種類と、その配分を考えることからはじまります。

ポイント

  • 空間の60%:ベースカラー
  • 空間の30%:テーマカラー
  • 空間の10%:アクセントカラー

ベースカラーの基本|主張しない色がベスト

【ベースカラーの基本】主張しない色がベスト

床・壁・天井など、部屋の60〜70%を占めるベースカラーは「主張しない色」がベストです。
ヨコヤム

代表的な色は白やアイボリー。

無難ともとれる色ですが、どんな色にも合わせやすく馴染ませやすい点においては「失敗」の少ないチョイスといえます。

テーマカラーの基本|好きな色をチョイス

【テーマカラーの基本】好きな色をチョイス

ヨコヤム
テーマカラーは、カーテンやラグ、ソファなどのメイン家具に関係します。

空間のイメージを決める色のため、好きな色を選んでOKですが、色相の違う色を何色も取り入れるのはNG。

なるべく同系色にまとめ、トーンを合わせるほうが統一感を持たせられます。

アクセントカラーの基本|目を引く強い色を選ぶ

【アクセントカラーの基本】目を引く強い色を選ぶ

空間にメリハリを付けるアクセントカラーは、クッションや雑貨などがこれにあたります。
ヨコヤム

空間の10%程度ではあるものの、ベースカラーやテーマカラーには無い色をチョイスすることで、インテリアの完成度がグッと増します。

色の特性を知る

色には暖色、寒色、進出色に後退色、膨張色や収縮色とありますが、ここでは代表的な色について、その特性をまとめます。

白は空間を広く見せられるため、賃貸・分譲を問わず住宅に用いる方が圧倒的に多い色です。

黒やグレーは白に比べ重たい印象を受ける色ですが、一方で落ち着きのある空間を演出できます。リビングダイニングには向かないため、書斎やワークスペースに採用するのがベスト。

赤やオレンジなどの暖色は、北向きの部屋や子供部屋におすすめです。暖かみのある色であるものの、膨張色は狭い空間だと息苦しく感じる場合もあります。

青や水色は、気持ちを穏やかにさせる効果があるため、取り入れるなら寝室がおすすめ。オフィスの内装にもよく使われます。

リノベーションとともに考えた我が家のカラースキーム

2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションした我が家。ここからは、自宅を例に実際のカラースキームをご紹介します。

ベースカラーを3色3素材に使い分ける

我が家では、下記のように色彩計画を考えました。壁・床・天井それぞれで1色ずつ変えています。

  • ベースカラー:白|グレー|茶
  • テーマカラー:黒
  • アクセントカラー:グリーン

塗り壁に白、天井はグレー(コンクリートのスケルトン天井)、無垢フローリングはナラ材をチョイス。

ヨコヤム
一般的に、壁と天井を同じ色にする方が多いですが、そうでない場合もトーンを揃えることで違和感は無くなります。

また、床から天井に向かって明るい色味をチョイスするほうが、空間は広く明るく見せられます。

アクセントカラーはファブリックで遊ぶ

  • 店舗なしでも買いやすい。LOWYA(ロウヤ)で見つけたテレビボード

我が家のアクセントカラーは「グリーン」としていますが、ラグやクッションカバーで変化を取り入れるのもおすすめです。

配色の比率は「空間全体の10%」と前述しましたが、たったの10%でも、あると無いのとでは空間のメリハリが全く異なります。

ヨコヤム
「部屋がさみしい」「物足りない」と感じるときは、アクセントカラーに注目してみてください。

カラースキーム(色彩計画)まとめ

インテリアコーディネートに、色彩計画は欠かせません。

「こんな部屋にしたい」というイメージを固めたあとは、ご紹介した「ベースカラー」「メインカラー」「アクセントカラー」を具体的に決めてみてください。

また、ベースカラーやメインカラーはその面積が広いため、どんな色を使うかによって部屋が広く見えたり狭く見えたりします。

好きな色を選ぶだけでなく、「色が与える広さの感覚」についてもあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。 趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-リノベーションの基礎知識
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.