ローバーチェアを室内で。テレワークにもおすすめのアウトドアチェア

投稿日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

使い勝手の良さと無駄のないデザインで人気のローバーチェア。

オリジナルは高騰中……のため我が家はリプロダクトを購入しています。

この記事ではアウトドアにもインドアにも使えるローバーチェアの魅力と、おすすめポイントをまとめます。

ヨコヤム

イギリス生まれのローバーチェアとは

イギリス生まれで人気のローバーチェア

出典:Pinterest

ヨコヤム
ローバーチェアの「ローバー」は、車載装備の椅子としてイギリス軍の「ランドローバー」に積まれていたことに由来します。

使い勝手の良さと無駄のないデザインで現在もファン多数。

アパレルの店舗やディスプレイに使うショップも度々見掛けます。

ローバーチェアの人気の理由

ポイント

  • 折りたためて便利
  • ビジュアルが良い
  • キャンバス生地のため体にフィットしやすい

フォールディングチェアとして今もなお存在感を増すローバーチェア。

人気の理由は上記の3つにあります。

アウトドアギアを選ぶ際、どんなアイテムであっても「収納性」は無視できないはず。
ヨコヤム

ローバーチェアはその点、折り畳んでもわずか12cmというスリムさです。

またキャンバス生地、金属、木という異素材の組み合わせも「見た目の良さ」に関係しています。

オリジナルのローバーチェアとリプロダクトの価格

ローバーチェアにはオリジナルとリプロダクトの2種類があります。

ヨコヤム
オリジナルの相場は1脚約2〜3万円。しかも最近は価格が高騰しています。

一方、リプロダクトは1脚約8,000円。

「年に数回しか使わない」「自宅で主に使いたい」という方は、リプロダクトで十分です。

忠実に再現されたリプロダクトのローバーチェア

忠実に再現されたリプロダクトのローバーチェア

折り畳めば場所もそれほど取りません

オリジナルに比べると、ご覧の通りの「新品感」にがっかりしますが仕方ありません。

とは言えど、コットンキャンバスの座面にアルミフレーム、そしてウッドの肘掛け。

無骨ですがどこかに「品」を感じますよね。
ヨコヤム

ローバーチェアを室内で使う理由

ローバーチェアの魅力

我が家は外でも中でもローバーチェアを愛用中

我が家ではキャンプだけでなく、室内でもローバーチェアを使っています。理由は3つ。

  1. 来客時の椅子として使える
  2. インテリアに映える
  3. 折りたためるため邪魔にならない

1. 来客時の椅子として使える

ローバーチェアは本来、アウトドアで使用する椅子ですがインドアでも十分使えます。

ダイニングやリビングで椅子として普段使いするのはもちろん、ユーテリティやクローゼットにもおすすめです。

椅子の上に洋服を載せたり、荷物を一時的に置いたりと、座る以外の使い方ができるのもメリット。

2. インテリアに映える

ダイニングテーブルにセットしたローバーチェア

KEAのフォールディングテーブルと一緒に置いてみました

ローバーチェアは、アウトドアギアでありながら一般的なキャンプ椅子にはない素材使いも魅力の一つ。

そこが、インドアに映えるポイントであり、インテリアを邪魔しないデザインの秘密のような気がします。

普段「ダイニングテーブルは置かない」と決めている我が家ですが、数年前に使っていたIKEAのフォールディングテーブルと一緒に置いてみました。
ヨコヤム

まるで「MA-1」な配色ですが偶然にもサイズはバッチリ。

ローバーチェアを「味らせる」ために、このまましばらく使ってみようと思っています。

3. 折りたためるため邪魔にならない

ヨコヤム
ローバーチェアは、車載用のモバイルチェアとして使われていただけあり収納性が高いです。

折り畳んだときの厚みは、前述のとおり約12cm。

背もたれが直角に近いため、はじめのうちは座りにくさを感じますが、使っていくうちに生地が馴染んでいきます。

自分仕様の座り心地にしていくのもまた、楽しみの一つと言えるはず。

最近ではテレワークにも大活躍。キャンプテーブルとセットで使っています。
ヨコヤム

室内でも使えるローバーチェアまとめ

使い込むことで魅力と存在感が増すローバーチェア。

普段は室内で使いながら、キャンプにも活用しつつ、良い「味」を出していこうと思います。

楽天で買う

 

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-おすすめインテリア 
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.