名作椅子12選。有名チェアに見るデザインの歴史とインテリア事例

投稿日:2019年3月26日 更新日:

ヨコヤム
「好きな椅子をひとつだけ教えて」と質問された場合、皆さんはパッと答えられますか? わたしは即答できません(笑)それほどまでに魅力的なプロダクトが多い家具といえば椅子!ということで今回は、数ある名作チェアの中から、今もなお高い評価を受けるデザイナーズチェアについて、その特徴をまとめます。

[1]バウハウスを代表するデザイナーズチェア

ドイツ語で「建築の家」を意味するバウハウ。
工業デザインや建築・家具のデザインなどを教える学校で、1919年に設立されました(学校名でもありデザインそのものを指すこともあります)。

ナチスによって閉校されてしまいますが、そのわずか14年間の活動は現代美術に大きな影響を与えたと言われています。

ミース・ファン・デル・ローエ/バルセロナチェア

ミース・ファン・デル・ローエのバルセロナチェア

出典:Pinterest/チーク材の家具やアンティークな空間と相性◎なブラウン。モダンながらもどこか温かみを感じますよね。

そんなバウハウスの名作椅子といえば、カンティレバー(片持ち)のチェスカチェアや、革張りのバルセロナチェアではないでしょうか。

当時は珍しかった「スチールパイプ」を使った機能性・量産をテーマとしたモダンデザインが特徴です。

マルセイ・ブロイヤー/チェスカチェア

[2]スカンジナビアンモダンを代表するデザイナーズチェア

ハンス・J・ウェグナー/Yチェア

ハンス・J・ウェグナー Yチェアを使ったインテリア事例

出典:Pinterest/ダイニングチェアとして使う方が多いYチェア(手前)ナチュラルなインテリアにハマる椅子ですが、奥に見えるセブンチェアのブラックも効いて程良く引き締まった印象に。

スカンジナビアンモダンといえば、アイコン的存在の「Yチェア」や「ピーコックチェア」、あるいは「パイミオチェア」など自然素材を使ったシンプルなデザインが特徴ですが、そうでないものも多くあります。

アルバー・アアルト/パイミオチェア

アルネ・ヤコブセン/エッグチェア

アルネ・ヤコブセン エッグチェアを使ったインテリア事例

出典:Pinterest

重たくなりがちなレザーも真っ白な空間であればあるほど映えます。抜群の存在感。

アルネ・ヤコブセンのアントチェア(アリンコチェア)を使ったインテリア事例

出典:Pinterest

アルネ・ヤコブセンの「アントチェア(アリンコチェア)」も個人的には好きです。
こちらは形成合板&スチールパイプ。

[3]アメリカンモダンを代表するデザイナーズチェア

エーロ・サーリネン/チューリップチェア

エーロ・サーリネン チューリップチェアを使ったインテリア事例

出典:Pinterest

アメリカンモダンを代表する椅子は、ステンレスやアルミ・プラスチックが特徴的。
バウハウスのように大量生産を前提とした椅子が多くデザインされました。

こちらは、北欧モダンにもアメリカンポップにも、はたまた純喫茶のような空間にもハマる「チューリップチェア」。

同じFRP(繊維強化プラスチック)ではヴェルナー・パントンのパントンチェアも有名です。

[4]イタリアンモダンを代表するデザイナーズチェア

ジオ・ポンティ/スーパー・レジェーラ

ジオ・ポンティ スーパー・レジェーラ

出典:Pinterest

造形の面白さが特徴とされるイタリアンモダン。
ビビッドな色をシンプルに使うという特徴もあります。

画像の「スーパー・レジェーラ」は、ご覧のとおり指1本で持ち上げられるほど軽い椅子。

普通の椅子に見えますが「高品質な普通の椅子」と呼ぶのが正しいかと(笑)カール・ラガーフェルドが持つとこれまた一段と素敵です!

[5]ジャパニーズモダンを代表するデザイナーズチェア

柳宗理バタフライスツールを使ったインテリア事例

出典:Pinterest/きっと、どこに置いても絵になる&使えるバタフライスツール。和洋問わず空間にハマる優秀家具のひとつかと。

1950年代以降発展してきたと言われる日本のモダンデザイン。
日本ゆえ和にも合うデザインが魅力のひとつです。

柳宗理/バタフライスツール

新居猛/ニーチェアX

豊口克平/スポークチェア

おわりに

比較的簡単に取り入れやすい家具=椅子。
お値段が張るものも多いですが、手の届く範囲の中で「名作」と呼ばれる椅子たちを集めていくのも楽しそうです。

どれもこれも素敵で目移りしちゃいますが、わたしも先ずは一脚、買い足そうと思います。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-インテリア
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.