マンションリノベーションの全行程をブログで公開。ビフォーアフター実例集

投稿日:2019年6月15日 更新日:

ヨコヤム
2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。それを機にブログを始めたこもあり、リノベーションに関する相談は年々増えていると感じています。そこで今回は、わたしたちが実際に体験したマンションリノベーションの流れ全てを、ビフォーアフターで振り返りながらまとめたいと思います。

スケルトンリフォームとも言われるフルリノベーション

スケルトンリフォーム(フルリノベーション)の様子

解体中の我が家

住居の一部を改修するのがリフォーム。反対に、間取り変更を含む大掛かりな工事をリノベーションと言います。

また、リノベーションは「スケルトンリフォーム(またはフルリフォーム)」と呼ばれることもありますが、どちらも意味は同じです。

スケルトンリフォームとは

スケルトンリフォーム(フルリフォームまたはフルリノベーション)は、住居の内装や設備を取り払い、専有部のほぼ全てを丸裸=スケルトンにすることを指すリフォームのこと。
設備の交換やクロスの張替えなど、部屋の一部をリフォームする工事と比べかなり大掛かりな作業になりますが、スケルトンにすることで間取りや水まわりの変更が可能になるため、リフォームの自由度は格段に高くなるのが特徴です。

要は「躯体以外の全てを解体し、また作り直す」という行程を含むか含まないかの違いが、リフォームとリノベーションの大きな違いということになります。

スケルトンリフォームって実際どうなの?メリット・デメリットを経験者が語ります

スケルトンリフォームは実に面白い!ですが、メリット・デメリットを充分に理解したうえで工事に挑みましょう。その理由をヨコヤムヤムが語ります。

続きを見る

築31年63平米の中古マンションリノベーション

リノベーション前のリビング

リノベーション前のリビング

わたしたち夫婦が購入した中古マンションは築31年(2016年当時)広さ63平米・3LDKという間取りでした。

不動産業者による買取再販物件だったため、室内はリフォーム済の状態。

「これが逆梁アウトフレーム工法だったら…」と無い物ねだりしたくなりますが、ご覧の通り梁と柱が張りだす典型的な昭和時代のマンションです。

リノベーションNGな場所はどこ?中古マンションの物件探しはココを見よう!

マンションの構造・管理規約・周辺のロケーション、そしてリノベの希望プラン。物件探しは主にこの4つに注意しながら進めましょう。

続きを見る

3LDKだった間取りを2LDKに変更

リノベーション前の間取り

Before

リノベーション後の間取り

After

工事は解体・再生・内装・美装・検査の5段階

解体後の床

戸建住宅とは違い、工事の様子を外からは一切見ることのできないマンションリノベーション。

ビフォーアフターを見る前に、まずは工事の流れに目を通してみてください。ここでは工事の行程を5段階に分け、時系列で振り返ります。

1. まずは解体

2. はじまる再生

3. 表れる家の骨格

4. 見て楽しい内装工事

5. 美装工事と施主検査

部屋別に見るリノベーションのビフォーアフター

ここからは画像とともに各部屋ごとの様子をご紹介します。

1. キッチンのビフォーアフター

もとは独立型で暗かったキッチン。壁付けなのは変わりませんが、オープンの状態にしつつ、間仕切り代わりにもなるカウンターを造作しました。

キッチンリノベーションの疑問

マンションリノベーションの一番の悩みどころといえばキッチン。

あえて壁付けにした理由や、サイズダウンによるメリットデメリット、無垢フローリングのことや生活感を無くすための工夫まで、それぞれ詳しく書いています。

リノベーション後のキッチン
2700mmからのサイズダウン。システムキッチンの間口2250mmは狭い?

キッチンの間口を2700mmから2250mmにサイズダウンした我が家。「2250mmなんて狭いでしょ」と突っ込みをくらいそうですが、意外や意外!これが使いやすいんです。決して強がりではありません(笑)

続きを見る

キッチンに無垢フローリングは向かないはウソだった⁉︎ 水まわりにこそ無垢床を!

リビングに無垢床を取り入れる方は多いですが、水まわりにこそ無垢だと感じます(調湿効果もありますし)コストは多少かかりますがその恩恵は大きいかと!

続きを見る

<収納>吊り戸棚もカップボードも必要なし。I型 壁付けキッチンをスッキリ見せるコツまとめ

吊り戸棚は必要?水切りかごは要らない?食器や家電の収納はどうする?そんな疑問にお答えすべく、リノベーションで壁付けキッチンにした我が家の収納法や見せ方についてまとめています。

続きを見る

マンション買ってリノベーション!23日目|壁付けキッチンにした理由

アイランド・ペニンシュラ・L型。今や対面式キッチンが主流ですが、リビング側に水がはねたり、料理中の匂いがリビングに伝わりやすい…ですよね? リノベーションでは迷いに迷って壁付けを採用!「イマドキ壁付け?」と言われそうですが、その理由をまとめています。

続きを見る

2. リビングのビフォーアフター

Before

After

壁を取っ払い、カーペットは無垢フローリングに変更。

クロスではなく塗り壁にし、天井は現し(スケルトン天井とも言います)にしています。二重天井をやめたことで、天井高は40センチ以上高くなりました。

Before

After

朝と夜、光の加減で雰囲気の違いを楽しめるのも塗り壁の魅力。わたしたちは見慣れて分かりませんが、塗り壁もクロスのように年々すこしづつ色味は変わっていきます。

リビングリノベーションの疑問

前述しましたが我が家の天井は表し状態。梁も配管も配線も同様です。

「表し天井(スケルトン天井)って上階の音はどうなの? 寒くはないの?」とよく聞かれます(笑)

また、ブラインド選びの疑問や無垢フローリングについてのお悩みについてはこちらをご覧ください。

素材感が活きる!スケルトン天井コンクリート現しのメリット・デメリット

コンクリートの表し天井にした我が家。壁や床と同じく天井も部屋を印象付ける大事な要素なんです!

続きを見る

失敗しない無垢フローリングの選び方。無垢床材は施主の性格に合わせよう!

人気の無垢フローリングですが、メンテナンス(傷の修復、オイルを塗る、隙間掃除)は必須。愛を持ってお手入れ出来ない方・自信のない方にはおすすめしません。どんな無垢材が自分に合うのか、針葉樹と広葉樹の違い&特徴から見てみましょう。

続きを見る

リビングの掃き出し窓
バーチカルブラインドはニチベイのアルペジオ。取り付け方と機能について

種類や機能が様々ある縦型ブラインドの中で、我が家が選んだのはニチベイのアルペジオ。この記事ではブラインドの生地や取り付け方法・実際の使い勝手についてまとめています。フルオーダーにかかった費用も公開。

続きを見る

リビングの室内窓(インナーウィンドウ)
メリットしかない!室内窓インナーウィンドウのすすめと活用事例

コンクリートの現し天井やDJブース・天井から吊ったアイアンラックなどなど、リビングには幾つかのアクセントを盛り込みましたが、少しでも空間を広く明るく感じられるよう考えたのが今回ご紹介する室内窓(インナーウィンドウ)でした!

続きを見る

壁面収納がおすすめ。リノベーションでDJブースをリビングに!

リノベーションをする際「DJブースの設置はリビングがマスト」と決めていた理由はとてもシンプル。友達と一緒に宅飲みする機会も多いので、好きな音をセレクトしながらお酒を飲みたいじゃないですか(笑)あとはなるべく広い空間で音を出したい(楽しみたい)から!

続きを見る

3. 寝室とウォークインクローゼットのビフォーアフター

Before

After

室内窓を設けた壁の向こう側が寝室です。ここにウォークインクローゼットを併設しています。

After

After

予算の都合上、凝ったことは特にしていない寝室ですが、ブラックに塗り替えて再利用した吊り戸棚がアクセント!

寝室リノベーションの疑問

我が家の寝室は至って普通。でもってウォークインクローゼットも狭いです(笑)

でもそれは始めから分かっていたし、それで充分と思っていました。その理由は下記に書いています。

寝室の間取り
夫婦の寝室は何帖が理想?室内窓で仕切る寝と食

LDKに隣接させた寝室のコンセプトはシンプル&コンパクト。今回は我が家を例に、広さ・間取り・方角・機能・内装の各ポイントをまとめます。

続きを見る

増やさない、造らない、そして減らす。63平米のマンションリノベ収納術

2LDK63平米のコンパクトな我が家。あればあるほど便利と思われがちな収納スペースですが、大切なのは使い勝手とライフスタイルに合うかどうかです。

続きを見る

また、意外と思われがちですがネット回線もウォークインクローゼットに設置しています。

リビングだとルーターや配線を隠すのに一苦労しません?来客が入ることのない寝室ならそれも気にならないのでおすすめです。

小さくて大きな収納問題。モデムやルーターは隠したい!LANコンセントの移動場所

モデムやルーターが見える場所にあるのは嫌!リノベーションを機に変更した我が家の配線&設置方法をご紹介。

続きを見る

4. 洗面台のビフォーアフター

Before

After

洗面台に限っては自力でカスタムしています。

マンション購入当時、売主さんが交換してくれたものの、嫌で嫌で仕方なかったユニット洗面台を、入居1年後にセルフリノベ。

造作のクオリティとはいかないまでも、以前よりはだいぶマシになったと思います。

DIYしたユニット洗面台
ユニット洗面台はイヤ!ダサいミラーキャビネットを既製品以上・造作未満にリメイク

新品に交換されたユニット洗面台でしたが日に日に嫌だという気持ちが強くなり…ならば自力でやるっきゃない!とプチリフォームを決意。

続きを見る

おわりに

工事開始から約1ヶ月半で完成した我が家のリノベーション。

ほぼ毎日通っていたので(笑)どの工程も自分の目で見ることができました。これは本当に貴重な体験。

ただし…リノベーションに浮かれて、工事前の写真をほとんど撮っていなかったことを今更後悔しています(泣)

また、リノベーションは良いことばかりでもありません。我が家は幸い大きなトラブルは無かったですが、それでも失敗したことは幾つかあります。

みなさんが同じ失敗をしないで済むよう、後悔談についても合わせてご覧ください。

これは失敗?リノベーションでやれば良かったと思う5つのコト

リノベーションには満足しているつもりでも無いものねだりしちゃうんですよね、ときどき(笑)これからリノベーション or 家づくりする方にはぜひ参考にしていただきたい!

続きを見る

リノベーションの失敗談
ちょっと後悔!リノベーションの失敗談。冷蔵庫問題と諦めた造作洗面台

63平米・築31の中古マンション購入&フルリノベーションで後悔したこと&失敗例をまとめています。

続きを見る

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(37歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

-工事記録
-,

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.