中古マンション × リノベーション事例紹介「暮らすキロク」maikoさん編

投稿日:2018年12月12日 更新日:

ヨコヤム
「インテリアから見る暮らしのカタチ。暮らしかたに学ぶリノベ術」をヨコヤムヤムが紐解いていくインタビュー企画。今回は『暮らすキロク』を運営するブロガー兼整理収納アドバイザーの ' maiko ' さん(札幌在住)にお話を伺いました!

Q1. 「暮らすキロク」maikoさんの自己紹介

リノベーション実例インタビュー008

maikoさん:はじめまして。maikoと申します。
札幌で整理収納アドバイザーとして「暮らすイロイロ」を主宰しています。2015年に築30年超のマンションを購入し、リノベーションしました。

Q2. リノベを決めた理由

maikoさん:マイホームを持つなら、自分たちの好きなようにしたいというのが絶対条件でした。札幌という土地柄、冬の生活を考えてマンションを希望していたので、初めから「マンション+リノベーション」一択でした。

ヨコヤムヤム:マンションであれば、共用部分(駐車場やエントランスなど)は、管理会社や管理人 or 専門業者が除雪するケースがほとんどなので、自力で雪かきする必要がないんです。

北海道の冬はとても長いため(約半年間、冬ですから・・。)毎日の雪かきは本当に大変。この点、冬はマンションが楽と言えます!

Q3. リノベーションのテーマ

maikoさん:「白い箱」。造り込み過ぎず、これだけは必要、というものだけで構成したいと考えました。

Q4. 施工はどちらに?

maikoさん:リノベ札幌株式会社 / RENOVES(リノベス)さんです。
リノベーション終了後も親しくしていただき、整理収納アドバイザーの仕事でコラボさせていただくこともあります。

ヨコヤムヤム:施工事例が豊富&テイストも様々で、札幌では定評のあるRENOVESさん。リノベーション後も、お仕事でご一緒できるなんて素敵ですよね!

Q5. 間取りのビフォーアフター

  • リノベーション前の間取り
  • リノベーション後の間取り

Before → After

Q6. 広さとリノベーション予算

約88平米・約700万円

Q7. リノベした家のココが好き

[1]4LDKをワンルームに

4LDKをワンルームにしたリノベーション事例

maikoさん:4LDK→ワンルームにリノベーションしたところです。広々していて気に入っています。全面に取り入れたナラ無垢の床材も気に入っています。

[2]造作キッチン

造作のこだわりキッチン

maikoさん:キッチン周りも、造作などでこだわりました。このキッチンと床材に、大半の費用がかかっています。費用のかけ方は、こだわりのある部分とない部分で、意識してメリハリをつけました。

ヨコヤムヤム:リノベーションの予算は、広さもさることながら「間取り」にも大きく関係します。新たに造る部屋の数が多いほど、壁の設置・クロス・建具が必要になる=費用が掛かります。

思い切ってワンルームにすることで、全体の金額を抑えながら「ここは!」と思ったところに予算を投入するのも、ひとつの方法です。

Q8. リノベした家のココが嫌い

北欧テイストなインテリア

maikoさん:予算の関係上、なるべく費用をかけないようにした、トイレ・浴室・洗面スペース。特に浴室は、賃貸などに使われていることが多い、安価なユニットバスを採用しました。納得はしていますが、もう少し思い通りにできたらよかったなと思うことがあります。

おわりに

斜めに配置されたキッチンと広々としたリビング

「造りこみ過ぎない白い箱」というテーマの通り、程よいリズムが調和するmaikoさんのお宅。キッチンカウンターの面材や床のナラ無垢材、家具に至るまで、見事なトーンと統一感ですよね!さらには、壁や天井の「白」が効き、空間がより広く感じられます。

インテリアや雑貨は、付け足す楽しさも魅力ですが「余白を残す」ことも大事。空間の中で喧嘩しないようバランスを取るのは、簡単なようで難しい・・。これも、整理収納アドバイザーでもあるmaikoさんだからこその使い方・見せ方なんだと納得です。

そんなmaikoさんのブログがこちら。こだわりのキッチンや、収納に関する情報満載&ヒントがたくさん詰まってます!

maikoさんのブログとInstagram

暮らすキロク
maiko (@kurasuiroiro) • Instagram

自宅整理収納セミナー・出張整理収納サービス・その他お仕事のご依頼
kurasukiroku@gmail.com

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-取材|お宅訪問
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.