ベストバイ 暮らし

着けて楽しいDRESSEN(ドレッセン)のエプロンと食べて美味しいLOVEパクチーソース

投稿日:

パクチーが入っていないパクチーソース

パクチーと名が付く商品なのに、実はパクチーが入っていない「LOVEパクチー SAUCE」。

「世界一パクチーに合う」をテーマに作られたものですが、パクチーに合わせて使うとより美味しく、無くても充分に楽しめる万能ソースは、今や我が家に欠かせない調味料となりました!

パクチーマンのイラストも秀逸

パクチーソースを開発した自称パクチーマンのイラスト。ソースの美味しさもさることながら、商品のパッケージ、この世界観もまたツボでして。大事ですよね、こういうところ!

LOVEパクチーソースのパッケージデザイン

DRESSSEN(ドレッセン)とラブパクのコラボ

エプロンブランドのDRESSSEN(ドレッセン)

普段、エプロンを使わないくせして(笑)前々から欲しいなぁと思っていたところ・・なんと、プレゼントキャンペーンに当選!

LOVEパクチーソースのプレゼントキャンペーンに当選
プレゼントキャンペーンで当たったドレッセンのエプロンとLOVEパクチーソース

パブパクを使ったオリジナルレシピを投稿するというインスタでの企画を見つけるやいなや、すぐさま応募。「きっとハズれるだろうなぁ・・」と思っていたので、当選の連絡には思わずガッツポーズしちゃいました(笑)

インスタでのラブパクキャンペーン

定番メニューのフォー

プレゼントキャンペーンに応募したときの画像がこちら。

LOVEパクチーソースを使ったフォー

フォーが好きなので、LOVEパクチーソースを入手して以来、食べるときは必ずラブパクを使っています。前半はソースを入れず、出汁の味を楽しみ、後半にソースを投入。味がガラリと変わるので、これがもう癖になるんです。

炒めものにもおすすめ

普段と違う味付けにしたいときにもおすすめのラブパク。苦手な野菜があれば、ソース多めで炒めてみてください。パンチ強めのお味なので、ソースが多ければ多いほど、ほぼラブパクオンリーの味になります(笑)

セロリのように癖のある野菜ですら、その味をかき消してもらえます!(そうなるのが嫌な場合は少なめに)。

おわりに

「パクチーにいちばん合うソース」という前提ではありますが、もはやパクチーがあってもなくても、とにかく美味しいラブパク。この世界観を是非一度味わっていただきたいです。わたしも引き続き、レシピを研究したいと思います。

RECOMMENDこちらの記事も人気です

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨコヤムヤム

ファッション系広告代理店を経て、2012年東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベの体験をもとに、住まいやインテリアに関するお役立ち情報を発信中。フリーライター兼ライフスタイルリフォームアドバイザーとして、2018年10月フリーへ転身しました!

RECOMMEND

1

無印良品が考える家づくりのカタチ・暮らしの提案とは何か。そして、無印良品のリノベーション「MUJI INFILL 0(ムジ インフィル ゼロ)」に込められた無印良品イズムとは?を、ヨコヤムヤムがショールームに伺い直接取材させていただきました。

2

簡単リメイクで、初心者の方にもオススメのDIY。こうすればニトリだとは気付かれまい!

3

バーチカルブラインドの最大のメリットは『デザイン性』。カーテンにはカーテンの良さがありますが、わたしたちは何と言ってもバーチカル。

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.