yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





知っておきたい!自然素材でカラダにやさしい塗り壁材『ゼオライト』の魅力まとめ

この記事をシェアする

塗り壁材ゼオライトとは


リノベーションした我が家では、玄関・リビング・キッチンの3箇所を、ゼオライトの塗り壁にしています。

ゼオライトはギリシャ語で「ゼオ(沸騰する)」「ライト(石)」。
世界で産出される鉱石であり、日本では北海道・秋田・岩手・宮城・福島・島根で産出します。

冷蔵庫の消臭剤など、身近な使用例に加え、福島の除染にも使われるなど、幅広い用途に応用できる自然素材。
それほど有害物質(ホルムアルデヒドなど)の吸着性能が高い自然素材です。

秘密は、表面に小さく細い穴が沢山あり、その穴に有害物質が吸着されます。
さらに、空気中の湿気を閉じ込めたり放出したりするため、調湿機能にも優れた性能を発揮します。
https://kenzai-digest.com/azwall/

リノベーションでゼオライトの塗り壁に

ゼオライトのメリット・デメリット

1. 調湿・消臭効果

実際に住んでみて、消臭効果の高さには驚き!です。匂いが気になる料理をしても、次の日には元通り。扉も何もない我が家のシューズラック(玄関)ですら、匂いが気になったことは一度もありません。

玄関の塗り壁天井とリビングのコンクリート天井

湿度に関しては、まだあまりピンと来ませんが(札幌は湿度が低く過ごしやすいので)夏の「むわっ」とした感じは、今のところ未体験。その代わり、

2. 良い香りも吸収されます

新居に越して間もない頃の、無垢床の香りが懐かしい・・。残念ながら、良い香りも消えてしまうゼオライト。お気に入りのディフューザーを置いても、あまり意味がありません(笑)

 

3. 表現力の高い左官仕上げ

なんと言っても、このテクスチャーが塗り壁の魅力。

ゼオライトで塗った壁

立体感を感じられるよう、わたしたちは動きのある塗り方にしていただきました。

職人が塗るゼオライト

4. コスト面は△

一番ネックなのが価格かもしれません。通常のクロスに比べると、やはり割高。

なので、一部の部屋のみを塗り壁にする方が圧倒的に多いかと。

また、専門的な技術が必要と言われますが、DIY感覚で塗ってみたいという方は、一度相談してみてください(粗い仕上がりでもOKという方でないと、あとで後悔するかも・・!)

インナーウィンドウ(室内窓)

まとめ

  • 調湿 / 消臭効果&化学物質の吸着機能に優れている(アレルギー体質の方にも安心)
  • 石膏ボードやクロスに直接施工可能
  • 亀裂に強い

クロスにした部屋と比べると、その機能性は一目瞭然。それでいて見た目にも◎なゼオライト。優秀です!

RECOMMENDこちらの記事も人気です