リビングにゴミ箱は置かない。メリットデメリットを徹底解説

投稿日:

リビングゴミ箱置かない
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

風水をきっかけに、リビングからゴミ箱を撤去した我が家。

この記事では「リビングにゴミ箱が無いと不便では?」「リビングにゴミ箱がないメリットは?」と疑問を抱く方に向け、その詳細をまとめます。
ヨコヤム

リビングにゴミ箱がないと不便では?という疑問について

我が家のリビング

我が家のリビング

そもそもリビングで過ごす間、ゴミが出るのはお菓子を食べたときや、ティッシュを使ったときくらいですよね?

「リビングにゴミ箱が無いと困るのでは?」と、はじめは迷ったものの、キッチンに集約したゴミ箱へ捨てれば良いので慣れてしまえば平気です。
ヨコヤム

リビングからゴミ箱を撤去した理由

2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションした我が家。

リノベーションを機にリビングからゴミ箱を撤去しました。

ヨコヤム
理由は風水と見た目。

風水ではゴミは邪気を放つものとされ、ゴミ箱の蓋はその邪気をシャットアウトする存在、と見られています。

こうして聞くと「蓋付きのゴミ箱なら良いのでは?」と思うかもしれません。

ですがキッチンならともかく、リビングに蓋付きのゴミ箱を置くのは見た目にどうだろう……と感じませんか?

リビングにゴミ箱を置かないメリット

ゴミ箱がないリビング

リビングには一つもゴミ箱を置いていません

リビングにゴミ箱を置かないメリット

  • ゴミの回収の手間が減る
  • リビングがスッキリする
  • 掃除機をかけるのが楽

リビングにゴミ箱を置かないメリットは主に3つあります。

メリット1. ゴミの回収の手間が減る

ゴミ箱を減らせば当然、あちこちと部屋をまわってゴミを回収する必要がありません。

そのためゴミの収集日も楽。

少しの違いですが忙しい朝の時間、パパッとゴミをまとめるにはゴミ箱が多くては大変です。
ヨコヤム

メリット2. リビングがスッキリする

脚付き家具で統一したリビング

我が家は家具を脚付きで統一しています

ヨコヤム
リビングに限りませんが「床に物が多い部屋」は、ごちゃごちゃした印象になりがちです。

リビングが狭ければ尚更。

リビングが少しでも広く見えるよう、家具を「脚付き」で統一している人は特に「ゴミ箱なし」がおすすめです。

メリット3. 掃除機をかけるのが楽

リビングからゴミ箱を無くすと、掃除機をかけるときも楽。

いちいち移動させる手間が省けるだけで、家事のストレスを一つ減らせます。
ヨコヤム

リビングにゴミ箱を置かないデメリット

デメリット. 来客時に不便を感じる

リビングにゴミ箱がないデメリットは来客時です。

ヨコヤム
自分や家族は良くても、お客様にはさすがに「キッチンまで行って捨てて欲しい」とは言えません。

そのため我が家では、来客時のみリビングにゴミ箱を置いています。

ひとり暮らし〜ファミリーに最適なゴミ箱のサイズ

フタ付ゴミ箱・KEYUCA(ケユカ)

出典:ダストボックス KEYUCA(ケユカ)

「ゴミ箱は家に一つだけ」という強者ミニマリストもいますが、これはなかなか難しいですよね。
ヨコヤム

分別を考えた場合キッチンだと少なくても2個、一般的には3〜4個というパターンが多いはずです。

一般的なゴミ箱のサイズは3.6L〜27L

サイズの目安

  • 単身:10L
  • 二人暮らし:15〜20L
  • 三人以上:30〜45L

一人暮らしから三人以上の家族に最適なゴミ箱のサイズは上記のとおり。

ヨコヤム
プラスチック製のゴミ箱が一般的ですが「ステンレスが良い」「見た目にこだわりたい」という方は後述するアイテムがおすすめです。

ゴミ箱をキッチンに集約した我が家

キッチンに集約したゴミ箱

右側に見えるステンレスワゴンの中にゴミ箱があります

我が家では14Lのゴミ箱をキッチンに3つ置いています。

  • 可燃ゴミ用
  • プラスチック用
  • 缶とペットボトル用
ゴミの分別を考えるとどうしても3つは必要ですが、言い換えればキッチンにこれだけあれば充分です。
ヨコヤム

シンクの三角コーナーも撤去

最近では三角コーナーを置かない家庭が増えています。

我が家もそう。

ディスポーザー付きのキッチンであれば必要ないですが、そうでなくとも都度ビニール袋に入れてゴミを捨てたり、生ゴミ処理機に入れれば特に問題ありません。

※ディスポーザーとは排水溝とセットになった生ゴミ粉砕機のこと

リビングにゴミ箱を置かない人におすすめ。ディノスのステンレスワゴン

ヨコヤム
風水から見るとゴミ箱は、プラスチック製よりも木製やステンレスのほうが良いとされています。

「どうせなら見た目に良いゴミ箱が欲しい」「匂い漏れのないゴミ箱が良い」という人は、ステンレス製のゴミ箱を検討してみてはいかがでしょうか。

実際に購入したゴミ箱付きのステンレスワゴン

ステンレス作業台ワゴン ダスト3分別

ステンレス作業台ワゴン ダスト3分別|出典:dinos

メリット. ゴミ箱がセットされており、作業台としても使える

ステンレス作業台ワゴンの良さはなんと言っても、ゴミ箱が外から見えないこと。

画像にあるとおり、扉を手間に引くと中にダストボックスが入っています。

ダストボックスが別売りではなく付属品なのも嬉しいポイントです。

メリット. オープンラックがありフライパンや鍋を置ける

ステンレス作業台ワゴンの高さは85cm。

身長155cmのわたしにはちょうど良く、ダストボックス上のオープンスペースにはちょっとしたものを置けるところも気に入っています。

我が家はD&DEPARTMENTの業務用ボックスを使って、細々したものを収納中。

普段よく使う鍋やお弁当箱など、さっと手に取りたいものを置くのにもちょど良いです。

デメリット. ゴミ箱の容量が14Lと少ない

ゴミ箱の容量が14Lのため、1〜2人家族以外には向きません。

我が家も以前は20Lのゴミ箱を使っていたため、すぐに満杯になりそうで不安です。

しかしながら、「ゴミ箱が見えない」そして「作業台も兼ねる」という点では、狭いキッチンにもってこいの便利家具。

ステンレス作業台ワゴンについて詳しく見る

 

ダストボックスのみのワゴンもある

ステンレス製ダストボックスワゴン 3分別タイプ

出典:dinos

ラックと一体型になったゴミ箱ではなく、単体でお探しの人にぴったりなのがこちら。

2分別タイプもあり、キッチンの広さに応じて選べます。

キャスター付きのため掃除も楽です。

中に付属されているゴミ箱は外して洗えます

 

リビングにゴミ箱は置かないまとめ

家にあって当たり前のゴミ箱ですが、「部屋ごと」に置く必要はありません。

「リビングからゴミ箱を撤去する」と決めた方は、この機会にキッチンのゴミ箱を見直してはみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-リノベーションのアイデア
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2022 All Rights Reserved.