マンションは何階がいいの?高層派 vs 低層派で分かれる意見&タワーマンションに感じる違和感

投稿日:2019年2月7日 更新日:

低層・中層・高層・超高層はそれぞれ何階?

明確な定義はないようですが、10階前後で高層マンション、20階以上で超高層マンション=タワーマンションと呼ぶそう。

低層マンションは3階前後、6階前後が中層マンションとなります。

タワーマンションの階数格差問題

タワーマンションに住んだことはないですが、実際に「格差」はあると思います。

高層階と低層階で販売価格が違う以上、階数格差は無くならないような気がしますが、今や日本の社会そのものが格差を生み出しているわけで。この問題はタワマンに限った話でもないような・・。

タワーマンション

高層階〜超高層階のメリット

  • 眺望が良い
  • 外から部屋の中を見られることがない
  • 虫が出にくい
  • コンシェルジュサービスがある
  • エントランスが広い
  • 共用施設/共用設備が充実している
  • 24時間ゴミ出しOKの場合が多い
  • セキュリティがしっかりしている

高層階〜超高層階のデメリット

  • 地震や火事のとき避難が大変
  • エレーベーターの乗り降りに時間がかかる
  • 風が強い
  • 地震が起きた時は揺れやすい
  • ネット回線の繋がりが悪い
  • 南向きの部屋は夏とても暑い
  • 洗濯物をバルコニーに干せない
  • 子供が高所平気症になるかもしれない

共用施設/共用設備が充実

ゲストルームやスカイラウンジ、ジムやキッズルームなどタワーマンションにはあると便利な施設が多いです。が!施設や設備が充実しているほど管理費は高くなります。

専有部の設備も充実

一般的なマンションに比べ、タワーマンションは共用部同様、専有部の設備も充実しています。

各住戸にディンプルキーが採用されていたり、キッチンにディスポーザーが付いていることも多いです。

高層階〜超高層における健康被害の有無

中古マンションを買うにあたり、絶対低層階!と決めていたわたしたち。超高層は候補に入れず、実際に購入したマンションは8階建の4階です。

メリットデメリットは様々ありますが、一番気になったのは高層階における健康被害の有無(※これには諸説あります)。

もちろん、高層階に住むひと全員が病気になるわけではなく、高層階でも平気な体質とそうでない体質があるようです。

日当たりが悪ければ、低層階であっても健康被害は起こり得ますが、それ以上に高層階は懸念点が多い気が。

低層階〜中層階のメリット

  • 1階 or 2階(階下が駐車場など)の場合は子供が居ても安心
  • 地震や火事のとき避難しやすい
  • 地震が起きても揺れにくい

低層階〜中層階のデメリット

  • 1階 or 2階の場合は防犯面が心配
  • 日当たりが悪い場合もある
  • 外から部屋の中を見られやすい

低層高層に関係なく共通する民泊問題

2017年に民泊新法が制定されたとはいえ、こっそり民泊を行うオーナーもいます。投資用としてマンションを所有している人に多い?のかもしれません。

マンションの管理規約で民泊を禁止にしていても、監視の目や規制を厳しくしない限り、実はなかなか無くならない問題なのかも・・。 わたしの住むマンションも今、問題になっています。

劣等感も優越感も必要ない

10階建マンションの4階に住むわたしたちですが、上階に住む人を羨ましく思ったことはありません。階下の人にも何も思いません。

「マンションに住むなら、やっぱり高層でしょ!」と、知人に言われたことがありますが「ですよね」とは思いませんでした。

どっちを好むかは人それぞれなので否定はしませんが「だって、優越感あるじゃん?」と言われた時は、頭の中が「?」でした。

優越感によって満足できるなら、それはそれで良いのかもしれないですが・・そんなの必要ないじゃん!と、わたしは思います。

おわりに

大事なのはどういう暮らしをしたいのか?ということ。家は心地よく暮らすための場所なので、見栄で買うものではないし競うものでもないはず。と、思います。

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー兼フリーライターのヨコヤムヤムです。2012年ファッション系広告代理店を経て東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベの体験をもとに住まいやインテリアに関するお役立ち情報を発信しています。

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.