トイレの壁紙を一面だけ変える!アクセントクロスの費用、事例を紹介

投稿日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

「トイレの壁紙を一面だけ変えたい」「アクセントクロスは機能も大事?」と疑問を抱く方に向け、選び方を解説します。

過去に2回、トイレをリノベーションした我が家の例もご紹介しながら、アクセントクロスの位置や費用についてもまとめています。

クロスの張替えを検討している方はぜひ、参考にしてください。

ヨコヤム

目次を流し読み

トイレの壁紙は一面だけでも変えると印象がガラリと変わる

イエローのアクセントクロスを使ったトイレ

我が家のトイレのアクセントクロスです

リビングや寝室と違い、トイレは面積が小さいですよね?

ヨコヤム
結論からお伝えすると、トイレは狭い空間だからこそクロスで遊びやすい、つまり初心者がトライするには持ってこいの場所というのがわたしの持論です。

たとえ失敗しても、他の部屋への影響が少なく、DIYでカバーできる点も大きなメリットです。

メリット1. デザイン性が増す

アクセントクロスとは、一部のクロスを別のもので仕上げる貼り方のこと。

服のコーデでいえば、「差し色」です。
ヨコヤム

壁全面を一つのクロスに統一するよりも、おしゃれに見える効果があり、雰囲気作りにも役立ちます。

メリット2. アクセントクロスだからといって費用が高くなるわけではない

ヨコヤム
クロスの張替え費用は面積によって異なるものの、アクセントクロスであっても作業料金は変わりません。

もちろん、クロスによっては商品ごとに価格が違いますが、それもほんの僅かです。

施工の手間、作業代は同じ!

そのため、「気軽に取り入れられる」というのはメリットといえるでしょう。
ヨコヤム

メリット3. DIYでも張替えられる

昨今では、DIYで張替えられるクロスが増えています。
ヨコヤム

業者に依頼し、「失敗した……」と感じても、自分で張替えられると分かれば気も楽です。

中でも今では、貼って剥がせる商品が多いため、賃貸でも問題ありません。

トイレのアクセントクロスはどの位置がベストか

トイレのアクセントクロスはどの位置がベストか

ヨコヤム
「アクセントクロスを取り入れよう」と思っても、いざとなると「どこの壁がベストなの?」と悩む方は少なくありません。

アクセントクロスはメインの壁に貼るのが基本

「メインの壁がどこか分からない」という方は、ドアの正面を選ぶと良いでしょう。

ヨコヤム
理由はドアを開けた瞬間、視界に入る壁だからです。

ドアの正面なら第一印象が変わるだけでなく、奥行きも感じられます。

トイレに貼るアクセントクロスの選び方

トイレに貼るアクセントクロスの選び方

トイレのアクセントクロスを選ぶ際、大切なのは思い切りです。

あなたが「少し派手かも……」と感じるくらいが、実はちょうど良いのがトイレの特徴。
ヨコヤム

ここでは、3つのポイントをお伝えします。

ポイント1. 大胆な柄または派手なクロスを選ぶ

ヨコヤム
どんなものを選んで良いか分からない方は、大胆な柄 or 派手なクロスを選んでみましょう。

控えめな柄や色では案外、物足りないと感じることがあるからです。

トイレは少々大げさなくらいが、実はしっくりきます。

ポイント2. イメージしている色より濃いめを選ぶ

アクセントクロスをカタログから選ぶ際、イメージしている色より少し濃い目の色をチョイスするのもポイントです。

クロスを施工し、大きな面積で見たとき「思っていたより淡く見える」というのが少なくないからです。
ヨコヤム

トイレの照明(電球色なのか昼白色なのか)によっても、見た目の印象が変わります。

ポイント3. 真っ白なクロスは凹凸のあるものを選ぶ

木毛板と白のクロス

二度目のリノベーションで採用した白のクロス

アクセントクロスにもし、白を採用するのではあれば表面に凹凸のあるものがおすすめです。

のっぺりとした白のクロスは表情が乏しく、寂しい感じがするからです。

立ちションする男性、小さな子供が居るなら機能性の高いクロスがおすすめ

立ちションする人、小さな子供が居るなら機能性の高いクロスがおすすめ

壁紙には消臭、防水機能を持つタイプもあります。

臭いや掃除の手間を省きたい方は、機能性の高いクロスを選ぶのも一つの手。

ヨコヤム
立ちションする男性の場合は特に、壁や床が汚れがち……です。

座ってもらえないのであれば、クロスで対策してみてはいかがでしょうか。

汚れ防止機能のあるクロス

表面がラミネート加工されたクロスであれば、汚れ防止に役立ちます。

水分が浸透しにくく、汚れたら水拭きで拭き取れるため掃除も楽です。

消臭機能のあるクロス

トイレの匂いが気になる方は、消臭機能のあるクロスが良いでしょう。

エコカラットのようなタイルも有名ですが、壁紙にも同様の機能を持つ商品があります。

調湿機能のあるクロス

トイレの湿気やカビが気になる方は、調湿機能のあるクロスがおすすめです。

吸水性ポリマーを配合しているため、トイレ内の湿度に応じて吸湿、放湿します。

トイレのアクセントクロスにグレーとイエローを採用した我が家

黄色のアクセントクロスとサンゲツのクッションフロア

2回目のリノベーションでアクセントクロスにイエローを採用しました

ヨコヤム
2016年、そして2021年とこれまで2回、自宅をリノベーションした我が家。

ともにトイレは、アクセントクロスにしています。

1回目のリノベーションではトイレの一面をグレーに

アクセントクロスにグレーを使ったトイレ

1回目のリノベーションではアクセントクロスにグレーを採用

1回目は「白 × グレー」を採用しました。
ヨコヤム

トイレの照明が電球色のため、画像では暗く見えますが、グレーは昨今のトレンドでもあり人気の色味です。

グレーのクロスを濃淡で分け、アクセントクロスに濃いグレーを貼る方も増えています。

2回目のリノベーションでは一面だけをイエローに

2回目のリノベーションではアクセントクロスにイエローを採用

2回目のリノベーションではアクセントクロスにイエローを採用

ヨコヤム
2回目は「白 × イエロー」をチョイスしました。

画像では見にくいものの、実際はパキッとした色味で空間が明るく感じます。

白はもちろん薄いグレーと組み合わせる方も多く、最近ではレモンイエローが人気です。

トイレのクロスとクッションフロアの品番

脱衣所のアクセントクロス

脱衣所の壁もアクセントクロスを採用しています(正確には「木毛セメント板」を貼っています)

トイレのクロスとクッションフロアの品番

  • クロス(ホワイト):サンゲツSP2875 SP9573
  • クロス(イエロー):リリカラLW-4696
  • クッションフロア:サンゲツCM-10217 テンポ

2回目のリンベーションで、トイレと脱衣所、洗面まわりを一緒に改修した我が家。

Instagramで自宅を公開しているせいか、メーカーと品番についてのお問い合わせが多いため、参考までにご紹介します。

ヨコヤム
洗面台のリノベーションについては、こちらの記事をご覧ください。

トイレのアクセントクロスによくある質問

Q. トイレの壁紙を一面だけ変えるときの費用は?

ヨコヤム
全ての壁と天井を合わせて、3〜5万円が一つの目安と考えてください。

クロスの張替え費用は面積によって異なるものの、アクセントクロスであっても作業料金は変わりません。

もちろんクロスによっては商品ごとに価格が違いますが、それもほんの僅かです。

ただし施工の際、便器の撤去が必要な場合は脱着費用が別途かかります。

Q. トイレの壁紙を一面だけ変えるときの注意点は?

ヨコヤム
カタログと実物との差に注意が必要です。

アクセントクロスに限りませんが、クロスをカタログだけで判断するのは危険。

光の当たり具合で色が変わるうえ、表面の素材感が実際と違う場合が多いです。

そのためクロス選びの際はできる限り、サンプルを取り寄せてください。

クロスを張替えるならタウンライフリフォームで見積りを

「タウンライフリフォーム」は、全国440社以上のリフォーム会社が登録しているリフォームの比較サイトです。

ヨコヤム
小さなリフォームから全面改修まで、全てに対応しています。

評判が悪いと判断された業者は、登録を削除される仕組みになっているため、安心して使うことができる点も魅力の一つです。

クロスの張替えプランを全て無料で作ってもらえる

タウンライフリフォームでは、無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せられるとあって、利用者数は現在30万人を超えています。

「クロスの張替えをなるべく安く済ませたい」「どこに依頼すれば良いか分からない」という方は、ぜひ気軽に相談してみてください。
ヨコヤム

クロスの張替えプランを無料で作成する

 

トイレの壁紙を一面だけ変える!まとめ

まとめ

  • アクセントクロスはメインの壁に貼るのが基本
  • 立ちションする男性、小さな子供が居るなら機能性の高いクロスがおすすめ
  • アクセントクロスの選び方は「大胆な柄または派手なクロスを選ぶ」「イメージしている色より濃いめを選ぶ」「真っ白なクロスは凹凸のあるものを選ぶ」の3つ

トイレは面積が小さいため、機能性ではなくデザイン性を重視するならクロス選びは考え過ぎず「えいやっ」と選ぶのが成功の秘訣です。

方向性が見えたら早速、ご紹介したタウンライフリフォームで無料見積を取り寄せてみてください。

\買ってよかったものをまとめています/

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-リノベーションの費用
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2022 All Rights Reserved.