下駄箱をオープンにするデメリットは何?おしゃれに靴収納できる箱も紹介

投稿日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

我が家の下駄箱は扉のないオープンラック。中古マンションを購入し、フルリノベーションしたのを機に既存の下駄箱は撤去しました。

この記事ではオープンな下駄箱のデメリット、そして靴収納に役立つおしゃれな「箱」について、具体的な使い方、実際の収納法をまとめます。
ヨコヤム

下駄箱をオープンにするメリットデメリット

オープンにした玄関の下駄箱

オープンラックにした我が家の下駄箱

下駄箱をオープンにするメリットデメリット

  • 靴を出し入れしやすい
  • 湿気がたまらず通気性が良い
  • 埃をかぶりやすい
  • 丸見えになるため整理整頓が必須

わたしが感じるオープンラックのメリットデメリットは上記の4つ。

次項で詳しく見ていきましょう。

メリット|靴を出し入れしやすい

オープン収納の一番のメリットは「出し入れのしやすさ」にあります。

扉を開け閉めする一手間がないぶん、片手でスムーズに出し入れできるため便利です。

扉の開け閉めを考えると、「下駄箱の前にものが置けない」ということもありますが、オープンにしておけばその心配はありません。

メリット|湿気がたまらず通気性が良い

玄関は湿気がたまりやすい場所。

下駄箱に扉かあるとなかなか湿気が逃げず、「カビが生えて困る」という人も多いです。

その点オープンラックのほうが通気性は良く、除湿剤を置かなくて済むという利点もあります。

デメリット|埃をかぶりやすい

玄関は家の中でも特に埃が舞い上がりやすい場所のため、下駄箱に扉がないと靴に埃が溜まりやすくなってしまいます。

放っておくと見た目にも悪いです。

そのため我が家は、玄関にハンディモップを常備。

埃が気になるときにサッと掃除できるよう、手に取りやすい場所に置いています。

デメリット|丸見えになるため整理整頓が必須

家族が多ければ当然、靴も多くなります。

オープンラックは置いたものが全て丸見えになるため、整理整頓が苦手な方には向きません。

また収納スペース以上に靴が多い場合は、靴の置き方や収納方法にも工夫が必要。

我が家では次項でご紹介するAnaheim Archive Box(アナハイムアーカイブボックス)を使って、靴を整理しています。

オープン下駄箱にあると便利なアナハイムアーカイブボックス

出典:楽天

ヨコヤム
オープンラックにした我が家の下駄箱は、「横110cm × 奥行29cm × 5段」というサイズ。

棚板の長さ、奥行、段数によって収納力は変わりますが、現在33足収納中です。

一段づつそれぞれの棚に靴を置くだけの簡単収納ですが、靴が多い場合はスペースが不足しがち……。

扉があれば突っ張り棒やシューズラックで工夫することもできますが、見せる収納となるとそれでは見た目がイマイチです。

そんなときに出会ったのが今回ご紹介するAnaheim Archive Box(アナハイムアーカイブボックス)でした。

アナハイムアーカイブボックスのメリットデメリット

組立て前の アナハイムアーカイブボックス

出典:WEBO

アナハイムアーカイブボックスのメリットデメリット

  • シンプルなヴィジュアルでおしゃれ
  • 組立てが簡単
  • 蓋をすれば埃を防げる
  • スタッキング可能
  • A4ファイルが収まるサイズなので他の収納にも使える
  • バンカーズボックスのようなサイズ展開がない

アナハイムアーカイブボックスはもともと、スニーカーを入れるために作られた収納ボックス。

そのため、バンカーズボックスのような商品展開がありません。

玄関以外の場所でアナハイムアーカイブボックスを使うことは可能ですが、収納できるものが限られてしまう点には注意が必要です。

アナハイムアーカイブボックスとバンカーズボックスのサイズを比較

バンカーズボックス

バンカーズボックス

紙製ボックスの定番といえばバンカーズボックス。わたしも「703」を愛用しています。
ヨコヤム

当初は「靴収納もバンカーズで良いのでは?」と思いましたが、答えはNO。

その理由はサイズと置き方の違いにあります。

まずは、バンカーズとアナハイムアーカイブボックスのサイズで比較してみました。

ヨコヤム
「バンカーズボックス703」では大き過ぎるため、ハーフサイズの「743」で比較します。

バンカーズボックスのほうが幅も奥行きも大きい

  •  アナハイムアーカイブボックス Anaheim Archive Box
  • フェローズ バンカーズボックス 743 A4サイズハーフ

サイズの違い

  • アナハイム:組立内寸法 W220×D320×H120 mm/組立外寸法 W230×D3300×H110 
  • バンカーズ:組立内寸法 W330×D380×H120 mm/組立外寸法 W345×D410×H130 

縦置きするならアナハイムアーカイブボックスがベスト

バンカーズボックスのほうが、幅11cmそして奥行きも6cm大きい作りですが、蓋の作りが浅いため「縦置き」には向きません。
ヨコヤム

我が家は棚板の奥行が29cm。

バンカーズボックスだと11cmほど棚板から飛び出てしまいます。

「棚からはみ出すのはかっこ悪い」という理由でアナハイムアーカイブボックスを採用していますが、下駄箱のサイズに応じて合うほうを選べば問題ありません。

おしゃれな靴収納箱アナハイムアーカイブボックスの使い方

横置きよりも縦置きのほうが取り出しやすい

アナハイムアーカイブボックスは縦置きがおすすめ

アナハイムアーカイブボックスは縦置きがおすすめ

アナハイムアーカイブボックスは、横置き縦置きどちらもOKですが、横置きでスタッキングすると出し入れが大変。

そのため我が家では縦置きにしています。

履く回数の少ない靴を収納したり、衣替え用にアナハイムアーカイブボックスを使うのもおすすめ。

女性用の靴であれば2足入る場合もあります。男性用は不可。

100均の折りたたみコンテナを併用すると便利

100均の折りたたみコンテナを併用すると便利

オリーブのコンテナボックスはダイソーで購入したもの

アナハイムアーカイブボックスと同様に、我が家ではダイソーの折りたたみコンテナ(Mサイズ)も使っています。

Mサイズのコンテナでは、24cm前後の靴しか入らないため、心配な方はLサイズをチョイスしてください。

棚板の奥行きにもよりますが、我が家はギリギリ2段重ねできるため、ローファーなどをコンテナに収納しています。

下駄箱をオープンにするデメリットは何?まとめ

棚板に収まりきらない靴は、たたき(土間)に置いておく方法もありますが、わたしはどうもそれができません。

たたきは常にすっきりさせておくほうが、見た目にも風水的にも良いとされています。

「オープン下駄箱をおしゃれに見せたい」「靴収納をなんとかしたい」という方はぜひ、アナハイムアーカイブボックスを使って整理整頓してみてください。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-リノベーションの基礎知識

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.