カプセル式ドリップポッドDP3。DP2との違いや神機能を解説

投稿日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。
「ドリップポッドDP3」は、UCCから2020年1月に発売されたカプセル式コーヒーマシンの最新モデル。
ヨコヤム
ヨコヤム
この記事では、ドリップポッドDP2との違いやDP3の特徴、使い勝手を徹底解説します。

UCCドリップポッドDP3はDP1とDP2の進化版

UCCのドリップポッドDP3

UCCのドリップポッドDP3

UCCの「ドリップポッドDP3」は、「DP1」「DP2」に続く3つ目のモデル。

ヨコヤム
一番の違いは新しい抽出モードが搭載されている点にあります。

また、これまでの3シリーズそれぞれの違いは以下のとおりです。

「DP1」「DP2」「DP3」の違い一覧

モデル機能
DP1ドリップポッドのみ
DP2ドリップポッド+粉兼用
DP3ドリップポッド+粉兼用+ストロング+アイスモード

「DP1」と「DP2」の違い

「DP1」は、専用のカプセルのみが抽出可能でしたが、「DP2」から手持ちのコーヒー粉も抽出可能になりました。
ヨコヤム

また、本体の大きさや形状は同じですが、マシンのカラーが異なります。

「DP2」と「DP3」の違い

「DP3」は、本体デザインが従来よりシンプルになっています。

ヨコヤム
「DP2」には無かった新抽出モード「ストロング」「アイス」が搭載され、50通り以上の飲み方ができるようになりました。
楽天で見る

 

UCC「ドリップポッドDP3」の特徴

UCC「ドリップポッドDP3」の特徴

ドリップポッドDP3は造りも小さめでコンパクト

ポイント

  • 抽出モードに「ストロング」「スタンダード」「アイス」がある
  • 電源を入れてから30秒で抽出準備が完了
  • コンパクトサイズで場所を取らず音も静か
  • カップの大きさに合わせて受け皿の高さを調整できる
  • 給水とメンテナンスが楽

モニター当選を機に、我が家にやってきたUCCの「ドリップポッドDP3」。

実際に使い、「良い」と感じたポイントは上記の5つです。

ヨコヤム
反対にデメリットは、「電源コードがもう少し長いと嬉しい」ということくらいしかありません。

1. 抽出モードに「ストロング」「スタンダード」「アイス」がある

抽出モードに「ストロング」「スタンダード」「アイス」がある

好みに合わせて抽出を選べます

前述したとおり、これまでは無かった「ストロング」と「アイス」がDP3に追加されたおかげで、ホットは好みの濃さを選択できます。

アイス専用モードがあるのは、夏に嬉しい機能です。

2. 電源を入れてから30秒で抽出準備が完了

従来のコーヒーマシンは、電源を入れてから数十秒待つのが一般的でしたが、ドリップポッドDP3は、電源を入れてすぐにスタートボタンを押すことが可能。

そのため、電源の入れ忘れや、スタートボタンの押し忘れがありません。

これは、忙しいときほど有難い機能。
ヨコヤム

電源を入れると同時に、好みのメニューを選択してスタートボタンを押せば、あとは放置で問題ないため、他の家事をしているうちに珈琲を淹れられます。

3. コンパクトサイズで場所を取らず音も静か

コンパクトサイズで場所を取らず音も静か

音も静かで気になりません

サイズ

  • 本体寸法:縦290×横133×高さ224mm
  • 本体質量:約3.0kg
  • 静音レベル:34.7dB(ささやき声と同程度)
  • タンク容量:0.7L(水タンク最大水位目盛)
  • 消費電力:1350W

ご覧のとおり、ドリップポッドDP3はとってもコンパクトな造り。

奥行が35cmしかないキッチンカウンターに置いても問題ありません。また、音も全く気になりません。

4. カップの大きさに合わせて受け皿の高さを調整できる

受け皿の高さを調整できない状態だと、珈琲が飛び散ることもありますが、ドリップポッドDP3は3段階で調整可能。

ヨコヤム
受け皿を外すとなんと、タンブラーも入ります。

5. 給水とメンテナンスが楽

給水とメンテナンスが楽

給水タンクは取り外し可。洗うのも楽で大助かり

本体の背面にセットされている給水タンクは、そのまま水を注ぐこともできます。

取り外しも楽で、そのまま洗えるためお手入れも楽。

抽出部分の専用パーツも、そのまま水でジャバジャバ洗えるため掃除の手間もありません。

カプセルの種類と味の違い

カプセルの種類と味の違い

出典:drip-pod

カプセルには、珈琲以外に紅茶や日本茶もあり種類豊富。

これだけあると選ぶのが楽しいだけでなく、来客の際にも便利ですよね。
ヨコヤム

8個入りが約550円〜となっておりコスパも悪くありません。

苦味系でおすすめのカプセル3選

苦味系でおすすめのカプセル3選

カプセルの種類が豊富

わたしは酸味系が苦手なため、上記は苦味系でおすすめの3種類をピックアップしています。

ヨコヤム
苦味系に含まれる6種類を飲み比べた結果、一番好みの味は「炭焼珈琲」でした。

スモーキーな香りとコクのある味わいが気に入り、これまで何度もリピートしています。

一方、ブルーマウンテンブレンドやスペシャルブレンドは、どちらかと言うとスタンダードな味。
ヨコヤム

平日はブルーマウンテンもしくはスペシャルブレンド、週末のご褒美に炭焼珈琲を飲むのが、我が家の定番になりました。

カプセル式コーヒーマシン「ドリップポッドDP3」まとめ

プセル式コーヒーマシン「ドリップポッドDP3」まとめ

コンパクトで場所を取らず、専用のカプセル以外に普段使いの粉まで使えるドリップポッドDP3は、今や我が家に欠かせません。

カプセルを抽出して飲む珈琲はどれも美味ですし、カプセルを買い忘れたときや節約したいときは(笑)手持ちの粉を使えばOK。

ヨコヤム
音も静かで起動も早いため、時間のない朝は特に大活躍です。

自宅用はもちろん、オフィスにもぴったりだと思う「ドリップポッドDP3」。

珈琲好きの方はぜひ、この機会にチェックしてみてください。

プレゼントにもおすすめです。

楽天で見る

 

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。 趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-買ってよかったもの
-,

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.