リノベーション会社の選び方を体験者が解説。おすすめランキングも掲載

投稿日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションした我が家。

この記事では「施工会社はどう選べば良い?」と疑問を抱くあなたに向け、経験者だからこそ言えるコツをご紹介します。

さらにおすすめのリノベーション会社ランキングも解説。ぜひ、参考にしてください。

ヨコヤム

手順は3つ。リノベーション会社の選び方

step
1
対応エリアから会社をピックアップする

step
2
ピックアップした候補の中から好みの事例を探す

step
3
気になる会社にコンタクトを取る

リノベーション会社を選ぶための手順は3ステップ。

ヨコヤム
先ずはエリアから候補をざっくり洗い出し、そこから徐々に絞っていきます。

次項で一つずつ見ていきましょう。

選び方の手順1. 対応エリアから会社をピックアップする

手順1では、あなたが住む地域で営業しているリノベーション会社をネットで検索します。

できれば施工予定の物件から近い会社を選ぶと良いでしょう。
ヨコヤム

リノベーションでは工事が始まるまでの間、何度も打合せをします。

あまりに遠方では足を運ぶのも大変。

また入居後のトラブルに対応してもらう意味でも、なるべく近いほうが良いです。

選び方の手順2. ピックアップした候補の中から好みの事例を探す

マイリノとUNITED ARROWSとのコラボ事例

マイリノとUNITED ARROWSとのコラボ事例

手順2では、エリアを軸にピックアップした会社のオフィシャルサイトを一社ずつ見てください。

確認するのは施工事例。

ヨコヤム
ポイントはあなたのイメージするリノベーションに近しい事例があるかどうかです。

もしまだ具体的なイメージをお持ちでない場合は、ピントくる事例を探してください。

事例を見ていくことで自ずと、その会社の得意な施工スタイルが見えてきます。

選び方の手順3. 気になる会社にコンタクトを取る

方法は3つ

  • 資料請求:興味はあるがショールームに直接足を運ぶほどではないとき
  • セミナーに参加する:興味のある会社で話を聞きつつ、リノベーションについて理解を深めたいとき
  • 無料相談を利用する:興味のある会社でじっくり話をしたいとき
手順3では、事例を見て気になった会社にコンタクトを取ります。
ヨコヤム

上記を参考に、あなたの興味度に応じてコンタクト方法を決めてください。

知っておくと得。リノベーション会社の選別ポイント

知っておくと得。リノベーション会社の選別ポイント

リノベーションの施工会社は年々増えており、サービスの範囲も会社によって様々。

ここでは事前に押さえておきたいポイントを解説します。

1. 物件探しも含めてワンストップで依頼できるリノベーション会社は楽

ワンストップとは

ワンストップとは、物件探しから契約、設計、施工までを一貫して行うこと。

物件探しから始める人であれば、不動産購入からリノベーションまでの全てを1社に依頼できるワンストップが便利です。

またショールームがない会社よりも、ある会社のほうがおすすめ。

ヨコヤム
リノベーションの際、実際に使う設備や建材を目で見て確かめられるだけでなく、施工イメージもしやすい、というのが理由です。

気になる会社にショールムームが無い場合は、実際にその会社で施工した人のお宅に訪問できるかどうかを聞いてみるのも一つの手。

あるいは完成まもないお宅がオープンハウスとして開放されていないか、チェックしてみてください。

2. 定額制のリノベーションプランがあると資金計画しやすい

定額制のリノベーションプランがあると資金計画しやすい

定額制リノベーションとは工事内容や建材、キッチンや浴室などの設備を予め業者が選定し、料金を固定化させたもの。
ヨコヤム

設備や資材を一括で仕入れることによりコストダウンが可能になるため、フルオーダー制のリノベーションに比べ費用を抑えられる点が大きな特徴です。

また、定額制リノベーションには「自由設計型」と「パッケージ型」の2種類があります。

自由設計型リノベーションのメリットデメリット

自由設計型とパッケージ型に分かれる定額制リノベーション

リノベーション中の我が家の様子

キッチンやお風呂などの設備があらかじめ決められている定額制リノベーション。

ですが自由設計型またはセミオーダー制のリノベーションの場合は、比較的多くの選択肢から選ぶことができます。

住みたい家のイメージに合わせてチョイスしやすいのがメリットですが、場合によってはオプション扱いとなり、結果的に追加予算が必要となるケースもあるため、その点には注意が必要です。

パッケージ型リノベーションのメリットデメリット

パッケージ型リノベーションは、自由設計型に比べ部材や設備の選択肢が多くありません。

「何をどう選んで良いか分からない」という人にとっては迷いが少なく、プランニングしやすいのがメリット。

しかしながら、こだわり派には物足りないのがデメリットです。

自由度の高いリノベーションを希望する方には向かないですが、予算重視という方にはぴったりでしょう。

気になる会社にはコンタクトを。おすすめのリノベーション会社ランキング

前述のとおり「気になる」という会社が見つかったときは、無料の資料請求を遠慮なく利用しましょう。

ここからは比較的広範囲でサービス展開をしているリノベーション会社に絞って、わたしのおすすめをご紹介します。

1. 全国展開が心強いリノべる。

全国展開が心強いリノべる。

リノべる。は物件探しから設計施工までワンストップ

リノベる。のここが凄い

  • ネームバリューがあり全国的に知られている
  • 施工実績が豊富
  • デザインのテイストもさまざま

ネット広告でよく見かける「リノべる。」の資料は、クオリティが高いと評判です。もちろん無料。

ヨコヤム
多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなし。

また、リノベーション業界のリーディングカンパニーとあって口コミにも様々な書込みがありますが、リノべるに施工をお願いするユーザーは少なくありません。

リノベる。向きの人

こんな人におすすめ

  • 実績豊富な施工会社に依頼したい人
  • 認知度の高いリノベーション会社を探している人

リノベーションのことがよく分かる資料「RENOVERU FILE.」が人気

 

2. センス抜群のリノベーションならマイリノ

センス抜群のリノベーションならマイリノ

フルリノベーションならマイリノ、リノベーション済の物件を探すならリノコレ

マイリノのここが凄い

  • デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションに定評あり
  • リノベーション済の物件も検索可能
  • 年間300件以上の実績あり

都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめなのが、異業種とのコラボで知られる「マイリノ」です。

グローバルベイスには、フルリノベーションサービスの「マイリノ」と、リノベーション済の物件を検索できる「リノコレ」の2種類のサービスがあります。
ヨコヤム

ユナイテッドアローズとのマンションリノベーションを見るとお分かりいただけますが、それはそれはもう素敵。

参考になること間違いなしの施工会社です。

マイリノ向きの人

こんな人におすすめ

  • とにかくデザインにこだわりたい人
  • 物件探しから施工までワンストップでお願いしたい人

デザインにこだわるフルリノベーションならマイリノ 

 

3. ひかリノベはシンプルモダンなリノベーションに定評あり

ひかリノベはシンプルモダンなリノベーションに定評あり

ショールームが多数あるのも「ひかリノベ」の魅力

ひかリノベのここが凄い

  • リノベーション向き中古物件の検索が可能
  • 住宅+リノベーション(リフォーム)ローンを一本化できる
  • 充実の工事保証

関東を中心に展開している「ひかリノベ」は、これまでに延べ1万件以上の実績があることから、技術面での信頼が厚い施工会社。

ヨコヤム
物件探しから施工までをまとめて依頼することが可能な点も魅力で、ショールームは都内以外に湘南や横浜・長野にもあります。

「デザインの自由度はそれほど高くない」という声もありますが、定額制プランには定評があり、シンプルモダンなスタイルがお好みの方にはぴったりなリノベーション会社。

ひかリノベ向きの人

こんな人におすすめ

  • 派手さよりも普遍的なデザインを好む人
  • できるだけ多くの物件から候補を絞りたい人

リノベーション相談会開催中

 

4. 仲介手数料無料が魅力のリノデュース

仲介手数料無料が魅力のリノデュース

好きな物件を好きなデザインで。完全自社設計〜施工ならリノデュース

リノデュースのここが凄い

  • 不動産購入の際の仲介手数料が無料
  • リノベーションの相場より2割安い
  • 引渡しのあとも最大10年間の保証付き

20年以上の施工実績があるリノデュースは、物件探しから施工までのすべてを一社で完結しているため、相場の2割程度コストを削減できるのが強みです。

つまり、不必要な中間マージンが発生しないということ。

中間マージンとは「施工業者へ支払う手数料」と「不動産の仲介手数料」の二つを指しますが、この二つが無いというのは、非常に大きい……。
ヨコヤム

コストを抑えながら、クオリティを担保できる施工会社は決して多くありません。関東にお住まいの方は必見です。

リノデュース向きの人

こんな人におすすめ

  • マンション購入にかかる費用を少しでもを浮かせたい人
  • アフターフォローに手厚い施工会社を探している人

リノデュースでは物件購入やリノベ初心者向けセミナーも無料で受講可能

 

5. 自然素材と性能が強みのLOHAS studio(ロハススタジオ)

自然素材と性能が強みのLOHAS studio

性能にこだわるリノベーションならLOHA Sstudio

ロハススタジオのここが凄い

  • 無垢材や珪藻土を使った家づくりが特徴
  • 住宅+リノベーション(リフォーム)ローンを一本化できる
  • リノベーション後のインテリアまでサポート

LOHAS studio(ロハススタジオ)は、1991年創業の株式会社OKUTA(オクタ)が運営するリノベーションサービス。

ヨコヤム
その売上高はなんと66億円。リフォーム業界では大手に入ります。

自然素材を使った家づくりに定評があり、大手ならではの安心感も人気の理由。表面的なデザインだけでなく、素材にこだわりたい本物志向な人にぴったりです。

ロハススタジオ向きの人

こんな人におすすめ

  • 素材にこだわりたい人
  • ナチュラルなデザインスタイルを好む人

ロハススタジオならあなたの家が雑誌のような空間に

 

リノベーションに関するよくある質問

Q. リノベーションの流れを知りたい

ヨコヤム
リノベーションの工事は主に「解体、再生、内装、美装、検査」の5段階に分かれます。

工事の流れを掴んでおくと、現場見学にも何かと役立つはず。

また工事中は以下の点に注意しながら、現場に足を運んでください。

  • 注意点1. 子供はなるべく連れて行かない
  • 注意点2. 職人さんの手を止めない
  • 注意点3. 仕様変更や設備追加は職人さんに直接依頼しない

なお、実際の工事の流れや、解体工事で分かった我が家の想定外については下記の記事にまとめています。

Q. マンションリノベーションの費用はどれくらい?

マンションの広さ実際にかかった費用
事例155㎡500万円
事例263㎡820万円
事例370㎡472万円※
事例488㎡700万円
事例592㎡1400万円
事例694㎡1200万円

※わたしがインタビューさせていただいたお宅の広さと費用です

※事例3はフルリノベーションではなく一部の部屋だけをリノベーションした金額

ヨコヤム
マンションリノベーションの費用相場はズバリ500万円〜1400万円。

マンションリノベと一口に言っても、かかる費用は物件または人によってバラつきがあります。

ご覧のとおり、その差は700万円。

施工会社によって異なる費用相場、マンションリノベーションの平米単価は下記の記事にまとめています。
ヨコヤム

リノベーション会社の選び方まとめ

実際に取り寄せたマイリノの資料

実際に取り寄せたマイリノの資料

後悔のないリノベーションを行うには、リノベーションの会社選びが何より大切です。

コストバランス、デザイン力、保証内容など選び方のポイントが複数ある中で、最終的にはあなたの直感が頼りになる場合もあるでしょう。

ですが最後まで情報収集に手を抜くことなく、各社をよく比較したうえで「ここだ」と思える会社を見つけてください。

あなたが「リノベーションをして良かった」と思えるよう、わたしも強く願っています。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-リノベーションの会社
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.