LIMNE(リムネ)マットレスの口コミは? エマスリープとも比較

更新日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

この記事では「リムネマットレスってどう?」「コアラマットレスやエマスリープマットレスと何が違うの?」と疑問を抱く方に向け、実際にリムネを使うわたしが徹底解説。

くわえて気になるマットレスの硬さ、使い心地、価格についてもまとめます。

マットレスの買替えを検討している人はぜひ、参考にしてください。

ちなみにわたしはエマスリープマットレスからリムネに買い換えましたが、結果オーライでとても快適です。

ヨコヤム
おすすめ

気持ち良すぎて、すぐ寝落ち
年々増えるプレミアムマットレスの中で、おしゃれかつ柔らかいのがリムネマットレス。専用のボックスシーツが同梱されるのはリムネだけです。

お試し期間を使って早速試してみる

目次を流し読み

LIMNE the Mattress(マットレス)と LIMNE the Pillow(枕)の基本情報

LIMNE the Mattress(マットレス)と LIMNE the Pillow(枕)

我が家のリムネマットレスと枕です

LIMNE(リムネ)マットレスは、2019年に日本で誕生したマットレス。

ヨコヤム
それゆえに認知度はまだ低いものの、プレミアムマットレスの購入を検討している人には一目置かれる商品として人気が高まっています。

LIMNE(リムネ)マットレスのサイズと価格

リムネマットレスのラインナップ

リムネには枕や掛け布団もあります|出典:limne.jp

サイズ価格(税込)
シングル72,000円
セミダブル82,000円
ダブル92,000円

LIMNE the Pillow(枕)のサイズと価格

LIMNE the Pillow(枕)のサイズと価格

出典:limne.jp

サイズ価格(税込)
横幅70cm 縦幅43cm 高さ9cm12,500円
リムネの枕は「仰向け、寝返り、横寝」を考慮し、一般的な枕よりも大きめに設計されています。
ヨコヤム

そのおかげで寝返りしても枕から落ちることはありません。

枕について詳しく見る

 

リムネマットレスの特徴3つ

リムネマットレスの特徴

  • 特殊素材のおかげで肌触りがとにかく良い
  • 腰からお尻の沈み込みがちょうど良いゾーニング技術
  • 通気性が高い
ヨコヤム
ここからは、リムネマットレスの特徴3つを分かりやすく解説します。

特徴1. 特殊素材のおかげで肌触りがとにかく良い

特殊素材のおかげで肌触りがとにかく良い

白い部分はレーヨン素材となっています

リムネマットレスはトップ層に特殊ウレタン素材「スフエアー」が使われています。

スフエアーのおかげで程良い沈み込みがあり、実際に使ってみるとマシュマロのような感触がたまりません。
ヨコヤム

またマットレスを覆うボックスシーツはポリウレタン製。

思わずスリスリしたくなるような質感で、とにかく肌触りが良いです。

特徴2. 腰からお尻の沈み込みがちょうど良いゾーニング技術

腰からお尻の沈み込みが深すぎないゾーニング技術

出典:limne.jp

硬さ役割
第1層柔らかめ特殊素材「スフエアー」を採用し、ふわふわの質感を演出
第2層柔らかめ肩、お尻、膝下の3ヶ所に凹凸を合わせ、寝返りしやすい構造に
第3層かため硬めのウレタンでミドル層とトップ層を支え、通気性を確保

寝具で一番気になることといえば「首や腰の痛み」ですよね?

特に一般的なウレタンマットレスは、腰からお尻にかけての沈み込みが強くなるため、これにより腰が痛くなってしまいがち。

ヨコヤム
ですがリムネマットレスは沈み込みすぎないゾーニング技術のおかげで、頭からお尻にかけての体圧分散が他社と異なります

リムネマットレスが他社と違うのは「体全体を広範囲の面で接地させる」点。

これにより体への負荷、圧力負担が軽減され、結果的に「体が痛くない」という寝心地を実現しています。

※感じ方には個人差があります

特徴3. 通気性が高い

リムネマットレスは通気性が高い

出典:limne.jp

ポイント

マットレスの種類

  • スプリングマットレス(コイルマットレス)
  • ノンスプリング(ノンコイル)

ノンスプリングの素材

  • ウレタンフォーム
  • ファイバー(ポリエチレンまたはポリエステル)

マットレスには主に2種類あり、リムネマットレスが該当するノンスプリングは素材が二手に分かれます。

リムネマットレスはノンスプリングで、素材はウレタンです。
ヨコヤム

ウレタンフォームは「通気性がイマイチ」と思われがちですが、リムネマットレスは違います。

トップカバーには湿気を逃しやすい特殊な繊維が使われており、睡眠中の発汗で不快感を感じることはありません。

またマットレスの両サイドにはスリット(通気孔)があり、蒸れを逃がす造りとなっています。

リムネマットレスのメリット・デメリット

メリット

  • ボックスシーツが付属されている
  • 商品が入った化粧箱を収納ボックスとして使える
  • 古いマットレスの引き取りオプションがある

デメリット

  • マットレスの形が少しいびつ
  • 硬いマットレスが好みの人には向かない

ここからは、リムネマットレスのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット. ボックスシーツが付属されている

リムネマットレスには専用のボックスシーツが付属されています。

色はグレー。

他社のマットレス、例えばエマスリープには付いていないため、これはメリットは一つと言えるはず。

ヨコヤム
リムネピロー(枕)と同じ色なので、寝具のコーディネートを考える手間がなく便利です。

メリット. 商品が入った化粧箱を収納ボックスとして使える

商品が入った化粧箱を収納ボックスとして使える

枕はプレゼントにもおすすめ

画像は枕の化粧箱。

商品を取り出したあとは下記のように収納ボックスとして使えます。

マットレスカバーやシーツの洗い替えを入れたり、枕カバーや毛布を収納でき、とても便利です。
ヨコヤム

捨てるなんてもったいない。

化粧箱のデザインもシンプルで男女を問わないため、プレゼントにもぴったりです。

商品が入った化粧箱を収納ボックスとして使える

我が家はベッド下に化粧箱を収納しています

メリット. 古いマットレスの引き取りオプションがある

ヨコヤム
リムネマットレスには、不要になったマットレスを引き取ってくれるオプションがあります。

関東に限ったサービスではありますが、新しいマットレスが届いたその日に古いマットレスを処分できるのは便利。

一人暮らしで粗大ゴミを出すのが大変な人、お住まいのマンションにエレベーターがない人はぜひ検討してみてください。

注意ポイント

  • 対象地区は東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県
  • 引き取りは同サイズ、同数量のみ

デメリット. マットレスの形が少しいびつ

  • マットレスの形が少しいびつ
  • エマスリープマットレス

左がリムネマットレス、右がエマスリープ

リムネマットレスとエマスリープマットレスを比べると、リムネのほうが四隅の形がいびつです。
ヨコヤム

これはおそらくエマスリープよりも柔らかいからと予想。

ボックスシーツで覆ってしまえば分かりませんが、マットレスの厚みにこだわりたい人、ラグジュアリー感を求める人には向かないかもしれません。

この点についてメーカーに問い合わせてみたところ、

ヨコヤム
「開封してから時間が経つにつれて回復される」とのことなので、気になる場合は焦らずに膨らむのを待ちましょう。

デメリット. 硬いマットレスが好みの人には向かない

エマスリープマットレスもリムネと同じウレタン製ですが、実際に使い比べてみると硬さが全く異なります

ヨコヤム
エマスリープは硬め、リムネは柔らかいため、硬いマットレスが好みの人にとってリムネは合わないです。

コアラマットレス、エマスリープマットレスと比較

リムネマットレスはコアラマットレスやエマスリープマットレスに比べ柔らかい

価格カバー硬さ
リムネ¥92,000(税込)洗濯機第1層:25N|第2層:120N|第3層:140N
コアラ¥89,000(税込)手洗い第1層:70N|第2層:120N|第3層:200N
エマスリープ¥87,000(税込)洗濯機第1層:70N|第2層:150N|第3層:120N

※価格はダブルサイズで比較

ヨコヤム
3社のマットレスを硬さで比較すると、リムネマットレスは圧倒的に柔らかいです。

続いて柔らかいのがコアラマットレス、一番硬いのがエマスリープマットレスです。

一方、価格が高いのはリムネマットレス。

ですがボックスシーツが同梱されている点を踏まえると、妥当な金額と言えるでしょう。

マットレスの色味はコアラがいちばん鮮やか

リムネマットレス

  • コアラマットレス
  • エマスリープマットレス
リムネマットレスとエマスリープマットレスの色はグレーが基調です。
ヨコヤム

一方、コアラマットレスだけは鮮やかなブルーとなっています。

ボックスシーツで隠す人には関係ないものの、部屋の雰囲気に合わせたい人にとってはカラーも無視できません。

価格重視の人はエマスリープ、寝具をトータルで揃えるならリムネがおすすめ

3社のマットレスの価格

  • リムネ ¥92,000(税込)
  • コアラ ¥89,000(税込)
  • エマスリープ ¥87,000(税込)

※ダブルサイズで比較

3社のマットレスのなかで、価格が一番安いのはエマスリープです。

リムネとの差は5,000円。

ヨコヤム
5,000円あればボックスシーツやマットレスカバーを買える金額ですが、その点リムネはボックスシーツが付属されています。

またリムネでは枕や掛け布団も販売されているため、トータルで揃えられるのはメリット

マットレスだけを欲しい人は金額と硬さで判断、寝具をトータルで検討したい人や、柔らかめのマットレスが欲しい人はリムネが良いでしょう。

お試し期間を使って早速試してみる

 

リムネマットレスの口コミ

リムネマットレスは楽天やAmazonでは販売されていないせいか、ネット上には口コミがほとんどありません。

そこでインスタグラムをリサーチ。

今のところ利用者は女性が多く、親子で使う人も見られました。

低評価の口コミ

価格が高い。
マットレスの端が反っているのが気になりました。

高評価の口コミ

LIMNE the Mattress(マットレス)と、LIMNE the Pillow(枕)に変えてからめちゃめちゃよく眠れる。

マシュマロのみたいな触り心地。

リムネマットレスに新しく変えたとって♡

うちも健ちゃんも仕事で身体使う事多くて、特に健ちゃんは腰痛ひどいけん朝起きたら腰痛いーって言いよったけど言わんくなったな

マットレスを変えてから、ぐっすり眠れてる!

心地よすぎて、子ども達もお気に入り

引用:Instagram

リムネマットレスを実際に使ってみた感想

我が家のリムネマットレス

我が家のリムネマットレス。枕も一緒に使っています

ポイント

  • 腰が痛くない
  • 肌触りが良く思わずスリスリしたくなる
  • インテリア性が高い

ここからはわたしが実際にリムネマットレスを使って感じた感想を3つ、ご紹介します。

感想1. 腰が痛くない

我が家は夫婦でダブルサイズのリムネマットレスを使っています。

夫婦ともに普通体型ですが、わたしは反り腰。

そのせいかエマスリープマットレスでは、腰が痛い……と感じていました。

ですがリムネマットレスは大丈夫。

ヨコヤム
夫も「リムネのほうが体が楽」と言っています。

硬めのエマスリープと柔らかいリムネを使い比べてようやく、「わたしにはリムネが合う」と実感できました。

感想2. 肌触りが良く思わずスリスリしたくなる

付属のマットレスカバーにシワがなく見た目に美しい

付属のマットレスカバーにはシワがなく、見た目にも美しいです

前述のとおり、リムネマットレスはトップ層に特殊ウレタン素材「スフエアー」が使われています。

また付属のボックスシーツがレーヨン素材とあって、肌触りがとても良いです。

これが綿だと、どうしてもシワがよってしまいますが、レーヨンなら見た目にも綺麗。
ヨコヤム

毎朝ベッドまわりを整えるときも楽で、助かっています。

感想3. インテリア性が高い

前述のとおりリムネでは、枕や掛け布団も販売されています

ヨコヤム
ボックスシーツも付属されており、どれもグレーで統一されているためインテリア性が高いです。

生活感が出がちなベッドまわりも、リムネなら問題なし。

寝具をコーディネートするのが面倒な人、苦手な人にとっても便利です。

公式サイトで詳しく見る

 

リムネマットレスについてよくある質問

Q. 付属のボックスシーツは単品購入できる?

ヨコヤム
残念ながら現在は単品購入できません。

ですが公式サイトには販売の準備を進めているとあるため、時期が来れば購入できるようになるかもしれません。

すでにボックスシーツ単品を販売してほしいとのお声を、たくさんのお客様から頂いており、販売に向けての準備を進めております。

引用:limne.jp

Q. リムネマットレスはどんなベッドに合いますか?

ヨコヤム
通気性の良いベッドフレームに合わせることをおすすめします。

ベッドフレームの仕様に指定はないですが、カビが心配な人は特に脚つきのすのこベッドを選ぶと良いです。

また床に直置きするのはおすすめできません。

Q. 女性一人でもマットレスを設置できますか?

ヨコヤム
女性一人でも開封、設置できます。

マットレスは小さく圧縮されたうえで梱包されています。

設置するときは広い場所でマットレスを傷つけないようビニールを剥がし、設置してください。

Q. 二人で使うとき、振動は気になりますか?

ヨコヤム
個人差はあると思いますが、わたしはあまり振動を感じません。

リムネマットレスは体の沈み込みをサポートする「横溝」だけでなく、縦にも溝加工が施されています。

この縦溝が寝返りなどの振動を外へ逃がすという仕組み。

一緒に寝る人への振動が伝わりにくいよう設計されています。

LIMNE(リムネ)マットレスの口コミは?まとめ

リムネマットレスは「寝具をもう少しリッチにしたい」「おしゃれなマットレスが欲しい」人におすすめのアイテム。

掛け布団や枕もセットで購入できるうえ、トレンドを意識したカラー展開で使う人の気分を上げてくれる寝具です。

「他社のマットレスと迷う」「まだ決められない……」という人は、お試し期間を使って、じっくり検証してみてください。

120日トライアルを使って試してみる

 

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-家具のこと
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2022 All Rights Reserved.