LOWYAの突っ張り棒はドローアラインより安い!使い勝手をレビュー

更新日:

LOWYAの突っ張り棒はドローアラインより安い!使い勝手をレビュー
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

「普段使いするコートやバッグは、直ぐ手に取れる場所に置きたい」。

そんな時にあると便利なのがハンガーラックですよね?

この記事では、我が家で実際に使うLOWYAのハンガーラック(突っ張り棒)を徹底レビューしています。

あの、「ドローアライン」とも比較していますので、ぜひ参考にしてください。

ヨコヤム

LOWYAのハンガーラック(突っ張り棒タイプ)について

LOWYAの突っ張り棒

LOWYAのハンガーラック(突っ張り棒タイプ)

ヨコヤム
白い突っ張り棒は、ダサい」。そう思うのはわたしだけでしょうか?

しかしながら昨今ようやく、「黒い突っ張り棒」が発売されるようになりました。

しかも、LOWYAならお手頃価格!

これは使わない手はないと、思ったのが自宅に採用した理由です。
ヨコヤム

レビュー数275件超えの高評価アイテム

ご紹介するハンガーラックのレビュー数は、現在275件を超えています(2022年8月時点)

「突っ張り棒なら場所を取らない」「組み立ても簡単」という声が多い一方で、「不安定」という口コミも見られました。

ヨコヤム
ですが、「これでもか」というぐらい床と天井に突っ張らせれば、決して倒れることはありません。

高評価の口コミ

ホワイトを2本購入しました! お値段がとてもお安いので、ちゃちい感じなんだろうな〜と思っていましたが、ぜんぜんそんな事ない!!!
思った以上に便利です。

デッドスペースが有効活用、この値段であれば買いの商品。

突っ張りなのでシンプル、邪魔にならない。

今のところなんの支障もなく使えています。

引用:LOWYA

低評価の口コミ

うちの天井高は250.2〜3cmだったので、かなりギリギリだったのですが、説明書を見るとMAX250cmと記載されていました。

250cmでもかなりグラグラすると思いますので、この点を改善いただきたいです。

組立も簡単です。ただし若干ぐらつきます。
一定の衝撃を与えると突っ張りが外れてしまうのがネックです。

丁寧に扱うようにしています。シンプルで使いやすいかなーと思ったのですが、結構簡単に倒れてしまう??たてかたが悪かったのかなー

 

LOWYAハンガーラックのメリット・デメリット

  • 設置直後のLOWYAの突っ張り棒
  • 荷物を掛けたLOWYAの突っ張り棒

メリット・デメリット

  • ブラックがある
  • 安見えしない
  • 天井が2.5m以上だと使えない
ヨコヤム
突っ張り棒タイプのため狭い場所に設置できるほか、デッッドスペースも有効利用できるのがこのハンガーラックの良さです。

床や天井を傷つけないで済む点もメリットといえます。

1.ブラックがある

床面にはゴム製の部品が使われています

床面にはゴム製の部品が使われています

「突っ張り棒を買うなら黒」と決めていたわたし。

突っ張り棒といえば白、というのがこれまでの常識でしたが、LOWYAには白と黒の2色があります。
ヨコヤム

口コミを見ると白を購入する人もいますが、「黒に惹かれて購入した」という声も多かったです。

2.安見えしない

安見えしないLOWYAの突っ張り棒

フックには充分な長さがあり、掛けたものが落ちません

ハンガーラックの価格は1,800円(税込)。

「その安さだとカッコ悪いのでは?」とつい疑ってしまいますが、心配ご無用です。

ヨコヤム
素材はスチールで表面は粉体塗装されており、プラスチックのような質感ではありません。

サビに強く、マグネットをつけられる点も高ポイント。

3.天井が2.5m以上だと使えない

壁面に設置したLOWYAの突っ張り棒

我が家は壁面に設置しています

このハンガーラックは、最短193.5cm 最長250.5cmとなっています。

我が家は当初、リビングに設置予定でしたが天井が2.7mあるため使えませんでした。

そのため購入前は必ず、天井の高さを確認してください。
ヨコヤム

 

おしゃれ突っ張り棒で人気のDRAW A LINE(ドローアライン)と比較

おしゃれな突っ張り棒の先駆けといえば、DRAW A LINE(ドローアライン)です。
ヨコヤム

専用パーツが豊富にあり、インテリア性も高いため「どちらにしようか悩む」という人も少なくないと予想します。

ヨコヤム
ここでは、「価格」「パーツ」「サイズ」の3点から、二つを比較してみました。

価格で比較

価格パーツサイズ
LOWYA¥2,990なし最長250.5cm
ドローアライン¥6,050あり最長275cm

※ドローアラインはテンンションCロッド(縦型)と比較

ドローアラインの価格はLOWYAの約2倍。

LOWYAのように「フック」が付属されていない点では高いと感じますが、ネジ部分には真鍮が使われるなど、価格に見合う理由があります。

専用パーツで比較

ドローアラインにあって、LOWYAにないのが「専用パーツ」です。

ドローアラインには、フック、トレイ、照明、シューズラックなど数種類の後付けパーツがあり、便利。
ヨコヤム

フックを取り付けて収納として使うのはもちろん、トレイを付けて植物を置くなど、インテリアとして使いたい人に向いています。

サイズ比較

  • LOWYA:193.5〜250.5cm
  • ドローアライン:200〜275cm
ヨコヤム
LOWYAとドローアラインでは、最長サイズが大きく異なります。

住宅の一般的な天井の高さは2.4mですが、なかには高い天井にお住まいの方もいらっしゃるはず。

「部屋の天井が2.5m以上」の場合、LOWYAは使えません。

収納できれば良い人はLOWYA。専用パーツでカスタムしたい人はドローアライン

比較した3点をまとめると、「どちらを使うと良いか」は下記に分かれます。

  • LOWYA:フックが付属されており収納できればOKな人
  • ドローアライン:照明を取り付けたり植物を置くなどインテリアにしたい人、専用パーツでカスタムを楽しみたい人

LOWYAでおすすめのハンガーラック3選

ここからは、ライフスタイルリフォームアドバイザーでもあるヨコヤムヤムが、LOWYAで今おすすめのハンガーラックをご紹介します。

1. 突っ張り棚のハンガーラック

LOWYA突っ張り棚のハンガーラック

部屋の壁面または間仕切りとして使える棚付きのハンガーラックがこちら。

ものを掛けるだけでなく「置きたい」という人には、突っ張り棚が向いています。

幅は68cm、80cmと2サイズ展開。並べて使うとより収納力が増します。

収納スペースが少ない部屋や一人暮らしの方におすすめ

 

2. 突っ張り不要のハンガーラック

LOWYA突っ張り不要のハンガーラック

「突っ張り棒は設置が面倒」「置くだけで様になるラックが良い」という人には、ディスプレイハンガーがおすすめです。

スチール製の本体にはマットな塗装がされており、ヴィンテージライクな雰囲気。

見せながら収納したいという人にぴったりです。

インダストリアルなスタイルも特徴的

 

3. 立て掛けハンガーラック

LOWYA立て掛けハンガーラック

立て掛け型のハンガーラックなら、狭い場所でも置くだけですぐ使えます。

玄関やリビングでコートを1〜2着掛けられれば良いという人は、スリムタイプが一番。

たった1kgという軽さなので、好きな場所に移動しやすいのも魅力です。

耐荷重は10kg。手軽に使いたい人向け

 

LOWYAのハンガーラックまとめ

お手頃価格ながらデザイン性の高さがウリのLOWYA。

突っ張りタイプのハンガーラックは、トートバッグをやたらと使うわたしにとって、非常に便利です。

場所を取らず、玄関やリビングで手軽に使えるハンガーラックをお探し方はぜひ、LOWYAをチョイスしてください。

1,800円(税込)でも安見えしないのはLOWYAならでは

 

\買ってよかったものをまとめています/

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-家具のこと
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2022 All Rights Reserved.