yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月、築31年の中古マンションを購入&フルリノベ。管理人ヨコヤムヤムが書く住まいと暮らしのキュレーションブログです。

スバリ見た目|タチカワ or ニチベイで比較。やっぱりバーチカルブラインドがいい!

スポンサーリンク

※過去記事をリライトしました※

壁と床で部屋の印象が決まるように、大きな窓を覆うカーテンorブラインドも、空間にもたらす効果は大きいもの。
カーテンに比べると、価格が高いのがバーチカルブラインドのデメリットとも言えますが、最大のメリットは「デザイン性」。
バーチカルに慣れてしまうとカーテンにはもう戻せません(あくまで個人の感想です)。リノベーションした新居も、全てバーチカルブラインドにしています。 

バーチカルブラインドの魅力

 

  • 見た目に美しいI(アイ)ライン
  • 汚れても手入れしやすい(ルーバーを外せばOK)
  • 埃がたまりにくい(ベネシャンブラインド(横型ブラインド)比較)

寝室のバーチカルブラインドはタチカワ

塗り壁の色味に合わせて2社を比較


窓の大きさに合わせてオーダーしましたが、一番悩んだのがその色。
リノベーションした我が家のリビングは、ゼオライトの塗り壁にしています。ブラインドは、このゼオライトの色味に合わせました。メーカーは、タチカワと迷ってニチベイを採用。
ブラインドのニチベイ

センターレースの有無

ブランドを開いた状態の時に、目隠しの役割を果たしてくれるのがセンターレース。
センターレースは無い方が、見た目にスッキリしますが、外からの目線が気になる場合は、レースありをオススメします。
わたしたちは「なし」を選択。

リビングのバーチカルブラインド02

ゼオライトの色味

真っ白でもなく、グレーとも言い難いゼオライトの色味。
白過ぎず、グレー過ぎない色味を探すものの、濃淡によって印象は変わります。サンプルを取り寄せて、新居の窓に立ち、昼と夜で何度も確認。

バーチカルブラインドの生地サンプル01

『7891』の方がグレーに近いですよね?最終的にこの2色に絞って『7891』に決めました。
当初はこんな和紙のような質感のブラインド↓も検討しましたが、透け感が気になってヤメに。

バーチカルブラインドの生地サンプル02

ブラインドだと寒くない?


カーテンと比較したことがないので正直なんとも・・ですが、北海道の場合、ペアガラス or 二重窓が大半なので、それほど気にしなくてもいいのかな?と思います。
※サッシの性能が良くない家で使う場合は注意が必要かもしれません 

バーチカルブラインドのデメリット

 

強風の場合、窓を少し開けただけでもカタカタと音がします。
放って置くと壊れることもありますが、デメリットに感じることはこのくらいでしょうか。

設置はプロにお願いした方がいいかも

工賃を節約するため、夫婦ふたりで挑みましたが、これがなかなか大変でした・・。
ルーバーの長さと裏表を間違えて、2つのブラインドを設置するのに1時間くらいかかった気が・・!プロにお願いするほうが、失敗もなく綺麗に設置してもらえると思います(笑)

RECOMMENDこちらの記事も人気です