yokoyumyumのリノベブログ

リノベーション・住まいと暮らし・人・モノ・アート発信中 by ヨコヤムヤム

どこまで出来てどこがNG⁈ 知っておきたい!マンションリノベの可能範囲と許可問題

スポンサーリンク

専有部分と共用部分


マンションの場合、リノベーションするには、管理組合の許可が事前に必要です。
マンションには専有部分と共有部分があり、実際にリノベーションするのは専有部分なわけですが、自分たちに所有権があるものの、勝手には工事できないんです。

イメージ画像

専有部分

住戸スペースのことを指します。
(専有部分の所有者を区分所有者といいます)

共用部分

マンション内の専有部分を除いたすべての場所を指し、共用部分は区分所有者全員で共有しています。

例)

  • バルコニー
  • エントランス
  • 廊下
  • エレベーター 

など

所有権のある範囲のみ工事可能

「共用部分にだって所有権はあるんでしょ?」と思われるかもしれませんが、これは区分所有者全員で「共有」しているものなので、個人の判断で自由に工事することはNG。
(共用部分に関する工事や改修は、通常総会や臨時総会で決めることになります)

マンションリノベーションの様子

一番気になる玄関と窓

玄関ドア

玄関のドアは内側&鍵のみが専有部分。
ドアごと交換したり、外側の塗装はNGですが、内側だけならOK。鍵も交換可能です。

窓は共用部分になるため、交換できないですが、既存の窓の内側にもう一枚窓を設置する or 交換(内側サッシ)なら出来ます。

マンションリノベーションで交換(または新設)可能な内側サッシ

step.1 管理規約をチェック

 

管理規約には、規模に関係なく(部分的なリフォームであっても大規模なリノベーションであっても)工事に関する取り決めが記載されています。

step.2 近隣住民の許可と事前の挨拶

 

大体のマンションでは、上下左右の住人の許可が必要(わたしたちもそうでした)。

挨拶は誰が?

工事をお願いするパートナー会社なのか?自分たちなのか?
パートナー会社選定の段階でチェックすることをオススメします(パートナー会社が担当するケースが大半のはずですが、そうでない場合は・・結構大変です)。

step.3 許可が降りれば工事スタート

 

意外と時間がかかります

留守中の方も多く、一度に全員の許可をいただける訳ではないので、何日か掛かることがほとんど。
手間や時間がかかることも含め、やはり、プロの方に担当いただく方が、トラブルを未然に防ぐ意味でもいいと思います。
マンション購入初心者にとって、管理規約うんぬんや管理人とのやり取りは大変・・です!


スポンサーリンク

 

許可が降りるまで心配で仕方ありませんでした

物件を買い付ける前に、

  • リフォームの実績はあるか?
  • リフォーム中トラブルはなかったか?

などなど、不動産担当者を通じて確認してはいましたが、それでも結局実際にはじめてみないと分からないわけで。
リノベーション前提で中古マンションを買っても、許可問題で「工事できません」なんてことは絶対に嫌ですもんね。

おわりに

「プロに任せれば安心でしょ?」確かにそういう部分もありますが、住むのは自分たち。
管理規約の内容を理解すること、管理組合の仕組みを知ることは、マンションを買う人全員にとって大切なことです。
事前の確認や申請など、あれこれ面倒に感じることもありましたが、それも含めてリノベーション!

RECOMMENDこちらの記事も人気です