住宅ローン審査は転職して勤続年数が短い人でも通る。わたしの実体験

投稿日:

ヨコヤム
住宅ローンを組む際、「勤続年数は3年以上が必須」と聞いたことがありませんか? ですが、勤続年数が短くて気掛かり……という方も少なくありません。
この記事では、「転職2ヶ月」でローン審査を通過したわたしたち夫婦の実体験と、勤続年数が短くてもローンを組める方法についてまとめます。
ヨコヤム

住宅ローンの事前審査(仮審査)と本審査

住宅ローンの事前審査(仮審査)と本審査

ヨコヤム
住宅ローンには、「事前審査(仮審査)」と「本審査」の2種類の審査があります。

当然ですが、この二つはどちらも避けて通れません。

また、事前審査は「住宅ローンを組めるか否か、あるいはどのくらいの金額まで借入可能か」を確認するための最初の一歩。

多くの人がこの事前審査を通じて、借入額の上限や借入時の条件などを確認します。
ヨコヤム

その後、実際にローン契約をする直前に行われるのが本審査です。

勤続年数が短いと住宅ローンは組みづらい

ポイント

  • 勤続年数が短いと収入の安定性が低いと判断される
  • 勤続年数が短い場合は年収が減る可能性もあると判断される

転職したばかりの人が「ローン審査に通りにくい」と言われる理由は上記。

ヨコヤム
一方、勤続年数が長い人は昇給も見込まれ、収入も安定していると判断されます。

勤続年数が長くなればなるほど、先々の年収も高くなる可能性があるため、金融機関によっては「勤続年数は3年以上」と設定する場合もあるようです。

住宅ローンの審査基準

住宅ローンの審査基準

出典:住宅金融支援機構 2017年度 民間住宅ローンの貸出動向調査結果

一般的には、上記にあるような項目を審査されますが、審査の範囲や項目は銀行によって異なり、その詳細を把握することはできません。

実体験。転職して2ヶ月……審査に果たして通るのか

住宅ローンを組み、マンションの購入費用とリノベーション費用の両方を借入れしたいと思っていたわたしたち夫婦。

しかしながら、当時の夫(名義人)は転職してまだ2ヶ月という状態。
ヨコヤム

リノベーションを依頼する施工会社に事情を話したところ、「先ずは地銀で挑みましょう」という流れになりました。

「事前審査に通らなければ、時期を見送るしかない」と自分に言い聞かせるものの、結果が出るまでの5日間は不安でしかたありませんでした(笑)

事前審査承認の理由を予想

ポイント

  • 異業種ではなく同業種での転職だった
  • 転職によって年収がUPした

その後、無事に事前審査を通過したわたしたち。

ホッとするとともに自分たちも驚きましたが、審査承認の理由はおそらく……上記の二点だと思われます。

ヨコヤム
あくまでわたしたちの予想ですが、ネガティブな理由での転職ではなかったことや転職しようと決めた経緯なども、もしかしたら関係しているかもしれません。

また、念のため自分たちでも「CIC」と「JICC」を調べましたが、どちらも特に問題なさそうでした。

勤続年数が短くても住宅ローンを組めるケース

1. グループ会社への転職

転職とは言えど、金融機関によってはグループ会社や関連会社への転職は、そうと見なさないこともある様子。

ただし、会社の規模が小さい場合は収入アップが見込めず、金融機関からの印象が悪くなるケースもあるため注意が必要です。

2. 同業界で年収アップの転職

金融機関は転職の理由やその経緯も確認します。

仕事が続かず、頻繁に転職を繰り返す人はマイナス評価の対象になりますが、スキルアップによる転職や、転職によって年収がアップした場合は有利になることも。

また、転職先が同業種であれば継続した安定収入を見込める可能性が高いと判断され、好印象を持たれやすいとも言われます。

反対に、それまでとは全く異なる業種への転職は、良い印象を持たれないかもしれません。

勤続年数が理由で住宅ローン審査に落ちたときの対処法

フラット35を利用する

フラット35を利用する

出典:flat35

最長35年間の長期固定金利ローンを扱う「フラット35」であれば、転職したばかりの人でも勤続年数の要件を満たすことができます。
ヨコヤム

勤続年数が短い人以外に、契約社員や派遣社員など非正規雇用の場合でも申し込みできるため、一般の金融機関に比べ審査に通りやすいと言われています。

ですが、利用にあたっては購入する物件にも一定の条件があり、契約者と物件の両方の審査基準をクリアする必要があります。

勤続年数が短い人でも住宅ローン審査に通る方法まとめ

ご紹介したように、転職によって勤続年数が短い場合でも条件さえクリアできれば問題なく住宅ローンを組むことができます。

ヨコヤム
ただし、金融機関によって審査基準が異なる点や、否決される項目も様々あるため油断は禁物です。

「転職したばかりで住宅ローンを組めるか不安」という方は、下記の住宅本舗で審査してみることをおすすめします。

住宅本舗なら最大6銀行まで一括審査可能


「住宅本舗」は、複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込ができるサービス。

メガバンクから地方銀行まで、100以上ある金融機関の中から比較、申込できます(仮審査を一括で申し込む場合は最大6銀行まで)
ヨコヤム

一行づつ審査を通るのは手間も時間もかかりますよね?

また、住宅ローンについて「誰かに相談する前に自分で確かめておきたい」という時にも住宅本舗は役立つはずです。

申込みは無料。この機会に一度、比較検討してみてください。

住宅本舗で無料シュミレーションをはじめる

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。 趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-住宅ローン

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.