家具がない!?ニトリの新業態「ニトリエクスプレス」1号店が札幌エスタにオープン

更新日:

ヨコヤム
従来の大型店「ニトリ」に加え、新たな小型店業態となる「ニトリEXPRESS(エクスプレス)」が2017年札幌エスタにオープン。この記事では、店頭の様子やデコホームとの違いをまとめています。

噂の新業態 ニトリEXPRESS(エクスプレス)

噂の新業態 ニトリEXPRESS(エクスプレス)

従来の大型店「ニトリ」に加え、新たな小型店業態となる「ニトリEXPRESS(エクスプレス)」が2017年3月札幌エスタにオープン。
新業態と知り気になったため、オープン直後の店内に早速お邪魔しました!

ニトリエクスプレスは生活雑貨が中心

ニトリエクスプレスは生活雑貨が中心

ニトリエクスプレスの店内

駅直結の商業施設という利点を活かすには、「持ち帰り可能」でないとダメですよね。
大型家具の展示は殆どなく(注文は可能)、店内は生活雑貨が中心。

全体的に分りやすいディスプレイになっており、欲しいアイテムを探しやすいのは小型店ならではだと思います。

ニトリエクスプレスの売り

「ニトリエクスプレスでしか買えないアイテムもあるのでしょうか?」と期待しましたが、残念ながら「ありません」とのこと。

ニトリエクスプレスは小型店でありながら、ニトリのフルサービスにも対応しつつ、アイテムは生活雑貨に絞って、あくまで「利便性」を追求するというスタイルのようです。

デコホームとの違い

札幌にデコホームがないので正直よく分かりませんが……予想するに、

  • 大型家具はなく生活雑貨が中心
  • 大型店「ニトリ」にもあるアイテムを厳選した商品展開

という点ではニトリエクスプレスと同じですが、デコホームは「ファッション・ペット用品・トラベル用品・ステーショナリー・ヘルス&ビューティー」のジャンルに特化した商品を展開しています。

つまりは、ここが一番の違い!
アイテム数は分かりませんが、デコホームにはオリジナルの商品があります。

ヨコヤム
わたし個人としては……ニトリエクスプレスでしか買えない、業態オリジナルのアイテムを作ればいいのに……と思ってしまいます(笑)

ニトリエクスプレスまとめ

北海道内はまだ郊外の大型店が主流なため、ニトリエクスプレスが札幌にオープンしたのは、数年前から関東などで進めている都市型店舗のノウハウを地方にも活かしたいのが狙いなのでしょうか。
と考えると……1号店が札幌なのも頷ける気がします。

そんなことを考えながら、激混みの店内を足早に取材。
レジには長蛇の列……。疲れました!(笑)

今月の人気記事TOP3

LOWYAテレビボード 1

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

パクチスト必見。パクチーが入ってないのにクセになるLOVEパクチーSAUCE 3

「世界一パクチーに合う」をコンセプトに作れられたLOVEパクチーソースをヨコヤムヤムおすすめのラブパクレシピとともにご紹介します。

-収納とインテリア
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.