飲んで食べて夕日見て。年に5回だけ!長沼町名物 夕やけ市

投稿日:2017年7月25日 更新日:

道内でも人気の長沼町

札幌や千歳から車で1時間前後のところに位置する長沼町。

大豆の生産量日本一・長ネギの一大産地など農業のまち長沼ですが、他にも味付けジンギスカン・長沼温泉(源泉豆腐)をはじめ、今回ご紹介する夕やけ市も名物のひとつなんです。

夕やけ市・歩行者天国の様子

電気屋さんが作るおでん

これを楽しみにしている方は多いハズ!普段は電気屋さんですが、夕やけ市ではおでん屋に変身。お祭り開始とともに、長蛇の列ができていました。

夕やけ市の名物。電気屋さんのおでん

おでんブースの横に小さなテーブルがありますが、ほとんどの方が持ち帰りスタイル。

10本や20本、注文の数も多めで中にはタッパー持参の方も。

美味しい味噌おでん

こんにゃく&さつま揚げの串と卵がセットでなんと120円。

本業は電気屋さんのはずなのに、どうしてこんなに美味しいおでんが作れるの?という具合に、コクがあって、味付けも濃過ぎず薄過ぎず、美味しい・・!(おでんの研究をして試行錯誤で完成させた味だそうです)

こんにゃくとさつま揚げ&卵がセットの味噌おでん

Shandi nivas cafe や FAMILY TREE CAFEもオススメ

地元の方はもちろん、長沼近郊に住む方にお馴染みのお店 Shandi nivas cafeさんで海老とココナッツのカレーを食べ、FAMILY TREE CAFEさんでガパオライスを買い、その場でペロリ。

FAMILY TREE CAFEのガパオライス

どちらも人気店なので、次から次へとお客さんがやってきます。両方のお店のメニューを一気に食べられるのも夕やけ市ならでは。(お腹いっぱいで食べられなかった「美容室のソバ巻」も次は食べてみたい!)

大道芸やパレードも

商店街は歩行者天国。最近では町外の人も増えているらしく、子供からお年寄りまで賑やかです。

夕やけ市でのパレード

昭和な町並み

さみしいような、でもちょっと懐かしくもある、昭和な建物が並ぶ商店街。ついついカメラを向けたくなります。

長沼にある面白いネーミングの洗車場

昔ながらの釣具店

廃墟みたいな建物

最後にこれ!

これを見ないで帰るなんて。ダメです、もったいないです、ホント!

夕やけ市で撮ったお気に入りの一枚

長沼の夕日

新鮮野菜を買ったり(しかもお安い)ビールを飲んだり、お目当の店でお腹を満たしたあとは、眩しくて美しい夕陽を見て夕やけ市が終わります。

おわりに

札幌近郊でありながら、北海道らしい景色に囲まれ、地産地消のカフェやレストランも多く、よく知られた観光地とはまた違う魅力が、長沼には詰まっています。年に5回だけの夕焼け市、気ままにドライブを楽しみながら行ってみてはいかがでしょうか!

夕やけ市

5月~9月(第4土曜日)
会場:本通商店街
時間:17:00〜20:00
問合せ先:長沼町商工会
0123-88-2221
駐車場あり(長沼町役場など)
※会場は長沼町役場からすぐのところにあります

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー兼フリーライターのヨコヤムヤムです。2012年ファッション系広告代理店を経て東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベの体験をもとに住まいやインテリアに関するお役立ち情報を発信しています。

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.