東川町への移住は失敗なの? 人口増加率道内2位の魅力に迫る

更新日:

ヨコヤム
「東川町」は、旭川市に隣接するとても小さな町。にも関わらず、人口が増え続けています(なのに国道・鉄道・上水道がありません……!)
この記事では、2016年に人口増加率道内2位(1位は札幌)となった東川町へ実際に足を運び、見て感じた東川町の魅了を「ひ・が・し・か・わ」でまとめています。
ヨコヤム

人口たった8,000人の小さな町「東川町」

北海道に昔から住む人にすれば、さほど新しさは感じないであろう「東川町」ですが、東京から札幌に移住したわたしにとっては興味津々な町。

年々、移住者や個人商店が増え、今では道内でも人気のエリアとして認知されつつあります。

総人口 8,379人
(住民基本台帳人口、2019年12月31日)
出典:Wikipedia

東川町を知るためにおすすめの一冊「東川スタイル」

東川町を知るためにおすすめの一冊「東川スタイル」「これは実際に行ってみるしかない」。そう思い、初めて東川町に足を運んだのが2017年のこと。

その際、予習を兼ねて読んだ本が「東川スタイル」でした。

「東川スタイル」は、東川町のことが分かりやすく詳細に掘り下げられており、「これを読めば町のことは丸分かり」だと思える本。

すぐには行けないという方は先ず、この本で東川町に触れてみてください。

「ひ・が・し・か・わ」で表す東川町の魅力

ここからは早速、東川町の5つの魅力についてそれぞれ詳しくご紹介します。

『ひ』東川のスタンダード

キトウシ展望閣から見た東川一望

キトウシ展望閣へ行くと東川町を一望できます

東川町の人口増加には、町が持つポテンシャル(資源)と、30年前から着手してきた町おこしの実績が大きく関係しています。

資源を活かしつつ、「文化都市」としての側面を強めていった結果が今に繋がっており、下記のような特徴があります。

ポイント

  • 日本の百名山「旭岳」
  • 上水道がなく全て地下水(水道を地下水だけで賄っているのは道内唯一)
  • 85年に「写真の町」宣言(高校生日本一の写真を決める「写真甲子園」が有名)
  • 起業に関する補助制度(農業以外での新規分野など)
  • 子育て支援制度

『が』我慢ではなく「らしさ」

東川町にある個人商店や事業主は、利益や効率ではなく「らしさ」を大事にしています。

小さな町のため「利益至上主義」とするには無理がありますが、各オーナーの「らしさ」を許容する町の姿勢と「人の空気」が、他の町とは大きく異なります。

また、大手の資本に頼らず(大手チェーンやファーストフード)、東川町ならではの「スタイル」にプライドをかけて挑む、というような町な空気もひしひしと感じます。

『し』〜〜しか出来ないのも大きなポイント

東川町役場で見掛けた「移住は自由」のポスター

東川町役場で見掛けた「移住は自由」のポスター

東川町に移住者が増え続けているとはいえ、「仕事」がないと成り立たないのが移住です。

都会のように「選ばなければ職は見つかる」という考えも通用しません。

旭川まで通勤する方も居れば、個人で商売する人、どこに居ても仕事が出来る人(主にネット関連)など様々ですが、都会よりはるかに「職」問題は大きいです。

そこをサポートしてくれるのが定住促進課や、前述した補助制度。

もともとは農業が主だった東川町ですが、今ではカフェやアパレルなどの分野で起業する方が増えています。

「自分にはこれしかない!」あるいは「地元を盛り上げる」と、何かに挑戦する土地としての基盤も、東川は整いつつあるような気がします。

『か』変わる勇気

「写真の町」東川町役場の玄関

東川町役場

東川町は常に変わり続けています。

ご紹介した本「東川スタイル」を読むとよく分かりますが、とにかくあれやこれやに挑戦し続けています。

その士気の高さやモチベーションは一体どこから来るのでしょうか。

肝になる人物? またはファン?(ふるさと納税者など?!)いづれにせよ「凄い」としか言いようのないパワーが、この町には存在します。

『わ』わたし事という自分事

「写真甲子園0.5秒の夏」のポスター

2017年11月に公開された映画 写真甲子園0.5秒の夏 

「都会にかまけて、ろくな仕事をしていない」。そう仰っていたタクシーのドライバーさん。

ドライバーさんが都会と呼んだのは旭川市のこと※旭川は北海道第2の都市

ドライバーさんが言いたかったのは「東川町の職員は、頑張っている」という意味であり、旭川市の批判ではありません。

そのドライバーさんは、定年まで旭川で働き、その後、東川町でタクシーの運転手をはじめた方。

「実際に東川に住んでみて、そう強く思う」と仰っていたのが印象的でした。

また、東川町にUターン(または移住)し、地元で働く若い方の多くが「町の活性化」に強い気持ちを抱いていることにも感心します。

(東川町に住むカメラマンさんが教えてくださいました)地元の方の声は、実にリアルです。

東川町が放つ引力まとめ

北海道には魅力的な町が幾つもありますが(人気のニセコなど)、色々な意味で東川町はズバ抜けているような気がします。

「東川町が放つ引力」のようなものが、今後も道内や道外に広がっていって欲しい……!

また、自分が住む町(札幌)以外に目を向けることで、これまで見えていなかった「何か」を知る(気付く)きっかけにもなり、ただ観光する以上に有意義な旅となりました。

「どんな町か気になる」「移住に興味がある」という方は是非、「東川スタイル」も読んでみてください。町おこしのヒントもいっぱいです!

今月の人気記事TOP3

LOWYAテレビボード 1

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

パクチスト必見。パクチーが入ってないのにクセになるLOVEパクチーSAUCE 3

「世界一パクチーに合う」をコンセプトに作れられたLOVEパクチーソースをヨコヤムヤムおすすめのラブパクレシピとともにご紹介します。

-札幌移住のこと

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.