中和室は必要なし。リフォームリノベーションで洋室個室にチェンジ

投稿日:

中和室は必要なし!リフォーム・リノベーションで洋室個室にチェンジ
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

賃貸または分譲を問わず、マンションでよく見かけるリビング続きの「中和室」。

どうして和室がリビングの横にあるのか、その理由をご存知ですか?

この記事では中和室のメリットデメリット、そして中和室を個室にリノベーションした我が家の事例をまとめます。

ヨコヤム

リビングの横に中和室(中居室)があるのは建築基準法が関係しているから

賃貸、分譲に限らずマンションによくあるこの間取り。

ヨコヤム
個室ながらも全てが壁で覆われるのではなく、引き戸を境にリビングと隣接していますよね。

無窓居室(むそうきょしつ)とも呼ばれるこの和室は、読んで字のごとく窓がありません。

「床面積の1/7以上の窓が必要」という理由から無窓居室を造れない

本来は人が過ごす場所、つまり「居室」を作るためには、建築基準法によって「床面積の1/7以上の窓が必要(採光のため)」とされています。
ヨコヤム

マンションの場合、角部屋ならまだしも中住戸となると構造上、窓は限られますもんね。

マンションに上記のような中和室(または中洋室)のある間取りが多い理由は、この法律が関係しているからです。

中和室のメリット

  • 開放感がある
  • リビングと使い分けしやすい
ヨコヤム
リビング続きの中和室があれば「小さな子供を遊ばせるのにちょうど良い」「来客時に便利」と考える人も多いです。

引き戸で空間を仕切ることができるため、リビングと使い分けしやすい点はメリット。

しかしながら独立した部屋ではないため、音の問題やプライバシーに関してはイマイチです。

中和室のデメリット

  • 採光がない
  • 換気しづらい
一方、完全な個室ではないぶん採光がなく、換気しづらい点はデメリット。
ヨコヤム

その点リフォームやリノベーションで個室(※)にすれば、納戸として使うのはもちろんワークスペースや書斎として空間を有効利用できます。

※個室と書いていますが厳密には法律上、窓のない個室を「居室」にはできません。しかしながら個人宅の場合は納戸としつつ、実際の使い方は施主次第というケースが少なくありません

窓のないマンションの部屋をリフォームするなら

室内窓

我が家も室内窓を採用しました

中和室を個室にしたくても「窓がない」という点で躊躇する人は少なくありません。

そんなときにぜひ採用して欲しいのが「室内窓」です。

ヨコヤム
室内窓とはその名の通り「室内に設ける窓」のことで、これなら自分好みに窓を作れます。

室内窓は採光の役割を果たし、開閉式にすれば風も通りやすくなる

  • 玄関の室内窓(インナーウィンドウ)

出典:Pinterest

中和室を個室にする際はもちろん、室内窓は「玄関を明るくしたい」という時にも便利。

窓を開閉式にすれば換気もしやすいです。

リノベーションで中和室を洋室個室にした我が家の事例

リビング続きだった我が家の中和室は、リノベーションで洋室に変えています。

1. 和室にあった押入れはそのまま再利用

  • リノベーション前の中和室
  • リノベーション前の中和室(中居室)の押入れ

リノベーション前の中和室

和室にあった押入れはクローゼットに変えるつもりでいましたが、実際は残すことに。

画像では見にくいですが押入れの中板部分には引き出しがあり、これはこれで使い勝手の良い造りだったため、押入れはこのまま活かし、収納に使っています。

2. 襖を撤去しカーテンレールでコストカット

カーテンレールを付けて開け閉めできるようにしたリノベーション後の押入れ

リノベーション後の押入れ

個室へリノベーションした際、既存の襖は取っ払い、押入れの中にクロスを貼ってレールを付けました。

建具を使わずカーテンレールにしたことで、下記のようなメリットもあります。

デメリットは何だろう?と考えてみましたが今のところありません。

建具の代わりにカーテンを使うメリット

  • 建具を使わないのでコストダウンになる
  • 荷物が多少出っ張っていても開け閉めが可能
  • 湿気が籠りにくく通気性が良い

当初は「折戸」などの建具を希望していましたが、建具は決して安くない……。

「目に付く場所でもないしこれで充分」というのが、実際に使ってみた感想です。

これが折戸だと全開にしてもデッドスペースができてしまいますが、カーテンならそれもありません。

中和室のリフォームについて

中和室のリフォーム内容

  • 畳からフローリングへの変更
  • 壁のクロスの張り替え
  • 天井のクロスの張り替え
  • 建具の変更
  • 押し入れをクローゼットに変更
  • 照明器具の変更

中和室のリフォーム費用

中和室を個室にする際は、約50〜100万円前後の費用がかかります。

コストダウンの方法は、我が家のように押入れをそのまま残したり建具を省くなどがありますが、詳しく知りたい方は次項でご紹介するリフォーム会社に問い合わせしてみることをおすすめします。

中和室をどうするか……悩むときはプロに問い合わせるのも一つの手

ここではリフォームまたはリノベーションプラン、あるいは見積りを一括請求したい方におすすめの2社をご紹介します。

ヨコヤム
「中和室を改装したい」「部屋の一部をリフォームしたい」とお考えの方はぜひ一度、公式サイトを確認してみてください。

どちらも複数の会社に一括で資料請求できるため、予算感を知りたいときや先々のリフォーム、リノベーション計画にも役立ちます。

1. 全国300社の中から一括見積りが可能なタウンライフリフォーム

タウンライフリフォームのここが凄い

  • 気に入ったリフォーム会社を選べる
  • 複数社のプランを比較検討できる
  • 厳格な国家基準をクリアした信頼あるリフォーム会社のみ掲載されているため安心

タウンライフリフォームは、希望する増改築やリノベーションの見積りを一括請求できる便利な専門サイト。

全国300社以上の優良リフォーム会社から、お好みの会社を選ぶことが可能です。

リフォームのアイデア、プラン、見積が全て無料

 

2. 厳選した3社を簡単比較できるリフォーム比較プロ



リフォーム比較プロのここが凄い

  • 厳選した3〜4社を簡単比較できる
  • 紹介会社が絞られるため比較しやすい
  • プランや見積り、診断がすべて無料

「リフォーム比較プロ」は、全国500社以上のリフォーム会社が登録しているリフォームの比較サイト。

小さなリフォームから全面改修まで、全てのリフォームに対応しています。

利用者数は現在30万人を超えており、評判が悪いと判断された業者は登録を削除される仕組みになっているため、安心して使うことができます。

近くの業者をしっかり比較じっくり検討

 

中和室(中居室)のリフォームリノベーションまとめ

人によっては使いやすく、人によっては使いにくい部屋の代表格といえば、この中和室。

中和室を無くし空間を独立させ、納戸として使うのはもちろん、室内窓を設けて個室にするのも一つの手です。

ヨコヤム
リフォームやリノベーションで「中和室をどうしよう……」と悩む方は多いですが、工夫次第で何倍も使い勝手は良くなります。
  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-リノベーションの間取り

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.